ドライバーと会社の双方にメリットがある
労務管理システムとは?

労務管理は社員の就労状況を確認するものです。労務管理システムは会社だけにメリットがあるものではありません。ドライバーにとっても休憩時間の確保などに役立つシステムです。今回は、労務管理システムについて紹介していきましょう。

労務管理システムのメリットとは?

こちらでは、労務管理システムのメリットについて見ていきましょう。労務管理システムを導入することで会社側もドライバー側も不正ができなくなりました。どのような部分が不正を防いでいるのか紹介します。

・不正な打刻を防止
出退勤の時間記入はさまざまな方法があります。タイムカードやタイムレコーダーなどで記録している会社もあれば、手作業で入力して管理する場合もあるでしょう。ただ、こういった方法は不正打刻をしやすいのです。労務管理システムにはGPSによる打刻機能があるので、打刻と同時に位置情報の記録なども可能です。そのことから不正打刻を防止できます。

・労働時間の管理ができる
ドライバーの間でも多く話題になっていたものが、会社による労働時間の改ざんです。8時間勤務だとしても、実際の勤務時間が10時間を超えていたりなどは当たり前にありました。労務管理システムを導入することで、労働時間を正確に管理することができます。そのため、会社側の改ざんができないのです。

・業務効率化によるコスト削減
労務管理に割く人件費よりも、労務管理システムを取り入れる方がコストを抑えられます。正確な事務作業ができる労務管理システムで、会社の負担を軽減できるのです。

労務管理システムのデメリットとは?

基本的に労務管理システムはメリットが多いものです。ただ、僅かながらデメリットがある場合もあります。こちらでは、労務管理システムのデメリットについて見ていきましょう。

・導入費用がかかる
当然ながら労務管理システムを導入する際には費用がかかります。労務管理システムの種類によって費用は変わってきますが、会社によっては大きな出費になる場合もあるようです。

・機能を扱いきれない場合がある
労務管理システムは打刻をするだけのものではありません。そのため、打刻だけを目的としているとコストがかかりすぎる傾向があるのです。搭載されている管理機能にも注目して、しっかり活用するようにしましょう。

・費用対効果が見えづらい
労務管理システムは明確な費用対効果が見えづらいことから、経営層の理解を得づらいデメリットがあります。導入を意見しても「わざわざ導入しなくてもいいんじゃないか」という意見を持つ経営層は多いのです。

労務管理システムの選び方について

労務管理システムと言っても、ひとつではありません。そのため、導入を決めても「どれを選べばいいのか」と悩む人も多いのです。こちらでは、労務管理システムの選び方について見ていきましょう。

・機能を把握する
労務管理システムの中には、さまざまな機能が搭載されています。自社にとって活用しやすい機能が搭載されているかどうかにも注目してみましょう。

・費用に注目する
手作業でしっかり管理できている企業にとっては出費になります。しかし、労務管理システムを導入することで作業の効率化を図れるのです。なるべく経営に負担をかけないよう、導入費用についても注目しましょう。

・コストパフォーマンスに注目する
いくら良い機能が搭載されていても活用しなければ意味がありません。そのため、費用対効果に注目して労務管理システムを選ぶようにしましょう。

ドライバーにおすすめの労務管理システムとは?

こちらでは、ドライバーにおすすめされている労務管理システムについて見ていきましょう。導入は決めていても製品に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

・ロジこんぱす
使い勝手が良い労務管理システムとして注目を集めているものです。大きくて見やすい画面、ボタン、分かりやすい文字と音声での通知を採用しています。機械に疎い高齢ドライバーであっても簡単に活用できるシステムが構築されているのです。

・デシナプス
配車管理システム、運行指示書作成、実績の比較分析が行えるシステムなど労務管理システムを超えた機能が搭載されています。長時間運転や休息違反などにも自動判別を行ってくれるので、次回の運航計画作成にも役立ちます。

・DN-magic PREMIUM
1日の稼働時間や休息時間を計算して、ドライバーの労務状況を一目で確認することができます。サポート体制も整っているので、初めて労務管理システムを使う会社も安心です。
労務管理システムについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

労務管理システムによって特徴が異なってきます。
そのため、自社に必要な機能が搭載されているかしっかりチェックをしなければいけません。
人気があるから、費用が安いからという理由ではなく
しっかり機能面をチェックして決めるようにしましょう。