ゆるゆる週末作りおき料理


平日も週末も時短に!ゆる~く楽しいオンライン料理教室

最近は、共働きの家庭も増えてきて、作りおきをしているという方も多いでしょう。

インスタなどをみても、作りおき関連のタグを合計すると、100万くらいはあるかもしれません。

私自身も、作りおき系のレシピ本を何冊か買い、作りおきをしています。

「作りおき」をすることのメリットは、

  • 温めるなどの簡単調理ですぐに食べられる
  • 料理を作る時間が時短になり平日の時間を大切にできる
  • 献立を決めて作るので買い物の回数を減らせる
  • 料理を作る時間が時短になり平日の時間を大切にできる
作りおき料理は、良いことが多いです。

インスタで写真をみても、どの方も何品も作り置きしていてすごいです。

彩りもきれいで、とてもおいしそうです。

このように仕事から帰ってきて、時間が遅くなっても、

短時間で食べられるという最大のメリットもありますが、デメリットもあります。

実際に、作りおきを続けられている方は、ほんの一握りだと思います。

作りおき料理のデメリット

  • 週末に献立を決めて、買い出しにいき、作りおきを作ると1日がかりになる
  • 作った分を食べないといけない責任感が付きまとう
  • 保存、腐らないかが心配
  • 作った料理を保存する冷蔵庫のスペースが必要
  • やっぱり出来立ての料理の方がおいしい
  • 作った分を食べないといけない責任感が付きまとう
作りおきを作る日には、同時にその日の夕飯も作る必要があるでしょう。

ぶっちゃけ、1日がかりになってしまい、

週単位でみてみると、使う時間はほとんど変わらないか、

もしくは、温めたり簡単調理の時間があるので、もっと時間が掛かっている場合もあります。

週末、休日の時間はとても大切です。

起業や副業を目指すなら、貴重な行動の時間になりますし、

平日も、行動が必要になるでしょう。

平日も、土日も時短に!そんなわがままな希望を実現することができるのです。

ゆるゆる週末作りおき料理の特徴

私が提案する作りおきは3品ほどを作り置きします。

一般的な作りおきでは、副菜を中心に細かく作っていると思いますが、

メインになるような料理を中心に作り、副菜、汁物などは当日に作ります。

そして、週に1回は外食がオススメです。

もし、外食しなかったとしても、作りおきではない簡単な料理を作ればいいので問題ないです。

そして、この料理は〇曜日に食べる!と決めつけるのではなく、ゆるい感じで決めておくといいでしょう。

「ゆるゆる週末作りおき料理」のメリットは、

  • 週末に献立を考えてまとめ買い(足りない分は買い足す)
  • 3品ほどのメイン料理を作り置き
  • 週末は少し手の込んだ料理を作る
  • 作りおきから近い日にちは日持ちしない魚を中心に食べる
  • 副菜、汁物は当日簡単に作る
  • 週に1回は外食をいれてもいい
  • 3品ほどのメイン料理を作り置き
という、ゆるさが特徴です。

ゆるいからこそ、続けることができますし、

作り置き自体も3品ほどですので簡単です。

メルマガ登録

プロフィール

海老原 秀行
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

小見出し
表示したいテキスト
表示したいテキスト
表示したいテキスト
表示したいテキスト