このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
0565-47-0039
受付時間:毎日9:00~17:00
定休日:火曜日

『想い出の詰まった場所』
だからこそ
『手放した後』
も大切に使っていただきたい。

そんな空き家・古民家・別荘の売却ならエルミオーレ不動産にお任せ下さい。

差額が480万円!?
そのエピソードを公開

私たちがお取り扱いした、愛知県内で同じようなエリアにある、同じような大きさのご実家を相続されたAさん、Bさんのお話です。

この2組のお客様、Aさん、Bさんともに現在は都心にお住まいです。ご実家は、決して便利とは言えない、いわゆる『田舎』でした。
すでに所帯を持っていて、お仕事もあるため、2組とも田舎のご実家に戻るつもりはありませんでした。

そして、相続が発生したときに、この2組のお客様の結末が大きく異なりました。

Aさんが相続した不動産は600万円で売却ができました。
一方Bさんは300万で売りだして、最終的には120万円での売却となりました。


先にも申し上げたように同じようなエリアにある、同じような大きさのご実家なのに、どうして480万円もの差が出てしまったのでしょうか?

Aさん、Bさん共に、思い入れのある田舎の実家を手放すのは非常に悩ましいことでしたが、Aさんは次の誰かが実家を大切にしてくれることを望んで、すぐに売りに出し、わずか1ヶ月で買い手が見つかりました。
Aさんは、売れたお金で都心のマンションを購入する資金の一部にあてて、快適に暮らしています。また売れた実家も買い手さんが大切に使っています。

一方Bさん、思い入れのある田舎の実家の売却に対し、なかなか一歩を踏み出すことができず、8年もの間、放っておいたままの状態でした。
そして、いざ売りに出そうとしたとき、不動産の価値はゼロに近く、田舎の実家が売れた時にはほとんど手元にお金が残りませんでした。

この2組のお客様の結末を大きく変えた要因は『事前の準備』『売却のタイミング』でした。


不動産の立地条件は同じなのに、なぜ事前の準備と売却のタイミングだけでここまで違いがでたのでしょうか?

Bさんが相続した実家を、
8年間放置した『理由』

Bさんはなぜ、8年もの間相続した実家を売却しなかったのでしょうか?

Bさんは当時、このような状況でした。

『急な相続に対して準備ができていなかった。』

『そもそも売却ができるのだろうか、と考えて行動に移さなかった。』

『遠方に住んでおり、管理が面倒だった。』

もしかすると、同じようなことでお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お悩み①
『売却できるかどうか』

◆売却には手間やお金がかかりそう…。
◆そもそも不動産売却って、どうすればいいのかわからない…。
◆リフォームもしていない古家を売却できるのかな…。
◆買い物も不便で、駅まで遠いけど売れるのかな…。
そんな時は、ぜひ弊社にお任せください。
お客様は、何も手をかけずに現状のままで弊社なら買取も可能です。

お悩み②
『突然の遺産相続』

◆突然相続したけれど、どうしたらいいかわからない…。
◆長年受け継がれてきた家を壊すのはさみしい気がする…。
◆相続したけど、やっぱりいらない…。
不動産を保有しているだけでも税金などの維持費は毎年かかります。
不動産の売却や活用方法など、お客様の代わりとなってお調べいたします。

お悩み③
『空き家のまま放置』

◆遠方すぎてなかなか行けないし、管理ができない…。
◆管理をお願いするにもお金がかかる…。
◆田舎なので固定資産税が安いから、ほったらかしにしている…。
◆いつか使うだろうと思いつつ、気づいたら数年経っていた…。
放置したままでは時間もお金も無駄になります。
空き家対策のお手伝いをさせて下さい。

Bさんのように…
放っておくと、こんなリスクがあります。

リスク①
老朽化

建物構造に関係なく、古くなった家は必ず老朽化が起こります。特に木造住宅は、空き家にすると傷むというのを聞いたことはないでしょうか?
居住中と空き家で最も異なるのは湿度だと言われています。
一般に空き家は締め切られた状態が持続されます。もちろん、住んでいて発生する水蒸気も影響を与えますが、生活していると何らかの循環が行われるのに対し、空き家では湿気が滞留して老朽化が早まるとされています。
◆換気や採光がされず湿気が内部にこもり老朽化が早まります。
◆小さな地震や台風でも倒壊する可能性もあります。

リスク②
資産価値が下がる

一般的に、木造の戸建住宅は築20年で資産価値がゼロになるとされています。しかし、今後政府が推進する住宅の価値基準が市場で認められるようになれば、住宅の価値は大幅に見直されるはずです。
これは新築が前提のお話ですが、古い住宅でもその資産価値がきちんと査定されれば、売却できる可能性は大いにあります。住宅は築年数以外にも管理状態などの付加価値にも大きく左右されるので、それぞれの物件の状態を良く把握して、見極めることになります。
◆空き家になると老朽化が早くなり、建物の価値が急激に下がります。
◆特定空家に指定されると、土地に係る固定資産税の優遇措置が適用されなくなるなど、所有者に負担のかかることがあります。

リスク③
周囲への悪影響やトラブル

管理されていない空き家は、施錠されていたとしても容易に侵入することができます。侵入が容易な空き家は、未成年のたまり場になったり、浮浪者が棲みつくようになったりと、不法侵入の多い建物になってしまします。他にも、空き家に侵入され、所有者とは無関係に家屋内で犯罪が起きてしまったという事例も実際にあります。放置された空き家は、犯罪の温床になってしまうのです。
◆空き家へ侵入して悪戯をされることや、犯罪等のトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
◆ゴミの不法投棄がされやすく、治安や環境が悪化し、近隣にも迷惑がかかります。

リスク④
倒壊・破損・散乱など

倒壊に至らなくても、地震による剥落、台風による屋根材の散乱等による被害は可能性として十分考えられます。所有者には管理責任があり、瑕疵(不具合)で他人に損害を与えた場合、賠償責任を負います。また、庭木などのはみ出しも常時監視されていない空き家の場合は事故やトラブルの危険が高まります。
◆万が一、倒壊や破損により第三者がケガをしてしまった場合には、損害賠償を請求されることもあります。
◆雨風や雪などで倒壊しやすく危険です。損害賠償が生じることもあります。

リスク⑤
庭木や草花の繁茂

草木が伸びっぱなしになっていたり、老朽化している影響で屋根自体が腐ったりして、その外観から地域の景観を損なうことになります。せっかく自治体で地域の美化運動を図っていたとしても、老朽化した空き家の外観が不衛生であればそれだけで台無しになってしまいます。
◆全く手入れをせずに放置したため、庭木の枝や花の茎で壁や躯体が損傷してしまいます。
◆草木の繁茂は景観だけでなく、害虫の発生原因にもなります。

Aさんが素早く
行動に移せた理由

Aさんは相続が起こる前から、実家の査定を行っていました。
その為、売却金額、売却の流れなどの知識があったからこそ、迷わず行動に移せました。

以前は考えられない事でしたが、ここ数年は田舎暮らし関連の本や、テレビ番組の影響で、都会から田舎へ移住を考える人が増えています。

都会よりも生活費が安く、心にゆとりをもって生活ができるとして、悠々自適な暮らしの住処を探されている方や、古民家カフェや民宿などをお考えいただいている若い世代の方たちにも非常に注目が集まっています。

公式LINE
不動産査定の流れ

  • ①『エルミオーレ不動産公式LINE』へ友だち追加
  • ②トーク画面で『不動産査定』をタップ
  • ③査定したい不動産の種類をタップ
  • ④最短数時間で査定結果を回答(査定書+御見積書付)
  • ⑤その他質問事項がございましたら、都度ご対応いたします。
  • ※公式LINEでは1対1トークとなるため、他のお客様からトーク内容が漏れることがありませんのでご安心ください。
  • ②トーク画面で『不動産査定』をタップ

不動産売却の流れ

STEP 1
不動産査定&ご相談
『公式LINE』『メール』より、不動産査定およびご相談内容をお送りいただきます。

※電話・来店・訪問でのご相談も承ります。
STEP 2
無料査定&担当者連絡
ご入力いただいた不動産の査定結果を公式LINEまたはメールにてご連絡いたします。
より具体的な査定結果をご希望の場合は、現地へ訪問査定をさせていただきます。
STEP 3
媒介契約
売却金額・売却条件にご納得いただきましたら、正式に売却活動を行うため、媒介契約を結びます。

※弊社買取の場合は、媒介契約の必要はございません。
STEP 4
売却活動開始
現地の写真、間取り図、周辺環境など、魅力あるアピールポイントを様々な広告媒体に載せて買主様を募集いたします。
『広告の質』が早期売却の鍵となります。

※弊社買取の場合は、売却活動は省略となります。
STEP 5
ご契約
買主様が見つかり、物件金額、引渡し条件など、取引の内容が調整できましたら、不動産売買契約を結びます。
STEP 6
物件の引渡し
売主様の引渡し準備、買主様の売買代金お支払いの準備が整いましたら、物件の引渡し(決済)を行います。
STEP 3
媒介契約
売却金額・売却条件にご納得いただきましたら、正式に売却活動を行うため、媒介契約を結びます。

※弊社買取の場合は、媒介契約の必要はございません。

よくある質問

  • Q
    エルミオーレ不動産はどんな会社ですか?
    A
    弊社は、不動産取引(買取・仲介)をメインで行っている不動産会社です。
    専属の宅建士がお客様の大切な不動産を鑑定させていただいております。
    また、昨今社会問題とされている空き家問題や人口減少による過疎化に対しても、何か取り組みができないかと日々模索しており、皆様のお役に立てる会社を目指しております。
  • Q
    他の不動産会社さんとの違いを教えてください。
    A
    弊社では、お客様の迷惑となる営業行為を一切行っていないのが特徴です。
    例えば、営業電話をしつこく行ったり、急な飛び込みセールスなどを行うことはありません。
    お客様の貴重なお時間を無駄にしないよう、メールや公式LINEでのやり取りを重視しております。

  • Q
    売却の相談をしたら、断ることができなくなるのではないかと不安なのですが。
    A
    ご相談をしたからと言って、必ずしも売却を依頼する必要はありません。
    大切な不動産を売却するのは、非常に大きな決断となります。
    そのため、無理に売却をすすめたりすることはありませんのでご安心ください。

  • Q
    他の不動産会社さんとの違いを教えてください。
    A
    弊社では、お客様の迷惑となる営業行為を一切行っていないのが特徴です。
    例えば、営業電話をしつこく行ったり、急な飛び込みセールスなどを行うことはありません。
    お客様の貴重なお時間を無駄にしないよう、メールや公式LINEでのやり取りを重視しております。

エルミオーレ不動産
スタッフ紹介

黒野 孝太(宅地建物取引士)

はじめまして!
エルミオーレ不動産、担当の黒野です。
大切な不動産のご売却を考えることはとても不安なことです。
私自身、過去に自宅(マンション)を売却した経験があり、その時いろんな不安を抱えていました。

『本当に売れるのだろうか?』
『このまま売れなかったらどうしよう?』
『金額を下げた方がいいのかな?』
『次に住む方はどんな人だろう。』

不動産の売却は一生のうちに何度も行われるものではありません。

その為、誰に不動産売却を依頼するのかがとても重要な決断となります。

その依頼先の一つとして、弊社をご利用いただけると幸いです。

売却実績例

2021年3月 静岡県御殿場市
2021年4月 愛知県豊田市

会社概要

会社名 有限会社エルミオーレ
屋号 エルミオーレ不動産
住所 愛知県豊田市勘八町勘八272番地
TEL 0565-47-0039
FAX 0565-47-0019
Webサイト https://elmeaule-real-estate.com/
担当者 黒野 孝太
住所 愛知県豊田市勘八町勘八272番地

メールでの査定・ご相談

お申込下記の項目をご入力ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。