発音を聞き取れるようになる英語教材は?
リスニング力を上げるには
英語の発音が全く聞き取れなくて困っているということはありませんか?

いくらTOEIC用の教材で一生懸命勉強して、TOEICではそれなりの点数が取れるようになっても、実際の生の英会話では全然相手が何を言っているかわからない・・・

映画でも何を言っているのかさっぱり理解できない・・・
そんなことを経験している方は多いのかなと思います。

ここでは英語の発音を聞き取れるようになるコツと英語教材について見ていきたいと思います。

英会話の速度は速くてついていけない

実際の英会話の速度が日本人が想定しているよりもはるかに速くてついていけない。これが原因となっているケースも多いのかなと考えられます。

ゆっくり自分向けに、日本人向けに話してもらえばわかる。同じ会話内容を文章で見れば十分理解できる。

それにも関わらず普通に発音されるともう何を話しているのかわからない。それはやはり英会話の速度というところになってきます。

日本の学校の英語の勉強では文法、文の解釈を重視するあまりに読む速度があまり遅くなり、また英会話のスピードに関してもネイティブからするとあまりに遅いスピードというものになることが多いものです。

この日本式での英語の勉強しかしていないと本当の英語というのは聞き取れるようになりません。

教科書的な英語しか聞いていない

英語の音声をどうしてもCD等で勉強しようとすると、あまりにきれいすぎる、教科書的な発音のものしかないというところも問題です。

TOEICは途中から多国籍の発音を入れるようになりましたが、それでも発音全般としてはきれいすぎる、ゆっくりと話しすぎているというような感じはあります。

何もスラングを覚えるというような話ではありません。
同じ普通の文章であっても、実際には音声変化が起こって、文章そのままに発音していない、省略している部分がある等のことがあって、きれいにそのままが聞こえているわけではないというところがあるのです。

また一般教材だけで勉強していると、あまりにきれいなアナウンサー的発音しかなれずに、一般の人が話す英語の声がわからず、理解できなくなるというようなこともあります。

英語は人によってはかなりのクセがある話し方をする人もいるので、いろいろな発音に慣れておくというのも大事です。

単語がわからないのでは話になりません

英語を聞いていてわからない単語が出てきて頭が真っ白になってしまって、その間に話が進んでということになると、本当は発音としては聞き取れていたけれど、中身が理解できず何も聞き取れていないのと同じ状態になってしまった。

こういうこともあるかと思います。
英単語については本当にある程度のレベルになってくると、それはどういう意味ですか?と聞き返すこともできますが、そのままわからない単語に飲まれてしまうとどうしようもありません。

これはもう会話に出てくる基本的な単語はすべて覚えるしかありません。
会話で出てきたわからない単語があれば覚えておいて自分で検索して調べてみる、わかったものは自分で発音したり書いたりして、少しずつ自分のものにしていく。

これは本当にいかにも勉強というものにはなってきてしまいますが、単語がわからないことには、聞き取るのはもっと難しくなってきてしまいます。やはり基礎はおろそかにしてはいけません。

地道に単語力を増やして日常会話で英単語で困ることはない、わからなくても文脈から判断できるくらいにまではしておきたいところです。
学校の英語の勉強というと何だかすべて役に立たなかったというイメージもあるかもしれませんが、こうした英単語については地道な勉強として役に立ってくるんですね。

英語の番組やyoutubeを見て実際の英語に慣れる

実際の英語に慣れないと、いつまでたっても本当に英語に対応することはできません。英語のテレビ番組を見て英語発音に慣れるというのも一つの方法です。

昔は英語のテレビ番組は日本だと放映されていませんし、映画でも字幕の問題もありなかなか難しかったのですが、今ではDVDレンタルであったりyoutube等で気軽に動画を見ることができるようになりました。

最初は子供向けの英語番組から見る方がいいかもしれません。子供向けは比較的発音がはっきりしていますし、話す内容も当たり前ですが、難しいことは含まれません。

大人向けのyoutubeでも語学学習者向けと通常の動画だと全然発音の雰囲気が違うということもよくあります。あまり語学学習者向けのものばかりにすると、結局本当に英語が必要になったときに聞き取れないということもありますので、適度に通常の英語動画を見て、ネイティブの英会話に慣れておくという方がいいでしょう。

ディクテーションが良いと聞きますが・・・

英語の発音を完璧に理解していくにはディクテーションを良いというような話があります。

ディクテーションというのは対象の英文を何回も聞いて、実際に文字に書いてみるということ。何回も聞いて文字おこしをして、答え合わせをするということになるので、聞き取れなかった部分が何なのかもはっきりわかりますし、リスニング力向上には良いとされています。

実際に文章でも書くのでライディングにも良いかもしれません。

ただ、この作業、とても大変で疲れる、しんどいという部分があるように思います。何の教材も目安もないような状態で自分で頑張るとなるとそれはかなりつらいというところがあります。

根性でできなくもない部分にはなりますが、どの文章を選ぶのかとか、本当にこれに時間をかけていいのかとか、現実的に自分で独自にやるには厳しくて挫折しやすいことなのかなとも感じています。

英会話・英語教材を使った方が上達は早いのでは?

英語に関しては今は絶対に英語教材を使わなければ上達できないという時代ではなくなりました。昔と違ってネット上でも英語を勉強するための情報というのは多く出てくるようになったからです。

ただ、そのネット上の溢れる情報を使って勉強して上達できるのかというと、それで上達できるのは既にある程度のレベルに達している結構レベルの高い中上級者になってしまうのではと思うのです。

自分の上達度合もよくわからず、本当にこの内容で勉強することが正しいのかどうかも迷ってしまう、そしていろいろなものに手を出してますます迷走してしまう・・・こんなことが起こるくらいなら英語教材を一つ購入してがっつりそれ一つにとりかかって学ぶ。そうした方が結果効率が良かったということにもなるのかなと考えます。

ここでは英語リスニング力を鍛えるのに良いと思われる教材を紹介したいと思います。

1.プライムイングリッシュ

プライムイングリッシュは英語リスニング力を鍛えるための人気教材となっています。

聞き流し英会話教材に対しての完全に真逆の挑戦。リスニング・スピーキングがしやすいシステムが組まれています。サンドウィッチリスニングシステム・3ステップスピーキングシステムということで教材の中で、自然とナチュラルスピードで会話できる工夫がされているということが魅力です。

レベルは初級者~中級者までというところでしょうか。6ヶ月後には口から英語が溢れ出すということをコミットした頼りになる教材です。

2.ネイティブイングリッシュ

ネイティブイングリッシュは1日6分でラクに話せるということを売りにした英語教材です。この教材も人気教材で購入者満足度も非常に高いものとなっています。

聞くだけの学習法というタイプにはなりますが、2段階音声で速いスピードから普通のスピードと聞くことで普通の英語がゆっくりと感じ聞き取れるようになるという工夫がされています。

スローモーションで聞くのではなく速いスピードから落としていくというのが特徴的です。今であれば、「ネイティブイングリッシュ ビジネス」というビジネス英会話の教材も特典として入手することができます。(※特典に関しては変更される可能性もあるため必ず公式案内をご確認ください)

レベルは英語初心者~ということで、本当に自信のない方にもおすすめできるという教材になります。


3.アルクの1000時間ヒアリングマラソン

アルクの1000時間ヒアリングマラソンは超本気の英語リスニング教材です。アルクはもともと英会話教材で知名度がかなりありますので一般の人でも聞いたことがあるという人も多いかもしれません。

これは上記の教材とは異なり、超本気ということで初心者の人には向いていません。1000時間もかけてリスニングするということで、とても気軽にやろうという人は挫折してしまうでしょう。

ただ、本気でリスニングをマスターしたいと考えている人にとってはこのくらいの時間はやはり必要なものです。他の教材を否定するわけではありませんが、少ない時間でラクラクなんて話はちょっとした会話レベルであり、本格的にビジネスの場でも通じるレベルをということを考えた場合には、このくらいのレベル想定は必要となってくるでしょう。

やる人は選ぶ教材ではありますが、本気の教材ということでここで紹介しておきたいと思います。

以上3種類の英語が聞き取れるようになるための教材、リスニング教材を紹介させていただきました。

英語教材を使うのか、それとも自分で地道に頑張るのかというところは判断が分かれるところになるかもしれませんが、少しでもショートカットするということ、また途中でやり方に迷ってしまわないためにも英語教材を使ってみるとのいうのも良いのかなとは考えます。

ぜひそれぞれの教材を見て検討をしてみてください。