このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
0120-41-9095
受付時間:平日9:00~19:00

古城 光

株式会社エコライフ リーダー

1992年9月鹿児島県生まれ。学生時代に東日本大震災を経験したことで、災害に対して強い危機意識を持つようになる。短大を卒業後、株式会社エコライフに入社。訪問販売一筋で安定した業績を積み上げている。部下育成の手法に定評があり、多くの社員が古城チームのもとで営業の才を開花させている。見た目はクールだが、熱い心の持ち主。「燃える情熱者」との異名を持つ。
2021年から始まる大学生長期インターンプロジェクトには現場責任者として参画予定。訪問販売で培った営業力を武器に、グループ内での活躍の幅をさらに広げている。E・HOUSEでリノベーションしたマンションをマイホームとして持ち、愛車はアウディ。野球レクリエーションではピッチャーとして活躍する。
どんな仕事をしていますか?
「一人でも多くの人に災害時の備えを届けたい。」

私は学生時代に仙台で東日本大震災を経験しました。停電と余震の恐怖に震えながら避難所で過ごしていた時期を今でも思い出します。そのときの経験が今の仕事にモチベーションにつながっていますね。メインとして取り扱っている商品は家庭用蓄電池なのですが、一人でも多くの人に災害時の備えとして蓄電池をお届けしたいと心から思っているんです。

訪問営業なので、はじめは「いきなり何?」というマイナスのムードからスタートするのですが、私の熱意、商品の魅力、会社の魅力をお客様に分かっていただいてご契約につながったときの喜びは何物にも代えがたいですね。お客様の役に立ちたい!という気持ちが強すぎて、ちょっと厳し目に断られちゃうときもありますけど(笑)、最後は「古城くんだから契約したよ!」と言って握手をして送り出して下さるんです。
どんな仕事をしていますか?
「一人でも多くの人に災害時の備えを届けたい。」

私は学生時代に仙台で東日本大震災を経験しました。停電と余震の恐怖に震えながら避難所で過ごしていた時期を今でも思い出します。そのときの経験が今の仕事にモチベーションにつながっていますね。メインとして取り扱っている商品は家庭用蓄電池なのですが、一人でも多くの人に災害時の備えとして蓄電池をお届けしたいと心から思っているんです。

訪問営業なので、はじめは「いきなり何?」というマイナスのムードからスタートするのですが、私の熱意、商品の魅力、会社の魅力をお客様に分かっていただいてご契約につながったときの喜びは何物にも代えがたいですね。お客様の役に立ちたい!という気持ちが強すぎて、ちょっと厳し目に断られちゃうときもありますけど(笑)、最後は「古城くんだから契約したよ!」と言って握手をして送り出して下さるんです。

やりがいを感じた瞬間を教えてください。
「お客様の生活に深く入り込んで役立つ存在になる。」

ここ数年、台風・地震・大雨など、本当に多くの自然災害が日本を襲いました。そのたびに各所で停電が発生していますが、私から蓄電池を導入してくださったお客様からお礼のお電話をたくさんいただけるんです。

当時小さかったお子様がもう中学生になっていたり、「まだ結婚しないの?」と親戚のおじさんのようにいじってもらったり(笑)。お客様の生活に深く入り込んで、グループの強みを活かしてお家に寄り添った提案ができることが何よりの強みですし、仕事を通したやりがいに繋がっていると思います。

結果を出すために大切にしていることは何ですか?
「どこまでも貢献意識を忘れない。」

訪問販売という仕事についていえば、自己中心的な考え方を持った営業マンは成果が上がりませんし長続きもしません。「お金を稼ぎたい!」という動機も決して悪くはないのですが、お給料はお客様への貢献の対価としていただけるものだと捉えているので、一にも二にもお客様のことを考え、感動と価値を生み出す仕事を心がけています。

成果が上がっていないということは、自分が自己中心的な考えに陥っていることの証明です。「私はお客様に役に立てる!」「チームのため、部下のために今日契約を上げる!」という利他の心を毎朝セットアップし、毎夜「感謝の心」で床につく。こういった人としてのあり方から鍛えていける環境ですし、そういった環境が「働きがいのある会社」ランキング2年連続ベストカンパニー受賞という結果にもつながっているんだと思います。


あなたの可能性を形にした姿とは?
「セールスで輝く一番星になる。」


セールスを通した人づくりに最大の強みがあるE・GROUPですが、その環境とノウハウを活かして2021年からスタートするのが大学生長期営業インターンシップの受け入れです。私が今までエコライフで培ってきたセールスのノウハウを学生にも惜しむことなく分かち合い、最終的には学生たちが自律して主体的に成果を生み出せる環境を創り出すことをゴールとしています。

インターン事業を通して人財教育事業の礎を築き、事業責任者として役員になると決めています。セールスの道で成功し、一人でも多くの人に幸せを届ける「輝く一番星」になることが、私の可能性を形にした姿です。

あなたの可能性を形にした姿とは?
「セールスで輝く一番星になる。」


セールスを通した人づくりに最大の強みがあるE・GROUPですが、その環境とノウハウを活かして2021年からスタートするのが大学生長期営業インターンシップの受け入れです。私が今までエコライフで培ってきたセールスのノウハウを学生にも惜しむことなく分かち合い、最終的には学生たちが自律して主体的に成果を生み出せる環境を創り出すことをゴールとしています。

インターン事業を通して人財教育事業の礎を築き、事業責任者として役員になると決めています。セールスの道で成功し、一人でも多くの人に幸せを届ける「輝く一番星」になることが、私の可能性を形にした姿です。

山崎 優貴

株式会社E・HOUSE マネジャー

1992年11月神奈川県相模原市生まれ。大学中退後、NHKの訪問営業を経て、さらなる成長環境を求めて株式会社エコライフの門を叩く。入社3ヶ月で全社1位の記録を樹立し、その後は持ち前のコミュニケーション力を活かして人事採用担当・リクルーターとしての業務に従事する。
2017年9月、E・GROUP多角経営の柱として、不動産事業(E・HOUSE)立ち上げプロジェクトに参画。株式会社E・HOUSEの設立メンバーとして、不動産未経験メンバーを抱えながらも店舗収益の黒字化を2年で達成する。2018年、宅地建物取引士資格を取得。2021年現在、グループのマネジャーとして、人財採用、人財育成、目標達成に力を注いでいる。2児のパパ。
どんな仕事をしていますか?
「E・GROUPの理念をすべての人に伝えたい。」

今は株式会社E・HOUSEの店舗責任者を任されています。普段の活動は大きく3つ。1つ目は、不動産営業マンとしての仕事です。お家を買いたい、お家を売りたいというお客様に対して、不動産のプロとして最善なアドバイスとお手伝いをします。2つ目は、マネジャーとしてメンバーの日々の営業活動の振り返りやフォローをすることです。3つ目は、E・GROUPをもっと良い企業にするための企画やプロジェクトに参加することです。

この3年間、アワードなどの評価をたくさんいただきました。しかし大学時代から優秀な人間だったわけではありません。実は私は大学を中退しているんです・・・。そんな中で出会ったのが榊代表でした。人は自らの可能性を信じて行動を起こすことでいつでもどこからでも良くなることが出来ます。私自身がその理念を体現し、少しでも多くの人にこの理念を広めていきたいと思っています。
どんな仕事をしていますか?
「E・GROUPの理念をすべての人に伝えたい。」

今は株式会社E・HOUSEの店舗責任者を任されています。普段の活動は大きく3つ。1つ目は、不動産営業マンとしての仕事です。お家を買いたい、お家を売りたいというお客様に対して、不動産のプロとして最善なアドバイスとお手伝いをします。2つ目は、マネジャーとしてメンバーの日々の営業活動の振り返りやフォローをすることです。3つ目は、E・GROUPをもっと良い企業にするための企画やプロジェクトに参加することです。

この3年間、アワードなどの評価をたくさんいただきました。しかし大学時代から優秀な人間だったわけではありません。実は私は大学を中退しているんです・・・。そんな中で出会ったのが榊代表でした。人は自らの可能性を信じて行動を起こすことでいつでもどこからでも良くなることが出来ます。私自身がその理念を体現し、少しでも多くの人にこの理念を広めていきたいと思っています。

やりがいを感じた瞬間を教えてください。
「訪問販売で培った営業力は全てに通用する。」

E・GROUPに入社してから、やりがいを感じなかった日はありません。私もはじめはエコライフの訪問販売の仕事からキャリアをスタートさせましたが、そのときの5倍速の成長環境と経験が今でも大きな糧となっています。入社3ヶ月で全社員トップの成績を獲得したことも励みになっています。

エコライフで訪問販売を経験した後は、リクルーターとしてグループの採用業務に携わっていました。しかし、E・GROUPの魅力を学生に伝えきるためには、私自身にもっと仕事の「実」が必要なのではないかというもどかしさも感じていました。

そんな中で、新規事業として不動産事業が立ち上がり、再び成果を追いかける立場としてE・HOUSEに貢献するチャンスをいただきました。順当に成果を上げ、宅地建物取引士の資格も取得し、今では改めてグループ採用業務や学生インターン事業に携わっています。不動産事業で築いた現場の「実」をもって、グループの魅力を存分に学生に語ることが出来ています。

結果を出すために大切にしていることは何ですか?
「徹底的に成果に拘った仕事をする。」

徹底的に成果に拘った仕事をする。それが私の信念です。「成果なき理念は寝言である」という言葉がありますが、どんなにお客様に良い提案をしたところで、最終的にご契約に繋がらなければお客様の問題解決をすることができません。

また、成果に繋がらなければグループ事業を拡大して理念体現者を増やすこともできません。成果なしで理念を語ることほど格好の悪いことはない。E・GROUPの社員であるならば「実」で語る。この信念に素直になって行動をすることこそ、結果を出すために大切なことだと考えています。


あなたの可能性を形にした姿とは?
「敗者復活戦のある社会環境を創り上げる。」


学歴社会をぶっ壊し、いつでもどこからでもチャレンジすることが出来る日本社会を創ります。これは、大学中退という学歴で社会に出た私だからこそ実現できる私の可能性です。

任せていただいている不動産部門の多店舗展開を実現すること。インターン事業を通して大学生の持つ可能性の開発に心血を注ぎ、将来的に事業部として独立させること。日本が持つ最大の資源である「人」が活きる環境を、E・GROUPを通して実現していきます。

あなたの可能性を形にした姿とは?
「敗者復活戦のある社会環境を創り上げる。」


学歴社会をぶっ壊し、いつでもどこからでもチャレンジすることが出来る日本社会を創ります。これは、大学中退という学歴で社会に出た私だからこそ実現できる私の可能性です。

任せていただいている不動産部門の多店舗展開を実現すること。インターン事業を通して大学生の持つ可能性の開発に心血を注ぎ、将来的に事業部として独立させること。日本が持つ最大の資源である「人」が活きる環境を、E・GROUPを通して実現していきます。