なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

子供が英会話教室を嫌がる原因を追求しても解決にはならない!

子供が英会話教室を嫌がるとき、親は原因を追求しようとします。

そして原因を解決して、子供に英会話教室を続けさせようとするでしょう。

しかし、それでは問題解決しなかった体験談をもとに、親が子供のために本当にすべきことは何かを考えてほしい。

子供が英会話教室を嫌がる原因はいくつかある

子供が英会話教室を嫌がる原因を追求すれば、いくつかは炙り出すことはできます。

・英語がつまらない(興味がない)
・難しくてついていけない
・先生や友達(人間関係)
・親と共感できない
・遊ぶ時間がほしい

だいたい上記の5つどれかに、当てはまるのではないでしょうか。



しかし子供に理詰めで原因を追求しても、ダメだと感じました。

子供は理屈よりも、感情で物事を判断します。

理性よりも感情が上回ってしまうので、原因をうまく説明できないんですね。



それと、子供もウソをつきます。


本当のことを言うと、親に叱られると思えば、ウソの理由を言ってしまうこともあるでしょう。

それでは子供が英会話教室を嫌がる場合に、親はどうすればいいのかを考えていきましょう。



英会話教室に相談しても意味がない!

子供が英会話教室を嫌がるとき、とりあえず英会話教室に相談しようと思う親は、多いかと思います。

私自身も英会話教室に相談しましたが、今考えるとあまり意味がなかったかなと思います。

なぜなら英会話教室は商売でやっているので、生徒はなるべく継続してもらわないと困るわけです。

「途中で挫折したら、何も身につきませんよ!」
「誰にでも、嫌になる時期はあります!」
「みんなそれを乗り越えて、上達していくんですよ!」

英会話教室からは、こんな回答が返ってきます。

この回答自体は正論ですから、何とか子供を説得して、英会話教室に通わせようとしてしまうかもしれません。


でも子供が英会話教室を嫌がっているのに、無理やり続けさせていいのでしょうか?





子供に英語を強制的に学ばせるとどうなる?

子供は自分が興味のあることは、熱中してやります。

しかし子供が嫌だと言っている英語を強制的に、学ばせたらどうなるでしょうか?

いろいろな体験談を見ていると、強制的に学ばせたせいで英語嫌いになってしまった子供が、たくさんいるようです。



子供のころのトラウマが、大人になっても解消できない人もいます。

場合によっては英語だけでなく、全ての勉強が嫌いになるケースもあります。

親としてやらなければいけないのは、子供を守ることだと痛感しました。









子供に英会話は意味ない?

ここで原点に立ち返って、なぜ子供を英会話教室に通わせたのかを、思い返してみましょう。

子供が自発的に、「英語が喋れるようになりたい」と言ったのなら、意味はあるしょう。


しかし私の場合は、親として反省すべきだと思いました。

子供を英会話教室に通わせたのは、完全に親のエゴだからです。

「これからの国際社会で英語は必須!」
「英語教育は早ければ早いほうがいい」
「大人になったら、英会話教室に通ってたことを感謝する日が来るだろう」

親としては子供のためを思って、英会話教室に通わせたつもりです。

しかし嫌がっているのなら、子供に英会話は意味ないと思います。


また日本の教育でも、2020年に小学3年生から英語が必修化されることもあり、英語の重要性が高まっています。

親としては遅れをとるまいと、小学校に入る前に英語を勉強させたいと、勝手に焦っていた感じもします。


子供の習い事の中でも、水泳などスポーツやピアノなどの音楽は、英語に比べて長続きする傾向があります。

スポーツや音楽は、子供が自発的にやりたいと言い出して始めるケースが多いので、長続きするそうです。


それと英語は早期教育が良いのは、確かに研究結果として出ていることです。

アメリカの神経生理学者のレネバーグが提唱している、言語の習得の臨界期という研究結果で、3、4歳~11、12歳が臨界期になります。


しかし早期教育が良いのは、子供は環境に順応し易いからです。

子供のうちに海外にホームステイさせるなど、日常的に英語を使う環境にいれば、順応して英語が話せるようになりやすいという話です。

英会話教室に週に1回や2回通う程度では、ほとんど意味がありません。



子供に無理なく英語を学ばせるには?

子供に無理なく英語を学ばせるには、日常的に英語の音楽やアニメを見せることで、楽しみながら学ぶことが大事です。

子供が勉強してるという感覚でなく、楽しいものに触れているという感覚で、英語に接すればいいのです。

子供は楽しいと思うことは、自分からやろうとします。

そんな子供が自分から積極的に取り組むようになったと、評判の英語教材を紹介します。

七田式英語教材 7+BILINGAUL しちだの魔法ペン

7+BILINGAULは楽天市場の英語ランキング、教材ランキング、学び・サービスランキング、通信講座・通学講座教材ランキングの4部門で1位を獲得した人気の子供用英語教材です。

七田式教育創始者の七田眞さんは、右脳開発でも有名な方です。

バイリンガルスイッチと呼ばれる英語のスイッチを入れてあげることで、子供が持っている語学の才能を引き出せるという、独自のメソッドです。


しちだの魔法ペンは遊び感覚でペンをタッチして、自然に英語のフレーズを練習できます。

自分が喋った英語のフレーズを録音・再生して、楽しく英語が学べます。

キャラクターやストーリーなど、自ら学習したくなる仕掛けが、施されているのです。


60日全額返金保証が付くので、安心して購入できる教材です。

オンライン英会話 グローバルクラウン

直接指導してくれる講師や先生がいないと、不安という方には、オンライン英会話が最適です。

リアル英会話教室ではダメだった子供でも、オンライン英会話なら大丈夫ということもあります。



オンライン英会話グローバルクラウンは、バイリンガルの先生の指導や、人工知能による発音チェックなどの特徴があります。

子供が楽しみながら英語を学べるカリキュラムで、新学習指導要領CEFR準拠。



なんと言ってもグローバルクラウンは、無料体験ができるのがポイントです。

無料体験を利用して、リアル英会話教室とオンライン英会話の違いを、体感してみてはいかがでしょう。

本格英語教材 ミライコイングリッシュ

ミライコイングリッシュは毎日30分見るだけで、子供の「好き」を引き出せると人気の英語DVD教材です。

元NHK基礎英語講師の田中先生監修で、5年の開発期間をかけて開発された本格英語教材!


フォニックス、オリジナルソング、オリジナルアニメを多数収録し、90%の子どもがもっと見たいと回答しています。


子供が自発的にDVDを見るようになれば、親は何もしなくても英語学習が進められます。


そんな、子供が夢中になるミライコイングリッシュのサンプル映像が、期間限定で公開されています。

ミライコイングリッシュの内容が気になる方は、まずはサンプル映像を視聴してみましょう。