Enjoy Learning Forum 東北 会合-30 公開ワークショップ

ALで
受験学力は
向上するのか?

―理念と現場のつなぎ方を考える―

ELF東北 会合-30  公開ワークショップ


■日時=12月15日(土)11:00〜15:00

■場所=河合塾仙台校


■テーマ=「ALで受験学力は向上するのか? ――理念と現場のつなぎ方を考える――」


■定員=30名


■入場無料/要申込

☆途中でランチ・セッションをはさみます。事前に昼食をご用意ください。ランチをともにしつつ親睦を深めましょう!


■プログラム

[1]アイスブレイク&問題提起
◯竹内幸哉「VUCA時代を生きる若者たちにはどんな資質・能力が必要か?」

[2]高校&予備校でのアクティブラーニング型授業の試み
①渡部大嗣「受験物理におけるALの実践と課題」
②竹内利光「予備校における協同的な学び(英語)」
③中川靖之「高校と予備校におけるAL型生物授業」

[3]県レベルでの高校教育の組織的改革
◯穂積暁「宮城県総合教育センターにおけるAL型授業を目指す研修の在り方と一私見」

[4]エンディング
◯ダイアローグ・セッション
*フロアと発表者との対話(メタふりかえり・質疑応答・意見交換)

Enjoy Learning Forum 東北 会合-30 公開ワークショップ

おかげさまで30回になりました!

2014年に産声を挙げたEnjoy Learning Forum 東北もおかげさまで4年、会合を重ねること30回に達しようとしております。

今回はELF東北が成長する原点とも言える「アクティブラーニング」を改めて問い直してみたいと思います。理念には大筋で同意するものの、現場で導入しようとするとさまざまな壁にぶつかるAL。とりわけ「ALばかりやっていると受験対策が疎かになる」「ALの理念には共感するが入試対策を優先せざるをえない」といった、ALと受験勉強をトレードオフの関係にあるかのように捉える論調が一部には根強くあります。

今回は、大学入試対策の最前線ともいうべき予備校(河合塾仙台校)において、トップ講師たちによるAL型授業の実践報告をしていただくとともに、県レベル(宮城県)で高校の教員研修を企画運営する主幹の先生に、ALの理念と現場を結ぶ県の取り組みについてお話いただきます。

アクティブラーニングを始めてみたものの……

準備に手間がかかる、授業進度が遅れる、おしゃべりばかりでグループワークが成立しない、入試は競争だからできる生徒は協働に意義を見いだせない……などなど、ALに取り組む先生方からはさまざまな悩みが聞かれます。

そこで今回は予備校でのAL型授業に取り組んでいる第一線の人気講師、竹内利光さん(英語)・中川靖之さん(生物)・渡部大嗣さん(物理)に実践報告をしていただくことになりました。現場での問題を共有し解決策を検討し合いたいと思っています。

また、AL型授業の困難さは、教員自身が生徒として学んだ経験がない点にもあるとよく指摘されます。それゆえ教員のAL研修を組織的に進めていくことが重要になりますが、宮城県の総合教育センターで教員研修をデザインしている穂積暁さんにも発表していただくことになりました。

貴重な機会ですので、多くの方にご参加いただけますと幸いです。

Enjoy Learning Forum 東北 会合-30 公開ワークショップ

「受験物理におけるALの実践と課題」
渡部大嗣(河合塾講師)

物理を苦手とする生徒に“自力で問題を解ける快感”へどう誘うか。「問題演習と解説」という従来型授業を突破するための,試行錯誤とその過程で見えてきた課題についてご報告します。
予備校における協同的な学び(英語)」
竹内利光
(河合塾講師)
予備校における協同的な学びを促す授業実践について発表させていただきます。「予備校=一方向の講義」という枠組みから出て,学習者を中心とした授業実践を紹介したいと思います。問題点や課題についてオーディエンスの皆さまと探っていきたいと思います。
「高校と予備校におけるAL型生物授業」
中川靖之(河合塾講師)
問題の内容を把握するためのアプローチを身に付けるための教材開発とその運用。高校と予備校における実践報告。
「宮城県総合教育センターにおけるAL型授業を目指す研修の在り方と一私見」
穂積暁(宮城県総合教育センター 主幹)

1.研修のベースとなるもの
2.宮城現総合教育センターとは
3.研修の一覧と教科別研修について
4.私見

「VUCA時代を生きる若者たちにはどんな資質・能力が必要か?」
竹内幸哉(河合塾講師)
加速度的な変化に晒されている現代社会を生きぬくために、若者たちにはどんなコンピテンシーが必要なのか? アイスブレイクでゲームをやりつつ、一緒に考えてみましょう。
「高校と予備校におけるAL型生物授業」
中川靖之(河合塾講師)
問題の内容を把握するためのアプローチを身に付けるための教材開発とその運用。高校と予備校における実践報告。

Enjoy Learning Forum 東北

「東北を楽しい学びの場に!」を合言葉に2014年に設立されたネットワークです。大学・高校・予備校教員、大学院生・大学生などが、所属や専門の枠を超えて、新しい学びのあり方を多角的・実践的に研究しています。 

世話人
関戸大(仙台高専)  高橋梓(近畿大学)  竹内幸哉(河合塾)  梨子田喬(大船渡高校)