いい子いない?」の声から始めました。

Engineer / Employ / Cooperative / Organization

Profile

私たちは、企業様の「いい子いない?」の声に寄り添い応えるべく、
南常株式会社のエンジニア紹介部門、通称『EECO』を立ち上げました。

昨今、日本は高齢化に伴い、深刻な労働力不足に陥ろうとしています。このような状況下において、今こそ国籍を問わず優秀な若者の力を借りなければ日本社会は今後立ち行かなくなるでしょう。日本政府も経済の活性化・国際化の観点から、外国人の受け入れを積極的に推進しています。
そこで私たちは、ベトナム人の優秀な人財と日本の企業様との懸け橋となり、国境を越えた人財交流及び国際貢献を目指しています。

会社概要

会社名 南常株式会社 外国人高度人材紹介部門『EECO』
代表取締役 西川 崇
設立年月 2011年11月
事業内容 有料職業紹介事業
外国人集合講習業務
外国語の翻訳及び通訳業務
金属製品の製造、加工、売買及び輸出入
飲料及び食料品の企画、開発、製造、売買及び輸出入
農産物及び水産物の生産、加工、売買及び輸出入
など
住所 岐阜県海津市海津町金廻591
電話番号 0584-54-2788
FAX番号 052-308-3195
メール nanjou.inc@gmail.com
別部門・
関連会社
南常株式会社『Naturale』(オーガニック食品部門)
南常株式会社『tetoteo』(外国人支援サービス部門)
三井工業株式会社(金属加工・販売)

FIL協同組合(外国人技能実習生監理団体、特定技能登録支援機関)

設立年月 2011年11月
About Vietnam
概要
ベトナムの正式名称はベトナム社会主義共和国。面積は約33万平方kmに及び、南北に細長い国で、北部にあるハノイが首都です。人口は約9,000万人。公用語はベトナム語です。進出日系企業数は1,602社(2016年現在)となっています。
国民・宗教
ベトナム人は明るく率直で、人を気遣う優しい人たちが多いと思います。なかでも北部の人は日本人に似ていると言われるほど、親日家です。
国民の約70%が仏教徒で、その他はキリスト教徒、イスラム教徒などです。
食事
「フォー」や「生春巻き」など、日本でもよく知られているベトナム料理。北部に接する中国文化やフランス統治時代の影響を受けたベトナム料理は、マイルドで食べやすいといわれます。小魚を塩漬けにして発酵させた魚醤をソースや味付けに使用したり、米を主食とすることも特徴です。
経済
2011年以降、マクロ経済安定化への取り組みに伴い、成長率が若干鈍化した一方でインフレを抑制しつつ安定的に成長。一層の市場経済化と国際経済への統合を推し進めています。
日本はベトナムにとって最大の援助国で、特に2011年度以降は、年間の援助供与額が2000億円を超える規模となっています。
教育
小学校が5年間、中学校が4年間の義務教育制度が取られています。教育システムの充実により、識字率は90%以上と他の発展途上国よりも高い水準となっています。 また、近年高校や大学への進学率も上昇し、大学進学率は24%以上です。ただ、卒業後即座に就職口を見つけることが出来ずにいる新卒者も少なくありません。
経済
2011年以降、マクロ経済安定化への取り組みに伴い、成長率が若干鈍化した一方でインフレを抑制しつつ安定的に成長。一層の市場経済化と国際経済への統合を推し進めています。
日本はベトナムにとって最大の援助国で、特に2011年度以降は、年間の援助供与額が2000億円を超える規模となっています。

ベトナム人エンジニアの特長

能力の高さ
ベトナムはアジア・太平洋ロボットコンテスト優勝回数最多の国です。
日本で活躍するベトナム人エンジニアのほとんどは、ベトナムの難関大学出身者で、特に技術系の大学を卒業したベトナム人の基礎学力は非常に高い水準です。

即戦力
大学にて、マシニング(NG旋盤・NCフライス)、AutoCADなど、実践的な技術を学んでいます。日本語を専攻していた者も少なくありません。

人間性
ベトナム人は忍耐強く、手先がとても器用です。礼儀正しく、目上の者を大切にし尊敬しています。

ベトナム人エンジニアを雇用するのメリット

長期的雇用
外国人技能実習生とは違い、雇用人数や雇用期間に制限はありません。長期的な人材育成に取り組めます。

企業の活性化
ベトナム人の人柄や勤勉さにより、職場内が活性化され、企業のさらなる発展につながります。

国際交流
日本人だけだった職場に新しい国際化の風が吹き、新しいアイデアや交流が生まれます。

Work Flow


 ご相談、お申込み

御社の状況・条件等をお伺いし、スケジュール確認やお見積りを致します。
お申し込みと共に募集要項を求人票にご記入いただきます。


 現地にて候補者を募集

ベトナムの提携機関を通して、トップレベルの大学出身者を中心に公募をかけます。
多数の応募の中から面接候補者を厳選いたします。


 現地にて面接・技能試験

弊社担当者同行のもと企業様担当者には、ベトナム現地にて面接及び技能試験等を行っていただけます。
企業様のご都合に合わせてfacebookやskypeでの面接もできますが、面接候補者と実際にお会いして話をしていただく事で得られる情報は多数あると思いますので、現地面接を推薦しております。


 入管申告、日本語研修

採用となりましたら、入国管理局へ申告書類等を提出いたしますが、面倒な手続きは弊社の提携する行政書士がお手伝いいたしますのでご安心ください。
手続きは受理されるまで約2ヶ月~4ヶ月ほどかかります。その間採用となったエンジニアは、ベトナムの提携する日本語研修センターにて、日本語だけでなく日本の文化や社会・交通ルールなどを学びます。


 入国、配属

入国後、弊社担当者が空港までお出迎えし、その後すぐに企業様までお送りいたします。


 ご相談、お申込み

御社の状況・条件等をお伺いし、スケジュール確認やお見積りを致します。
お申し込みと共に募集要項を求人票にご記入いただきます。

対象職種


■CAD、設計技術者
AutoCAD、金型設計、建築設計など

■機械・電気・電子・半導体技術者
製造、設計、整備、品質管理など

■IT技術者
アプリケーション開発、ネットワーク・サーバ運用・保守、
通信インフラ設計・構築、社内SE、パッケージソフト・OS開発など

※採用対象・・・機械設計・製造学部、工学部、電気・電子学部の大学・大学院を卒業した者

■機械・電気・電子・半導体技術者
製造、設計、整備、品質管理など

■通訳

■機械・電気・電子・半導体技術者
製造、設計、整備、品質管理など
Q&A
Q
外国人技能実習生との違いは何ですか?
A
外国人技能実習生は、認定職種・受け入れ人数・受け入れ期間(最長5年)に制限がそれぞれありますが、エンジニアは特に決まりがありません。現地の大学で学んだ技術・学識を活かし、日本で長年働く意思があり、日本で暮らしていきたいと考える方がほとんどです。能力・学力も技能実習生よりは平均的に高いと思われます。
Q
どの国からエンジニアを受け入れることが可能なのか?
A
現在はベトナムからのエンジニアを受け入れております。
※その他の国からも順次追加予定です。
Q
募集や面接はどうするの?
A
まずは求人票にご希望の内容を記入いただきます。その求人票をもとに現地機関が募集し、多数の応募の中から面接候補者を厳密に選定します。その後、企業担当者様には、弊社担当者同行のもと現地へ赴いていただいて、直接面接・技術試験等を行っていただけます。
Q
日本語レベルはどの程度?
A
応募者は大学や日本語学校で日本語を学んでいる方が多く、採用となれば日本に入国前の数か月間日本語研修センターに入る方もいます。もともと能力が高いので、入国時には日本語検定N4・N3レベルの方も多いです。ただ、通訳レベルではありませんので、入国後すぐ会話のすべてが通じるわけではありません。
Q
賃金について教えてください。
A
基本的には大卒入社の日本人と同等報酬等、適切な待遇の確保をお願いいたします。
Q
ケガや病気になったら? 
A
勤務中でのケガや病気などに対しては、労災保険が適用になります。また、勤務中以外では社会保険が適用となりますので、日本人と同じく3割を本人が負担することとなります。
なお、通訳等が必要な場合は、弊社の提携する通訳者とともにご相談に応じさせていただきます。
Q
受入れる為の書類や費用などは?
A
受入れ前にいろいろと書類が必要となりますが、弊社の提携する行政書士がわかりやすくご案内いたしますのでご安心ください。
費用に関しましては、毎月の監理費等はいただきません。初めに紹介料をお支払いいただく事になります。企業様の条件等をお聞きした上でお見積りさせていただきます。
Q
外国人技能実習生との違いは何ですか?
A
外国人技能実習生は、認定職種・受け入れ人数・受け入れ期間(最長5年)に制限がそれぞれありますが、エンジニアは特に決まりがありません。現地の大学で学んだ技術・学識を活かし、日本で長年働く意思があり、日本で暮らしていきたいと考える方がほとんどです。能力・学力も技能実習生よりは平均的に高いと思われます。
Contact

お問い合わせは

0584-54-2788

人と人、企業と企業、国と国 をつなぐ架け橋に

今までつながることのなかった新しい世界へ踏み出しましょう
そこに関わる全ての人、企業、国が笑顔になれるよう
誠意をもってお手伝いいたします