「6,000人のお客様は購入しない」

この事実に、もっと早く気づいていたら・・・

  ー 効率よく「ダイレクトメール」を行う方法、教えます ー

こんなお悩みありませんか?

ダイレクトメールにかかる費用負担を見直したい
ダイレクトメールは全リストに送る必要ってあるの?
ダイレクトメールを送った効果がわからない。
効率よくダイレクトメールで集客できる方法が知りたい
効率よくダイレクトメールで集客できる方法が知りたい

ダイレクトメールは重要な手段

ダイレクトメールは、メールやアプリなどのデジタル配信とは違い、カタログや小冊子などが直接手元に届けられるため「何が入っているのか」気に留められることで、開封率が高いと言われています。

しかしダイレクトメール1件あたりの送付コストが高く、
「本当に全リストに送る必要があるのだろうか」
「コスト負担をかけずにもっと効率よく送れないだろうか」
など、考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回、ダイレクトメールをより効率的に、よりコスト負担が少なくする方法を皆さまにご紹介します。

効率的にダイレクトメールを送るには、どうすればいいの?

送付リストを見直してみましょう

全てのリスト先に対して、
「いつかまた購入してもらえるかもしれない」
「せっかくの新規顧客。ここで関係を終わらせたくない」
こうした思いより、顧客リストから一人も外すことなく、すべてのお客様に送られる方も多いのではないでしょうか。

もちろん、購入してくれそうなお客様には効果的です。
しかし、事前に、ほとんど購入見込みがないとわかっていたらどうしますか?

今回ご紹介するサービスは、こうした「購入する人、しない人」を予測し、リストに反映させることができます。
リストを見直し効率よくダイレクトメールを実践したい方にとっては、とても役立つサービスでしょう。

どんなサービスなの?

一言でいうと、AI(人工知能)を活用したデータ分析サービスです。AIに大量のお客様データを学習させて、購入確率などを予測します。

具体的には、購入してくれそうなお客様とそうでないお客様の特徴をAIで分析・予測し、購入してくれそうなお客様をリストに反映します。

こうしたやり方で、購入してくれそうなお客様だけに対して効率よく送ることができ、コスト削減へと繋がります。

SCSKが販売・サポートしています

「AIデータ分析サービス」について

  • クラウド型のため、システム構築が不要
  • ご用意いただくのは、特定した個人情報を除く顧客データのみ
  • 専門知識が不要で、どなたでも操作可能
  • 分析結果はエクセルでらくらくダウンロード
  • 専門知識が不要で、どなたでも操作可能

SCSKならではの柔軟なサポート力で、バックアップいたします。

本サービスを最大限活用するために、まずは課題を決めることからスタートします。
次にその課題に対し、必要なデータを抽出しながら、成功パターンへと導くモデルを作ります。
SCSKでは、こうした一連の流れに対してサポートを行ってまいります。

導入事例

某製薬会社様の事例

  • 【背景】3万人すべてのお客様に対し、定期的にダイレクトメールを発送
    どのお客様より購入いただけるか分からないため、とにかく全顧客リストに対して
    ダイレクトメールを発送していた。
  • 【課題】ダイレクトメールのコスト削減を図りたい
    1件あたりのコスト単価が高いため、郵送物の変更や配達業者の見直しなど、あらゆる手段でコスト削減を図ってきた。ただ大幅な削減とまではいかず、他の改善策を考えていた。
  • 【対応策】AI分析サービスで「購入してくれそうなお客様リスト」を作成
    AI分析サービスで「購入見込度」の高いお客様と低いお客様の特徴を見つけるべく分析し
    スコアリング。スコアリングの高い順(優先的に発送すべき順)にリストを最適化した。
  • 【結果】3万人のリストから、6千人は購入しないことが分かった

    購入見込度ランキングの上位者から順番に購入件数をカウントすると、下位6千人は購入見込が低いことが判明。実際に、この6千人にダイレクトメールを送付しても8件しか購入されず、1件あたりの送付コスト300円、購入単価1万円とした場合、180万円をかけても8万円しか売上が獲得できなかった。これにより無駄なコストを垂れ流していたことが分かった。

  • 【対応策】AI分析サービスで「購入してくれそうなお客様リスト」を作成
    AI分析サービスで「購入見込度」の高いお客様と低いお客様の特徴を見つけるべく分析し
    スコアリング。スコアリングの高い順(優先的に発送すべき順)にリストを最適化した。
効率よいDMを行いたい方はコチラまで
ご紹介しましたAI分析サービスに関する資料をご用意しております。まずは資料だけでも、お気軽にご請求ください。