アコムの審査基準8つ|審査落ちのときの対処法5つ

カードローン選びに困ったら...

MoneyCityでは、希望条件をチェックするだけであなたにおすすめのカードローンをご紹介できちゃいます。他にも役立つカードローン情報がもりだくさん!

アコムの審査基準8つ

アコムの審査基準8つ

  • 基準1:安定した収入がある
  • 基準2:年齢が20際以上69歳以下の範囲内
  • 基準3:職業・勤続年数
  • 基準4:総量規制の範囲
  • 基準5:過去の金融事故の有無
  • 基準6:信用情報がクリア
  • 基準7:申し込み内容に不備がない
  • 基準8:在籍確認がとれる
  • 基準6:信用情報がクリア

審査で嘘をついてしまった場合は審査に落ちる

これらの審査の途中で嘘をついていることがバレてしまった場合は、審査に落ちてしまいます。

カードローンは保証人や具体的な担保を必要としません。というのも、借り手の「信用」を担保にお金を貸しているからです。

その「信用」を担保にお金を貸そうとしているタイミングで嘘をつかれてしまうと、その信用は地に落ちてしまいます。

嘘をつく人にお金を貸したくはないのは皆さんも同じですよね。

関連記事

審査で意図せず嘘をついてしまった場合はすぐに連絡する

もし、意図せずに実際とは異なる数字になってしまっていたという場合は、すぐに連絡しましょう。

基本的には、電話で連絡することをおすすめします。

アコム側も正直に連絡された場合は信用を続けますので、問題なく審査を受けることができます。

アコムの審査落ちのときの対処法5つ

アコムを利用するためには審査を受けて、その審査に通る必要があります。しかし、審査は受ければ必ず通るというものではありません。なので、審査に落ちてしまう人もいます。

審査に落ちてしまうということは、審査基準を満たせなかった要素があるということです。なので、何も改善せずに再び審査を受けても、また審査に落ちてしまうことになります。そのため、再び審査を受ける前には事前対策が必要となります。
小見出し

対処法1:利用限度額を見直す

申し込みをする際には利用限度額の希望額を申告します。その希望額を高く申告してしまうと、それだけ求められる返済能力や信用性も高くなってしまいます。なので、希望額は必要最低限の額にしておきましょう。

希望額を下げることで、審査で求められる返済能力と信用性も下げることができ、審査に通りやすくなります。
小見出し

対処法2:年収を税込で再計算する

審査では返済能力の確認のために、年収を申告することになります。このとき、申告する年収を手取りで申告してしまう人がいます。

年収を手取りで申告してしまうと税金や社会保険料などが引かれた状態の収入となってしまいます。 手取りの収入で申告してしまうと、審査の際に税金や社会保険料などを支払う前の収入と勘違いされてしまいます。

そのため、実際よりも少ない年収で申告してしまている状態となってしまいます。
小見出し

対処法3:他社の借入を返済する

アコムの審査を受ける前に、すでに他社から借り入れをしているという場合は、その借り入れに対して返済しないといけないということでもあります。

そのため、新しくアコムの利用を始めたことで返済能力が不足してしまうと判断されてしまう場合もあります。なので、他社からの借り入れはできるだけ減らしておくようにしましょう。

また、複数社から借り入れがある場合は完済できるものは完済して借り入れ件数を減らしておきましょう。
小見出し

対処法4:申し込み内容を再確認する

先に述べた通り、申し込み内容に不備があると、信用性を落としてしまったり、虚偽の申告と勘違いされてしまうことがあります。なので、申し込みをする前には必ず申し込み内容を確認するようにしましょう。
小見出し

対処法5:他社カードを検討する

審査基準は会社によって違います。なので、アコムの審査に落ちてしまったのであれば、アコム以外の会社の審査を受けることを検討しても良いでしょう。アコムの審査に通れなくても、他社であれば審査基準を満たせる可能性はあります。

アコムの審査基準を理解してクリアしよう