2日間の濃縮カリキュラムで開催決定

営業基本塾

コロナ禍でも存在感のある営業となるために
  • 営業が初めての方
  • 自分の営業を見直したい方
  • 初心者教育(新人教育)をされる方

コロナ禍で営業職はどう生きるか

コロナ禍かつ景気動向も先行き不透明。
その中で営業職はどう機能し、会社に貢献できるでしょうか。
そのために必要な「棚卸し」を行い、学び(再確認)、今後の業務に生かしていくことができるのが「営業基本塾」です。

業種を超えて、膝と膝を突き合わせて

熱意・情熱をどう維持するか、膝付け合わせて業種を超え互いに学び合うというコンセプトではありますが、新型コロナウイルスの感染状況も踏まえ、あくまで感染防止対策を実施したうえでの進行となります。

大きく3つのステップをご用意しました

STEP 1
ベースを確認
マナーやコミュニケーション能力など個人に依存する基本スキルの確認、また自社や競合他社の強み弱みなど営業活動の上での基本知識の棚卸を行います。
STEP 2
基本の点検
日常の営業活動についての見直しを行います。
顧客の選定、相手を知るということ、顧客接触の拡大、またどのように分かりやすい説明ができるかを学びます。

STEP 3
実践活動の見直し
営業戦略の基礎にある経営戦略やマーケティング戦略についても知識を深めましょう。
また営業活動を「仕組み化」し、サイクルとして円滑な取り組みができるように考えます。

STEP 3
実践活動の見直し
営業戦略の基礎にある経営戦略やマーケティング戦略についても知識を深めましょう。
また営業活動を「仕組み化」し、サイクルとして円滑な取り組みができるように考えます。

講師紹介 大堀英明

講師実績

・話し方研究所インストラクター
・営業塾実施ー電子部品製造業 エンジニアリング会社 設備工事会社他
・各種研修(東京都建設業協会、自治大学、防衛省)
・話し方研究所土曜セミナー(プレゼン、説明、説得)

講師経歴

・大学卒業後準大手建設会社勤務
 ー総務・経理から営業へ転換し40年
 県・東北エリア・全国営業統括全て経験
 社内研修各種企画実施(営業研修・営業向け技術研修)

・現在 設備投資掲載新聞社顧問

営業基本塾 カリキュラム

2日間に濃縮されたカリキュラムとなります
1日目
<基本>-1日目
1.マナー・コミュニケーションの基本

良好な人間関係構築に必要なスキル

 ー「聞き方トレーニング」

 ・コミュニケションの原則に基づく、説明・説得・交渉・プレゼンを学びます


2.自社・自分の特徴を見つめます

1自分を見る 強み・弱みを把握します

2会社を見る 強み・弱みを把握します


3.社史・コスト把握他

社史・パンフレット他で特徴を再確認します
1日目・2日目
<実践1>ー1日目・2日目
<営業日常活動>
1.日常行動
2.営業の基本概略 ー 自己例で見直し検討してみましょう
3.ケーススタディ 営業の仕方は1つではなく、複数あります。ケーススタディで確認してみましょう。
4.営業ステップ
5.顧客取組ステップ
   ①顧客選定・知る・理解する
   ②既存・新規顧客から拡大へ
   ③顧客接触・密着ーどのように?
   ④G&T、紹介他、手段を拡大する
6.顧客説明の基本
   ー「わかりやすい説明の仕方トレーニング」

2日目
<実践2>ー2日目
<さらなるプロフェッショナルを目指す>
〇営業戦略(経営戦略)
○営業展開サイクル
○営業の仕組み作り
  ・チーム活動他
  ・グループミーティング「顧客への取組」
  
さらなるプロフェッショナルへ向け共に考えよう!
1日目・2日目
<実践1>ー1日目・2日目
<営業日常活動>
1.日常行動
2.営業の基本概略 ー 自己例で見直し検討してみましょう
3.ケーススタディ 営業の仕方は1つではなく、複数あります。ケーススタディで確認してみましょう。
4.営業ステップ
5.顧客取組ステップ
   ①顧客選定・知る・理解する
   ②既存・新規顧客から拡大へ
   ③顧客接触・密着ーどのように?
   ④G&T、紹介他、手段を拡大する
6.顧客説明の基本
   ー「わかりやすい説明の仕方トレーニング」

受講者の声

  • マナー等、基本を忘れてた事、疎かにしてた事確認でき改められたー顧客からも褒められた。
  • 自分の見直しで、自分の活かし方学んだ。自分でも営業ができる自信になった。
  • 説明がクドクナクわかりやすくなったと思う。ー顧客の反応にも変化が感じられる。
  • 顧客との会話に広がりができた、又核心に話がすすめられるようになった。
  • 目標の山を、鳥の目・ドローンの目で見ることを意識するようになり、様々な登頂ルートを認識し他社の動きの認識度も高まった。
  • 顧客との接触・密着度あがり、結果に出るようになった。
  • 顧客との関係の仕方の多様性を学び、営業範囲が拡大した。
  • これからの営業を意識するようになり、顧客拡大にも参考意識している。
  • 個人プレーだけでなく、組織の活用を学び、提案が広く・深くなり対応が活発に。
  • 講師は真面目な顔しているが、固い事から下ネタまで面白いオジサンだ。役に立つ!
  • 自分の見直しで、自分の活かし方学んだ。自分でも営業ができる自信になった。

日程・費用

日時 費用
第1回-6月19日・6月26日
10:00-17:00
税込み 44,000円
第2回ー8月7日・8月21日
10:00-17:00
税込み 44,000円
第3回-10月9日・10月16日 
10:00-17:00
税込み 44,000円
第3回-10月9日・10月16日 
10:00-17:00
税込み 44,000円

30年以上に渡り、コミュニケーション学習を追求し続ける話し方研究所

話し方研究所では、誰でも参加できる公開セミナー「話し方・コミュニケーション講座」を30年以上、継続的に実施しております。

また、企業の社員教育、自治体の職員教育などの場で、コミュニケーションのトレーニングを多数実施し、 さらにビジネス書籍の出版、雑誌や社内報への記事連載、マスコミや各種メディア媒体からの取材依頼による情報発信など、数多く手がけてまいりました。

話し方研究所が独自に開発したメソッド(原理・原則)を軸に、
これまでのノウハウをギュギュっと凝縮してお届けするオンライン講座です。

コミュニケーションは「生きる力」です

話し方研究所は、コミュニケーションの基本を見直し、原理・原則の徹底を図り日々の生活に活かすための学習プログラムを提供する企業です。

1983年に創業して以来、30年以上「コミュニケーション」を研究し、発行した書籍は150冊以上、自社育成の講師は100名を超えます。そこで培ったノウハウを、コミュニケーションについてお悩みのあらゆる方を対象に、研修などのサービスを提供し続けています。

話し方研究所では、コミュニケーション能力を『生きる力』として捉え社会で生活していく上で欠かせない力と位置づけています。この力を磨き、他者との関わり方を自分の力で変えていくことができれば人生の様々な局面で、望む結果を手にすることができると私達は信じています。
株式会社 話し方研究所
代表取締役 福田 賢司