ELOOP

ELOOPは開発スキルを可視化し、次にすることを明確にすることで、開発学習のサイクルを回すことができる新しいプログラミング学習サービスです。

近日中のリリースを予定しています。
こんな悩みはありませんか?
プログラミングを学び初めて少し、次に何をすればいいのかわからない…
いままでコピペばかりしてきた…

自分の現在のスキルレベルがわからない…
エンジニアの人に自分のコードをみてもらいたい…
エンジニアの人に自分のコードをみてもらいたい…
ELOOPの特徴
自分のスキルを可視化できる
プログラミング学習をする上で、自分は今何ができて、次にどういうことをすればいいのか、見極めるのは非常に困難です。

ELOOPは自分のコードを開発経験の多いエンジニアが添削・レビューすることで、自分いま何ができて、次に何をするべきか、判断することができます。
開発を繰り返すことで、「プロダクトを作るスキル」を高める
エンジニアになるための一番の近道は手を動かし、開発を続けることです。

コードがかける、知識のある、だけではだめなのです。エンジニアとして必要なことは、モノを作れること。それには開発を繰り返すことが重要です。

ELOOPは自分のレベルにあった開発課題(テーマ)を選んで開発し、エンジニアに添削してもらうことができます。大事なのはとにかく手を動かし、開発を繰り返すことです。
段階を踏んでできることを増やしていく
学習において大事なのは適切な順番でできることを増やしていくことです。

ELOOPを使えば開発したコードをもとにあなたのレベルを割り出すことができます。

自分のレベルを知り、段階を踏んだ学習を行っていきましょう。
ELOOP β はこちらからご登録お願いします。