トイレの水漏れで役立つアイテムや
おすすめの修理業者

トイレは日常的に欠かせないものです。そのため、水漏れなどトラブルが起こったらパニックになってしまう人もいるでしょう。今回はトイレの水漏れで役立つアイテムや、おすすめの修理業者などについて紹介していきましょう。

トイレの水漏れの原因

トイレの水漏れは何らかの原因があります。いきなり理由もなく起こるわけではありません。こちらでは、トイレの水漏れの原因について見ていきましょう。

 ・ゴムパッキンの劣化

排水管や給水移管には金具の隙間から水が漏れないようにゴムパッキンが取りつけられています。残念ながら、このゴムパッキンは消耗品であり、数年で劣化してしまうのです。劣化することによって硬くなり、金具の隙間を埋められなくなります。その結果、水漏れが起こってしまうのです。

 ・ボールタップやオーバーフロー管

トイレのタンク内にはタンク内への給水を調整するボールタップ、便器内に排水するオーバーフロー管などがあります。これらの部品が故障することで、タンクに水が溢れてしまい、水漏れが起こってしまいます。

 ・ウォシュレットが原因

すべての家庭ではありませんが、ウォシュレットを設置している家庭も増えてきました。ウォシュレットノズルの劣化、給水ホースの破損、ナットのゆるみなどウォシュレットが原因で水漏れが起こることもあるのです。

トイレの水漏れを自分で直す場合は?

トイレの水漏れは出来れば水道業者に依頼をしてしっかり直したいところです。しかし、業者依頼をすると1万円前後、状況によっては数万円の出費となる場合があります。こちらでは、自分で水漏れを直す場合のことについて見ていきましょう。

 ・ちょろちょろと水が流れ続けている

ちょろちょろと水が流れ続けることで、浮き玉の位置が標準水位よりも多くたまります。浮き玉の位置を調節するために水位調節のリングロックを解除して、リングを左方向にまわすことで改善される場合があります。

 ・便器内に多量の水が流れている

フロートバルブが正しい位置からずれている可能性があります。トイレタンクの蓋を開けて、フロートバルブを正しい位置に戻すだけで改善されることもあります。

 ・タンク内から水がちょろちょろと流れている

袋ナットとツバ付きナットをレンチで締め直してみましょう。これらが緩んでいることで、タンク内から水がちょろちょろと出ている場合があります。

トイレの水漏れ修理業者の選び方

自分で直せない場合は、水道業者に依頼しましょう。集合住宅地の場合、水漏れが階下まで影響を及ぼしてしまい、損害賠償問題になる可能性もあります。水漏れは迅速な対応が求められます。こちらでは修理業者の選び方について見ていきましょう。

 ・対応速度

水漏れは迅速な対応が求められます。そのため、ゆっくりとやってくる業者に依頼しても意味がありません。理想としては30分以内に来てくれる業者を検討しましょう。

 ・実績

修理業者を選ぶ際に注目したいのは、やはり実績です。しかし、水漏れが起こっている状態で実績確認なんて悠長なことはしていられません。なるべく、水トラブルが起こった時のために依頼する業者を事前に決めておきましょう。

 ・費用

簡単なつまりであれば1万円前後で解決できます。しかし、トイレを外すなどの大掛かりなものになると費用もかかってしまうのです。同じ修理業者であっても、費用の差が出てしまうので事前に見極めておくことが大切と言えるでしょう。

トイレの水漏れでおすすめされている修理業者

水トラブルに対応している修理業者は多くあります。こちらでは、実績や口コミ評価などが高い修理業者について見ていきましょう。

 ・水道救急センター

出張見積もり無料、深夜料金、休日料金0円という利用者にとって嬉しい特徴があります。再発防止のアドバイス、メンテナンス方法を教えてくれるなど丁寧な対応が魅力です。キャッシュレス決済にも対応しているので、現金が手元にない場合も安心です。

 ・ザットマン

月に3,000件の実績を誇る水道業者です。24時間365日対応をしてくれるので、突然のトラブルでもすぐに依頼ができます。アフターフォローの充実さ、キャッシュレス決済に対応など利用者重視の特徴を持っています。

 ・クラシアン

リズミカルなCMで特徴的な水道業者です。作業エリアが全国となっているので、地域を気にすることなく依頼ができます。カードの支払い、ローン決算などにも対応しているので利用しやすい特徴があります。

トイレの水漏れについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

トイレの水漏れはパニックになっても仕方ないことです。
しかし、パニックになることだからこそ冷静な対応をしましょう。
冷静さを失ってしまうと、適切な対応ができなくなります。
そして、水トラブルがいつ起こってもいいように
依頼する業者は事前に決めておくことをおすすめします。