コロナウイルス対策について
 

新型コロナウイルスに関して、
ご不安を感じている飼い主様もいらっしゃるかと思います。

当院では冷静に状況を見極めながら対応を行いたいと考えています。

皆様に安心してご来院いただける環境作りのため、
皆様のご協力もよろしくお願い致します。

ご来院の際の飼い主様へのお願い

・待合室での混雑を避けるため、ご来院はなるべく一人の方でお願い致します。

・ご来院時にはマスク着用と、入口に設置してある次亜塩素酸水(AP水)で手指の消毒をお願い致します。

・受付後はなるべくでお待ちいただくか、お車でお越しの方は車内でお待ちください。診察の順番が来ましたら、スタッフが呼びに伺います。
 受付後、一旦病院から離れていただくこともできます。その場合、診察の順番が近づきましたら、お電話しますので病院までお戻りください。

・待合室で待たれる場合も、患者様の間隔を空けていただくようご協力ください。

・診察室に入っていただいた際にも、再度手指の消毒をお願いしております。

・待合室の換気のため、を開けさせていただいております。

・健診の血液検査は、通常結果が出るまで病院でお待ちいただいておりますが、ご要望があれば検査結果を待たずに帰っていただくこともできます。その場合、後程当院からお電話で結果をお伝え致します。

・緊急事態宣言発令中の当面の間は、治療目的ではないケア(お耳掃除・爪切り・毛刈り・肛門嚢絞り)はお断りしております


皆様に快適に診察を受けていただくための措置でございます。
何卒、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

当院の新型コロナウイルス対策について


消毒の徹底


当院ではAP水による消毒を徹底しています。
AP水とは、高い除菌・消臭力を持ち、保存性にも優れた中性電解水です。
食塩水を電気分解して生成しているため、人や動物にも直接使える安全性の高いものです。 
除菌・消臭効果は、一般的な 塩素系消毒剤の数十〜数百倍あります。

当院では、
・院内の入口
・待合室
・トイレ
・診察台の除菌
など、あらゆるところでAP水を活用しています。
ご来院時には、AP水での消毒にご協力をお願い致します。


また、当院ではAP水の販売も行っています。

・飼い主様の手の除菌/うがい
・動物の体や足の裏のふき取り
・肛門腺絞り後の除菌/消臭
・動物の口腔内の殺菌/消臭  など

日々の除菌や消臭にもご活用いただけます。
ご希望の方はスタッフまでお声がけください。


<写真>
1枚目:現在は、より効果の高いAP水にしています
2枚目:待合室に設置しています、手をかざせばAP水が適量出ます
3枚目:AP水を生成する機械です

空気清浄機の設置


当院では
・待合室
・各診察室
・処置室
に空気清浄機を設置しています。

最新の空気清浄機も導入し、より安心して院内で過ごしていただける環境を整えています。

犬猫にも感染するの?

これまでに新型コロナウイルスが、犬猫を含むペットに感染したという明確なエビデンスを持つ報告はありません。
そのため、現段階ではワンちゃんやネコちゃんに新型コロナウイルスが感染する心配は小さいと考えられます。

しかし、コロナウイルスは変異することが知られており、今後の感染の可能性は完全には否定できませんので、随時情報を発信していきたいと考えています。