~子ども達の10年後、20年後を見据えたサポート~


『圓』が大切にしたいこと



〇学習支援 ~宿題から進路指導まで~
私たちが一番大切にしたいことは、子ども達への「学習支援」です。人は学びながらたくさんの体験を積み重ね成長していきます。誰かに憧れ真似をしたり、誰かと競争したり、何かに興味を持って一生懸命になったり、失敗して悔しい思いをしたり、できてうれしくなったり喜んだりします。「圓」では「学習」を起点にしながら、様々な体験を通して子ども達の「生きる力」を育んでいきたいと思っております。

〇挑戦する力 ~一歩を踏み出す~
新しいことをはじめるとき、はじめから「できる」とわかっているなら、「大丈夫だろうか…」「できなかったらどうしよう」などと不安にならずに楽な気持ちで一歩前に踏み出すことができます。しかし、すべてが思い通りに行かないことが当たり前。

「圓」では「すぐにできなくてもいい。まずはできるところからやってみる。できたら天才。できなかったら、どうしたらいいか考えてみる。」を大切にしながら、子ども達が一歩前に踏み出せる力を育んでいきたいと思っております。 

〇人とのつながり ~つながりから圓(円)に~
人は見えるもの見えないものも含め、すべてのつながりによって生きていくことができています。

「圓」では、出会った子ども達がたくさんの人とのかかわりを通して、「つながり」から「縁」に、「縁」から「輪」に、「輪」から「円・圓」になっていくことを大切にしております。

療育方針

学習支援

①宿題からテスト勉強など、個別のニーズに応じた学習指導を行います。学校の教科書や教材・教具を使って、学校の宿題や授業の復習、定期テストや受験に向けての学習に取り組みます。分からない部分の解説だけでなく、効率のよい解き進め方や見直しのコツなど、自立的に学習をすすめるうえで必要なポイントについてもアドバイスしていきます。

②「読み」「書き」「そろばん(計算)」(国語・算数・数学)を基本に学習指導を行います。

③学習を通して問題解決能力を高めます。

④「できる」「わかる」「楽しい」の成功体験から自己肯定力を高めます。

⑤特性に合わせた合理的配慮で、学習環境を整えます。

「圓」では、全座席についたてをつけるということはせず、刺激の少ない座席がよい子には壁際の席、他のお友達との交流を求めている子にはテーブル席など、個々の状況に合わせて学習するがことができます。また感覚過敏のあるお子様にはイヤーマフをご用意したり、時計と併せてタイムタイマーを活用するなど、それぞれの特性にあわせて環境を変えるための工夫を行っております。

コミュニケーションスキルの向上

①学習支援からコミュニケーションスキルを学ぶことができます。
【学べる力】
◆質問をする力:「〇〇がわからないので教えてください」
◆報告をする力:「宿題を終わらせました」
◆相談をする力:「疲れてきたので、休憩してもよいですか」
◆友達同士のコミュニケーション力:「〇〇さん、一緒に〇〇で遊ぼう」

②休憩時間からコミュニケーションスキルを学ぶことができます。

「圓」では、休憩時間も単なる「自由時間」とはせず、大切な支援時間と考えています。ひとりで過ごしたいお子様にはその時間の使い方や最低限のマナーを指導し、人と交流をもちたいお子様にはまずはスタッフが相手になったり、スタッフが橋渡しをしながら他のお子さんと交流を促しています。

生涯学習・創作活動支援

①書道(習字)を通して「できた」喜びや楽しさを体験することができます。 

②ペン字学習を通して文字を上手に書くポイントを学ぶことができます。

1日の流れ

平 日

15:30 学習準備
15:40 宿題
15:50 学習①(主に国語)
16:15 学習②(主に算数・数学)
16:40 休憩
16:50 特別活動
17:20 振り返り・片づけ
17:30 帰宅

土・長期休暇

【午前の部】
10:00 学習準備

10:10 宿題
10:20 学習①
10:45 学習②
11:10 休憩
11:20 特別活動
11:50 振り返り・片づけ
12:00 帰宅

【午後の部】
13:30 学習準備
13:40 宿題
13:50 学習①
14:15 学習②
14:40 休憩
14:50 特別活動
15:20 振り返り・片づけ
15:30 帰宅

教室&活動の様子

お友達と一緒に宿題を取り組んだり、先生と一緒に取り組む学習空間です。

こちらも学習空間です。国語・算数を中心に復習したり、得意な問題をたくさん取り組んでいます。
休憩時間は、迷路などにも挑戦。

今日の特別活動は?スケジュールを確認後、個別に始めます。

習字学習の一場面です。大きく書くこと、楽しく書くことに挑戦。

カードゲーム活動です。お友達と一緒に取り組んでいます。
遊びも真剣…。

ペン字に挑戦中。一文字一文字、丁寧に集中して取り組んでいます。意外と漢字よりひらがなって難しい。

お知らせ

2018.04.01 サイトをオープンしました。
2018.04.02 圓(0150102184)を開設しました。
2018.08.28 見学・体験学習の募集を随時行っております。
2019.02.08 お気軽にメールにてお問い合わせください。
2019.04.11 日々の活動をお知らせします。https://ameblo.jp/enmaru7361/
2018.08.28 見学・体験学習の募集を随時行っております。

施設ご利用の申込手続き

新規入会随時募集中!

圓では新規に入会される方を随時募集しております。
また、施設を見学・ご質問・ご相談など、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】
まずはお電話にて来所予約をお願いいたします。
下記番号へお問い合わせください。

tel:011‐777-7361   
mobile:080-5584-4229

【面談】
児童発達管理責任者との面談を行います。 体験入所を兼ねていますので、お越しの際は、お子様本人とご一緒にご来所されることをお勧めします。

【利用申請】
お住まいの区役所へ受給者証を申請していただき、発行されましたら当施設ご利用可能となります。なお、札幌市内の場合、受給者証の発行にあたって事前に札幌市児童相談所への相談が必要となります。
 札幌市児童相談所(札幌市中央区北7条西26丁目 011-622-8630)

【受給者証の交付】
受給者証の交付・利用上限額が決定します。 ご自宅に受給者証が届きましたら、速やかにご連絡をください。

【利用規約】
ご利用される曜日などのご相談、および、個別支援計画をもとに支援の目標を明確にいたします。 説明内容を必ずご確認の上、ご納得頂いてからのご契約をお願いしております。

【利用開始】
圓スタッフ一同、皆さまとお会いできる日を心から楽しみにしています。

※わからないことなど、何でもお尋ねください。

スタッフ紹介

〇管理者兼児童発達支援管理責任者
資格:中学校・高等学校国語・書道教諭

高等学校では、国語と書道を教えていました。受験指導や進路指導などの経験を生かし、子ども達に寄り添った指導、将来を見据えた指導を心がけています。

〇児童指導員
資格:小学校教諭・中学校・高等学校国語教諭

中学校教諭を退職し、一人ひとりの子どもの個性を生かした支援を行っています。

〇児童指導員
資格:中学校音楽教諭


通常級・特別支援学級・学びのサポーターなど経験豊富な先生です。子ども達の個性に合わせた支援を行っています。

〇児童指導員
資格:養護教諭・小学校教諭
中学校・高等学校外国語教諭

一人ひとりに優しく子どものペースに合わせ、支援を行っています。

〒060-0001
札幌市中央区北1条西18丁目2‐1アートサイドテラス307
Tel&Fax 011-777-7361
Mobile 080-5584-4229
mail  en@en-maru.jp 

営業時間 火~土曜日9:00~18:00 ※日月祝他お休み






アクセス  地下鉄東西線西18丁目駅 徒歩5分