江戸モアゼル 見逃し配信動画を高画質で無料視聴!

2週間無料!

江戸モアゼルを高画質視聴できる公式見逃し動画Hulu(フールー)の特徴

Hulu(フールー)の基本情報

おすすめポイント
海外ドラマが豊富でHuluオリジナルも多い。国内は日本テレビ系ドラマが充実。
月額料金
1,026円(税込)円
無料お試し期間
2週間
月額料金
1,026円(税込)円

Hulu(フールー)の特徴とおすすめポイント

lHuluが日本で動画配信サービスを始めたのは約10年近く前の2011年。実は日本国内の動画配信サービスとしてはパイオニア的な存在でもあります。

今でこそ動画配信サービスと言えば、NetflixやParavi、U-NEXT、Amazonプライムなどを始めとして多数のサービスがありますが、Huluが日本上陸したころは動画配信サービスという言葉さえ、ほとんど認知されていませんでした。

Huluはもともとはアメリカのサービスですが2014年に日テレが子会社化して、現在は日本Huluとしてサービスを提供しています。

特に日テレ系のドラマやアニメ、バラエティ番組などが充実しています。

また、元々がアメリカということもあって海外ドラマが非常に充実しているため、人気のウォーキングデッドなどを始めとした長編ドラマも見放題で楽しめます。さらにHuluオリジナルの海外ドラマなども制作されています。

現在の配信数は約5万本で海外ドラマ、国内ドラマ、韓国ドラマ、海外バラエティ、国内バラエティ、洋画、邦画、アニメ、ドキュメンタリと充実しています。

またラグビーワールドカップのように時々スポーツのリアルタイム配信をライブでやっていることもあります。

2週間無料!

江戸モアゼルのあらすじやキャストなどまとめ

江戸モアゼルのあらすじ

フリーターの蔵地(葉山奨之)はある晩、アルバイトの帰り道で、光の先から花魁姿の女性・仙夏(岡田結実)を乗せた大八車が現れ、走り去っていく様子を目撃する。蔵地は一瞬驚くものの、幻覚を見てしまったと気を取り直す。

しかし、蔵地が居候先の叔父の雄彦(田中直樹)の家に帰宅すると、なぜか家には仙夏が!雄彦が、家の前で道に迷っている様子だった仙夏を招き入れたのだと言う。歴女で江戸マニアでもある雄彦の娘・寿乃(山口まゆ)は仙夏の花魁姿を見て大興奮。そんな蔵地家の面々に仙夏は「涼八屋の仙夏でありんす」と自己紹介をする。蔵地は、新手の詐欺師ではないかと怪しんで仙夏を追い出そうとするが、雄彦と寿乃は、これも何かの縁だからと言って仙夏を泊めることに。

翌日、仙夏が外に出ると、周囲の人々は花魁姿に好奇の目を向け、スマホをかざして写真を撮ろうとする。初めて見る事ばかりの光景に仙夏は怯え「一体ここはどこなんだい!?」と困惑。一方、図書館で仙夏の事を調べていた寿乃は、仙夏とよく似た花魁が描かれている江戸時代の花魁道中の浮世絵を見つける。仙夏は江戸時代の安政7年、吉原で伝説を残した本物の花魁だったという事を知る。

どうしたら江戸に帰れるのかも分からない仙夏だったが、しばらくここにいるしかないと覚悟を決め、蔵地が働くカフェでアルバイトをすることを決心。カフェでは吉原の花魁流の接客をする仙夏に、蔵地は慌てふためく。

そんな中、蔵地が密かに想いを寄せる友人・泉美(吉谷彩子)が訪れる。蔵地の恋心に気付いた仙夏は「相手の心をつかむことにかけて、あたしの右に出る者はいないからね」と、二人の仲を取り持つと宣言。仙夏は、花魁のテクニックを駆使した作戦を開始する…!令和に舞い降りた花魁を中心に恋の物語が動き出す!

江戸モアゼルキャストと登場人物

仙夏・・・岡田結実
蔵地俊輔・・・葉山奨之
春日泉美・・・吉谷彩子
鳥居直樹・・・前田公輝
蔵地雄彦・・・田中直樹
倉地寿乃・・・山口まゆ
松野隆二・・・森田甘路
森谷香澄・・・藤江萌
大河内拓磨・・・中本大賀

江戸モアゼル 第1話の予告動画

江戸モアゼル 第1話の感想

いきなり花魁が登場したのに、みんなそれほど驚くことなく、平然と受け止めているところが面白かったです。明るくて前向きな仙夏だけど、花魁になったことで諦めてしまった恋があったんだろうと、垣間見える切ない表情が印象的でした。しかも現代では、別れた恋人にそっくりな相手と再会することになったので、そっちとくっつくのか、それとも蔵地とのロマンスが始まるのか先の見えない恋愛展開も楽しみです。
粋な仙夏さんの言葉が素敵で、胸に刺さりました。仕事で相手への期待が裏切られたとき、冷たくしてしまった上司に「楽しく笑顔が大切」と言い切ったことは、本質をついていると思いました。仙夏は「置かれた場所で咲き誇る」という価値観が根底にあるからこそ、行動にぶれがなく、江戸の粋をもっと知りたいなと、次の回が楽しみです。主人公の青年が、仙夏によってぐっと変わってきそうな予感がします。
最初の10分くらいは、正直大丈夫か?と思ったけどなかなかいいストーリーだった。
現代との価値観の違いによる摩擦と、それによる衝突がうまく描かれていたように思う。
全体の話の流れも分かりやすく、難しく考えずに楽しめた。
主人公の性格と花魁も、どちらの性格もそこまで悪く見えないように出来てたように見えるし、好感が持てる性格になっていて見てて不快感がなかった。
引きのシーンも、次回が気になる終わり方で、次回予告も見たいと思えました。
継続視聴決定です。
江戸時代の花魁がなぜ、現代にタイムスリップしてきたのか気になりました。ですが、花魁の彼女は分かれた恋人のことが忘れられないようなので、そのことがきっかけなのかもしれないと思いました。
彼女は現代社会において、文化や風習、言葉の違いがありながらも、自分を貫く芯の強さが素晴らしいです。生きることに真剣な彼女を観ていると、現代に生きる私たちにも考えさせられることがあるような気がしました。
クスッと笑える場面が結構あり、面白いドラマだと思いました。 

江戸モアゼル 第2話の予告動画

江戸モアゼル 第2話の感想

2話目でも引き続き、異時代・文化ギャップの話が繰り広げられます。生活するのに必要な「お金」を稼ぎだそうと仙夏(岡田さん)は秘書採用試験を受けるのですが…。その理由が、江戸時代の恋人、いや思い人(現代では、泉美が働く会社の社長・鳥居)を思ってのことで悲しく思いました。いつの時代も恋バナが、女性の中心なんだと思いながら見てました。仙夏さんの思いを寄せている鳥居が好きではないのが、がっかりポイントです。
仙花が、キャバクラで働いてもオーラがあると一目置かれたところは、さすが伝説の花魁だと思いました。オーラがすごくて取引先の社長までも一喝されて、謝罪をしたところは迫力がありました。自分の恋に惑わされることなく、虐げられた女性の立場になって、堂々と意見をするところは格好良かったです。鳥居社長は嫌な奴だと思っていましたが、これから仙夏にアプローチすることでよい方向に変わっていくのかもしれないし、蔵地との恋愛はどうなるのかも楽しみです。
今回もラストの引きがうまかった。
前回の引きからこんな展開になるとは予想できなかった。
正直設定からして、もう少し軽い感じの展開になるのかと思ったけど、ここまでシリアスにするのかとびっくりした。
でも仙夏は過去の思いを思い出として心にしまうことにする感じなのかな?
そこから蔵地に徐々に惹かれる感じになるのか、それとも直樹が仙夏に惹かれていくのか。
ラストの引きからして後者のになるのかな?
次回も気になるので楽しみに待つ。
花魁はキャバ嬢というより、銀座のホステスに近いような気がしました。仙夏のお茶は絶品でしたし、客あしらいも見事でした。
社長は彼女を秘書として採用して正解だったようですが、彼の性格はかなり難があると思いました。ですが、そんな彼のことをたしなめている仙夏はさすがだと思いました。
このドラマは何といっても、江戸言葉がたくさん出てくるところが面白いです。仙夏がなぜ令和の時代にタイムスリップしてきたのか分かりませんが、そのうち明らかになるでしょう。

江戸モアゼル 第3話の予告動画

江戸モアゼル 第3話の感想

放送終了後に更新します!

2週間無料!