こどもが選ぶ 絵本リスト
【こども絵本ミシュラン】


ようこそ!  
こども絵本ミシュランへ!

12歳の私が毎日1冊ずつ絵本を読み
感想を書いていきます。
星付けもしてみました☆
絵本を読んで、あたたかな気持ちを
一緒に感じてもらえたら嬉しいです!

はじめまして! こども絵本ミシュランの YuI です。

これから毎日、1冊ずつ絵本の感想を書いて、紹介して行きます!

「どろん ばあ おばけかぞえうた」

 この絵本は、1~10までの数え方を色々なお化け達と一緒に数えながら読むことができる絵本です。
 私がこの絵本を読んでいいなと思った所は、お化け達が私達人間が眠っている間に私達人間の家に入り込んで色々なことをしているので何かやらかしてしまうのではないかとドキドキすることです。例えば、一つ目小僧が人間の親子を起こしてしまうのではないかと思ったり、唐傘お化けが人間の靴を履いて玄関でファッションショーをしていて散らかしていたので人間にばれてしまうのではないかなど色々なドキドキをこの絵本で楽しむことが出来ました。

「おさるのジョージ チョコレートこうじょうへいく」
☆☆

  この絵本は、おさるのジョージがチョコレート工場へ行くお話です。
 私がこの絵本を読んで好きだと思ったところは、このチョコレート工場のチョコレートが色々な種類のチョコレートがあって、美味しそうなところです。そして、そのチョコレートの中にあるジョージの大好物、バナナ・クリームに夢中になってしまうところです。
 そして、この絵本はトラブルが起こるたびにドキドキさせてくれました。しかし、トラブルは無事におさまったので心がホ~ッとしました。
 このように、この絵本は私を色々な気持ちにさせてくれました。

「ちいさな ちいさな まほうのおしろ」
☆☆☆

 この絵本は、帽子のお家に住んでいるポコポコが魔法のお城へ行く物語です。
 私がこの絵本でを読んで好きだと思ったところは、絵の色が色々な色で塗られているのでとても綺麗に見えることと、色々な現実には存在しないお家が出てくることです。なぜ私がそう思うかと言うと、「次はどんなお家が出て来るのだろう?」と、私をワクワクさせてくれたからです。
 そして、一つ一つのお家の中が可愛いので、次はどうなっているのかポコポコがお家を移る時に、ワクワクドキドキしました。 

        「ひつじぱん」
           ☆☆

 この絵本は、羊のパン屋さんが色々なパンを次々に作っていって、色々な動物たちがパンを買いに来るというお話です。
 私はこの絵本を読んで、「こねこね ばんばん」のようにたくさんのオノマトペが一冊の絵本の中に入っていたので、絵本を読んでいる私が真似したくなりました。そして、パンを買いに来る動物のお客さんが羊のパン屋さんが作ったパンとピッタリなサイズのお客さんが来るので、「次はどんな動物が買いに来るのかな~」と、ワクワクしました。

     「おばけのコックさん」
              ☆☆

 この絵本はおばけのレストラン、「おばけてい」で新しい料理開発のお話と、おばけ少女のさくぴーのサプライズ誕生日パーティーが描かれているお話です。
 私はこの絵本を読んで、こわーいイメージだったお化けが少し優しいお化けのイメージに変わりました。そして、おばけの世界にあったこの世界にもありそうでない食材を見て、「この絵本の作者はとても愉快な心の持ち主だな~」と、思いました。
 この絵本は、漢字が使われていないので小さいお子様にもオススメです。

「しろくまちゃんのほっとけーき」

 この絵本は、しろくまちゃんがお母さんと一緒に作ったホットケーキをこぐまちゃんと一緒に食べるお話です。
 私はこの絵本を読んで、頑張っているしろくまちゃんの姿が可愛いなと、思いました。そしてしろくまちゃんが少しおっちょこちょいなところも可愛いなと思いました。この絵本を読んで、私はほっこりした気持ちになりました。
 この絵本には、ホットケーキの作り方が書いてあるので、お子様と一緒に作ってあげると喜ぶと思います。

「パンやの くまさん」
☆☆☆

 この絵本は、可愛いくまさんが経営しているパン屋さんの忙しい一日のお話が描かれています。
 私はこの絵本を読んで子供達にキャンディーをあげる優しさがある、仕事もたった一人でやってのける可愛いくまさんが大好きになりました。そんなくまさんは街の人達にも好かれています。なぜなら、くまさんはとても礼儀正しいからです。私もこの絵本の中の街の人々のようにこのくまさんのパンを一度でもいいので食べてみたくなりました。

「きんぎょが にげた」
☆☆☆

 この絵本では、一匹の可愛い形をした金魚が部屋から部屋へ隠れ逃げるお話です。
 この絵本は、金魚がお花の中に隠れていたり、キャンディーのビンの中に隠れていたり、今度はイチゴの中にかくれている!という見つけることの楽しさを私に教えてくれました。
 カーテンに隠れているのが分かったと思ったら、あ!また逃げた!という感じですぐに逃げてしまうすばっしこい金魚のお話になっています。
 そんな逃げるのに必死な金魚の姿も可愛いなと思いました💗

「くまのがっこう」
☆☆

 この絵本は、1.2.3.4...全部で十二匹のこぐま達の学校生活のお話です。
 私はこの絵本を読んで、十二匹の中で一番下の女の子、ジャッキーが他他の十一匹のお母さん代わりになっているつもりなのが可愛いなと思いました。
 お母さんが恋しくなって泣き出してしまいますが、一生懸命ジャッキーがみんなをなぐさめます。しかし、みんなは泣きやんだのですが、今度はジャッキーが泣き出してしまう、というエピソードがあります。私は、「ジャッキー以外みんな泣き出してしまっているのに、ジャッキーはみんなの面倒を見ていてえらいな~」と思いました。でも、その後にジャッキーも泣き出してしまう所が幼い感じがして可愛いなと思いました。

「わにわにのおふろ」
☆☆

 「わにわには おふろが だいすきです。」という文章からこのお話は始まります。そして、わにわにが本当にお風呂が大好きだという事がこの絵本を読めば、とてもよく分かります。
 私のこの絵本で一番好きな場面は、わにわにがあぶくをとばして遊んでいる場面です。この場面のわにわにの嬉しそうな表情が、わにわにの心情も伝わってきて「本当に楽しいんだな」と伝わってきたからです。

「おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく」
☆☆

このお話は、可愛くてとても知りたがりやのおさるのジョージシリーズの一作品です。
 ハロウィーンといえば仮装パーティー!という事で、物語の中ではジョージがちょっとキツイウサギの衣装や、ちょっと怖いフランケンシュタインの仮装など色々な仮装を試着してみて、最後はみんなを驚かすストーリーになっています。
 私はこの絵本を読んだことで、ベッドの上で飛んでいるうちに楽しくなってしまったジョージが可愛く思えました。

くまの子ウーフ 「おかあさんおめでとう」
☆☆

 今日はお母さんの誕生日です。くまの子 ウーフは、お母さんの誕生日プレゼントを探しに散歩に出かけました。
 私は、お母さんの好きな物を考えて蜂に刺されてまでお母さんが好きな蜂蜜を取りに行くウーフを見て「お母さんの為に怪我をしてまで取りに行くなんて優しいな~」と思いました。そして、蜂蜜取りに失敗してしまって、せっかく取ったブドウもお尻で潰してしまうおっちょこちょいなウーフが可愛いなと思いました。

「ともだちや」
☆☆☆

 この絵本には、友達がいなくて「ともだちや」をやっているきつねに初めての友達ができるお話が描かれています。
 私はこのえほんを読んで、いままで友達がいなかったきつねとおおかみが友達同士になれてすごく良かったと思いました。そして、自分の宝物をあげるおおかみの優しさに感動しました。
 この絵本は、友達の大切さを私に教えてくれました。
これからも、こども絵本ミシュランをよろしくお願い致します。