えべつのくらし
2018サミット Special Version

~街並みと住環境の情報~

スクロールすると江別市内の色々な景色が見られます

物件情報やリンク等を見る


北海道江別市を知っていますか? 札幌からわずか快速電車で17分、空と大地を広く感じる街。

食べ物が美味しく、子育て・文化・教育・楽しい行事と魅力が一杯です。

こちらのサイトではそんな江別市の街並みと住環境の情報についてご紹介します。

【新着情報】
江別の素晴らしい動画(ドローン空撮)を是非ご覧ください!(2017.1.31)協力:龍田工務店
POINT
1

2018サミット 江別のお悩み(1)

◆プレゼンター:櫻井耕平(江別市社会福祉協議会)
 江別は12万人都市として札幌を除く道内では5番目の人口を誇ります。勿論、170万都市札幌からは快速で15分。マーケットや交流人口、ベッドタウンとして良い立地ではあります。しかし大企業の城下町であったのは今や昔。現在は社会増では良い兆しがあれど、高齢化や生産年齢人口の減少は近い将来の課題です。
 江別市では、産学官金労言福民(言=マスコミ、情報、IT、福=福祉、民=市民団体や市民参画)で様々に連携や協働という考え方のもと取り組みはありますが、まだ各々の業界が閉鎖的ではあります。今後、障がい者や生活困窮者が自立する事で社会参画する事や認知症等(と家族)の地域包括ケアでのサポートなど市民や各業界が一体化となり、施す方・施される方ではなく、皆がバトンを繋ぐ意識をどう形成し、『仕組化』する事が課題となります。また江別の魅力を感じて、コミュニティに入りたいという市民の交流を望む人たちにもっと江別に注目して頂きたいと思っています。

POINT
2

江別のお悩み(2)

◆プレゼンター:遠藤千尋(札幌学院大学 大学院 地域マネジメント研究科)
 江別には4つの私立大学があり、総人口12万人に対し約1割が大学生という特徴があり、保育から義務教育課程・4つの高校など、学力やその他活動なども高いレベルと言われます。しかし大学生においては、交友関係やアルバイトなどが札幌中心となったり、地元企業・市民活動と触れ合う機会が少ないなど、1万人の大学生の中で、地元に定着する人はごく僅かです(地元への就職は統計上は20名以下)。
 また市民側から見ても、様々な活動の担い手や高齢者や子供達を支えるという事に大学生が参画する機会や、知り合う機会、そして飲食や買い物などでも、市内で大学生を大勢見る機会が思ったより少ないという実情があります。これは札幌という大きな都市にアルバイトや消費関係の魅力的な場所、遊びの場所がある事が主因な訳ですが、大学生への機会としても、市の活力としても江別の魅力・江別市民の魅力をもっと深く・広く感じてもらう方法や、市民と一体となって街を活性化する、関係性としてもシームレスな物が作れないか、一歩一歩の取組みを加速する仕組みが求められます。そしてそれを大学生自身が楽しく、達成感を感じて出来ればと思っています。

POINT
3

江別のお悩み(まとめ)

◆総括:小西 穣(北海道代表サポーター (株)アグリ&コミュニティサポート総合研究所 代表取締役)
 現在の江別の状況を憂いて、行政は勿論、産業界や大学でも自発的な活性化の取組があるものの、まだ各々がバラバラに行動し、中々一丸となった取り組み(ベクトル)となっていない江別市。人口が12万あり、札幌と電車で15分、車で30分というロケーションが良くも悪くも現状に満足してしまう、危機感の薄さにつながっています。確かに他の過疎化地域に比べると「何でもある」のが江別市です。地元としては、今の江別の良さを未来に伝え・残して行く事はとても大切であり、都市と農村がとても近い街えべつは、子育てや働く環境がとても良いという事をもっと広く知ってもらったり、次世代のモデルケースになればと感じています。
 安心して子育てが出来る街、安心してシニアとして暮らせる街、そして「夢の実現や起業・移住に最高の環境」という発信が実現すれば、江別という街の歴史と魅力が未来につながる…そんな気がしています。

江別市は古くからレンガの名産地です。街の色々な所にレンガがマッチしています。街並みもそのエリアによって緑や水辺、住宅街のカフェなど特徴や魅力があります。是非お気に入りを見つけて下さい。

江別市内の代表的な8つのエリア

江別北エリア

江別発祥の地域とされJR江別駅前に広がる、鉄道と川の交差するエリア。古くは官庁街と商工業の中心として栄えました。現在は歴史遺構や古くからの街並みが多く残り独特の色合いがあります。江別神社やコミュニティセンター、防災センターなど、公共的施設も多くあります。

もっと詳しく

江別南エリア

千歳川を挟んで東西に広がる古くて新しい住宅街。水辺にも親しめる空間です。川の名残である三日月湖を利用した公園では渡り鳥が羽を休め、支流である早苗別川ではホタルを守る取り組みが進められています。新たな住宅地として特に庭付き一戸建て向けとして魅力ある地域です。

もっと詳しく

野幌北エリア

野幌駅北口から飲食店、歓楽街、グリーンモールなどが広がり地理的にも江別市の中心となっているエリアです。鉄道高架や新駅舎も完成し「江別の顔」として商業の中心となって行く役割を担っています。開拓の歴史を感じる施設や緑あふれる閑静な住宅地も広がっています。

もっと詳しく

野幌南エリア

野幌駅や高砂駅に近く高層マンションでの暮らしや通勤にも便利な地域。札幌方面だけでなく、南幌町など郊外へのアクセスも抜群。かつてのレンガ産業の面影を残しながら、カフェやスイーツ店などが似合う雰囲気に、様々なライフスタイルがバランスよく共存できる環境です。

もっと詳しく

大麻エリア

緑多き住宅街の大麻(おおあさ)は、自然の沢を生かした公園や豊富な宅地、マンション等、ベッドタウンに最適。快速なら札幌へ約10分と近く、バス・自家用車でも交通は便利。札幌市厚別区と隣接し新札幌も近く、大型家電店やホームセンター等にアクセス良いエリアです。

もつと詳しく

文京台エリア

大麻とほぼ同位置にあり国道12号線の南に広がる地域。酪農学園大学、札幌学院大学、北翔大学の3つの大学があり道立研究施設も複数。背後には「原始林」と呼ばれる野幌森林公園も広がります。若者の賑やかさと森林公園の静けさが心地よいコントラストの住環境です。

もっと詳しく

豊幌エリア

江別市の中で東にあり、岩見沢市と隣接するエリアです。JR豊幌駅と住宅街は近く、石狩川、夕張川、幌向川など河川も身近で溢れる自然を感じることが出来ます。広い区画で宅地は十分な面積が魅力。伝統的な農業地帯と宅地エリアの一体感が家族的で温かさを感じることでしょう。

もっと詳しく

自然豊かなエリア

角山、篠津、中島、八幡、美原と呼ばれる伝統ある地域です。札幌近郊で素敵な田園風景を見るなら断然ここです。主な産業として農業が広がっていますが、工栄町と並び角山地区は新たな工業のエリアとしても発展しています。牧場直営ショップや動物と触れ合える施設もあります。

各エリアの街並み

江別北エリア

JR江別駅から石狩川沿いのこのエリアは、江別発祥の地ともいわれ、歴史遺構や古くからの街並みが多く残り独特の色合いがあります。

 ~歴史遺構が多い地域~
明治から昭和初期にかけて舟運と鉄道の結節点として栄えた歴史があり、石造りの倉庫群をはじめ、その面影が今でも残っています。以前の官庁街・商業中心地は現在、コミュニティセンターやアートの空間、レトロな喫茶店等が並んでいます。大地を広く感じる江別において江別神社、飛鳥山公園など丘陵のシンボルがあり、その周辺に寄り添うように住宅街が連なっています。 

~「四季のみち」とメディカルゾーン~
旧火力発電所への引込み線跡を利用した緑道「四季のみち」は、散歩には最適なこのエリアのもう一つのシンボルです。「四季のみち」と交差するように市立病院や複数の開業医院、ゲートボール場、プールがあり、市民の健康を身近に支える街のエリアです。

○ワンポイント
歴史ある風情の静かな住宅地として、他のエリアの住民にも親しまれる独特の空間となっています。立て替えの進んだ区画ではコンビニ、美容室、医院などの利便性も高くなっています。

江別北エリア ギャラリー

飛鳥山公園

ホームセンター

静かな住宅街

温水プール

アートな空間

駅前の生鮮スーパー

エリア選択へ戻る

江別南エリア

JR江別駅の南側は、千歳川を挟んで両側に住宅街が広がります。お得感があり、区画も広く、新たな戸建て住宅の建築に人気のエリアです。

~水辺に親しむ~
千歳川を挟んで東西に広がるこのエリアは、水辺に親しめる空間が特徴的です。かつて蛇行していた川の名残である三日月湖を活用して作られた泉の沼公園では1年を通してカモの姿があり、湿原の名残である越後沼には、多くの渡り鳥が羽を休めています。千歳川の支流である早苗別川は水生生物が住みやすいように近年改修され、ホタルが棲む川として知られています。

~手ごろな不動産価格~
中心市街地の裏手に位置する事から土地の価格はお得感があり、周辺には郊外型商業施設が集積しているゾーンも幾つかあるため利便性が向上しています。元は昭和50年代を中心に広がった住宅地でしたが、今でも新しい宅地が増えています。現在、千歳川を東西に結ぶ橋の建設が進んでおり、このエリアは将来更にアクセスが便利になると期待されます。

○ワンポイント
自然と調和しながら道路の拡充や買い物環境など今後も利便性向上が期待される地域です。南幌町や長沼町など周辺のまちとの行き来がしやすいところも特徴です。

江別南エリア ギャラリー

JRとのアクセスも便利

公園・幼稚園も複数あります

郊外型ショッピングセンターの充実

緑と調和した広い区画

周辺市町村との幹線

憩いとなる自然が身近

エリア選択へ戻る

野幌北エリア

JR野幌駅やJR高砂駅の北側のこのエリアは、国道12号線沿いを中心に商業施設や公共施設が集積する江別市の中心市街地です。現在、野幌駅周辺で再開発事業が進行中であり、これからも更に素敵な街並みとなって行く事でしょう。

~江別市内の中心市街地~
国道12号線に沿って大規模商業施設や飲食店、金融機関、自動車ディーラー、紳士服店、ファミリーレストラン等が並びます。国道と並行して走る二番通りとの間には公共施設が多数立地し、駅にほど近い歴史ある区画から更には北西側に新しい住宅街が広がっています。集合住宅や戸建住宅など物件も多様なエリアです。

野幌駅前から錦山天満宮、開拓の歴史遺構である湯川公園まで緑道「野幌グリーンモール」が続き、賑わいと潤いの調和した雰囲気が特徴です。

~野幌駅周辺の再開発「江別の顔づくり事業」~
野幌駅周辺では平成18年以降、鉄道高架化を含む再開発が順次整備が進んでいます。野幌駅を中心に都市機能を充実させ、沢山の魅力ある江別の中でも地理的中心でもあるここを「江別の顔」としてコンパクトシティを目指すものです。既に鉄道高架と野幌駅の新築を終え、現在は駅前の区画整理が進んでいます。野幌駅前は居酒屋や料理店などが集まる歓楽街もあり、事業の進展とともに時代にマッチした新しい街並みが整いつつあります。

○ワンポイント
徒歩圏内に様々な施設があり、JR野幌駅からは札幌まで快速電車で10分程度であることから、生活に便利で多様なライフスタイルに適応できる街といえます。

野幌北エリア ギャラリー

公園・大型商業施設、子育支援施設

JR野幌駅からは札幌まで17分

国道沿いに並ぶ市民体育館と各店

市立情報図書館

交番・郵便局・消防署・店舗が集積

駅~湯川公園へ続くグリーンモール

エリア選択へ戻る

野幌南エリア

JR野幌駅の南西部に位置するこのエリアは、鉄道高架化に伴い駅の北側とのアクセスが良くなるなど、環境を変えながら発展を続けています。鉄道より向こう側の国道12号側と対比して良い意味での裏参道的なイメージもあり、住環境、買い物、隠れ家的お店と魅力は欠きません。

~マンション群と清楚な街並み~
野幌駅の南口付近には高層マンションが多く、駅から離れるにつれ、北広島市や野幌森林公園方面、南幌方面への導線上に戸建の住宅地が続きます。かつてのレンガ産業・窯業隆盛の面影を残しながら、カフェやスイーツのお店などが似合うロマン溢れる街並みが広がります。

~野幌森林公園を背景に~
このエリアの中でも、白樺通りより札幌に近いエリアには、酪農学園大学や北海道情報大学があります。道立自然公園 野幌森林公園を背景にセラミックアートセンター、野幌総合運動公園など公共施設も充実。野鳥などの姿も多く、緑が多く、都市と憩いのスペースが調和したエリアです。

○ワンポイント
JR野幌駅の利便性に加え郊外の自然との連続性がある住宅街として、人気のエリアです。文化・スポーツ・懇親の場と様々なライフスタイルがバランスよく共存できる環境といえます。

野幌南エリア ギャラリー

高層マンションが数多く立地

大学生や住民に親しまれる店舗群

公共施設や物流施設

隠れ家的なスイーツ店多数

24時間スーパーなど買い物も便利

ロマンある景色が似合います

エリア選択へ戻る

大麻エリア

緑に包まれた成熟した住宅街の大麻エリアは、公共施設が随所にあり、しっかりとした地域コミュニティと静かな環境が魅力です。JR大麻駅からは、札幌まで快速で約12分と近く、郊外型の大型商業施設も利用しやすい環境にあります。

~住宅街と緑の調和~
大麻エリアは、北海道の環境緑地保護地区に指定されている「江別鉄道林」や元々あった沢地を利用した公園をはじめとする豊かな緑に包まれています。広い区画の戸建住宅が多く住宅街の中らおいても、たくさんの緑が目に映ります。利便性の高い地域に一戸建て空き物件も多く、新しい世代のリフォーム需要にも対応しています。

~札幌と連続した住宅街と郊外型大型店舗~
団地造成の立役者である商店街は、現在、地域のコミュニティゾーンとして活用されています。買い物環境は国道12号と並行して走る2番通りや3番通り(厚別通り)沿いに複数ある大型スーパーやドラッグストアなど郊外型大型店が便利。野幌の大型商業施設もほぼ直線道路で結ばれています。

○ワンポイント
大麻の地名は、大正初期に「大曲」「麻畑」「樹林地」の3地域が統合した際に「大」と「麻」を組み合わせて名づけられました。昭和40年代の大規模な団地造成をきっかけにベッドタウンとして発展した地域です。団地やマンモス校が多かった街並みも一世代を経て落ち着きのある住宅街へと変遷しました。大麻エリアの西側からはJR森林公園駅を利用することもでき、改めて「静かで便利なまち」と言えます。

大麻エリア ギャラリー

魚介と野菜が評判の大型スーパー

駅周辺にホール,公民館,交番,銀行

コンビニや食品スーパーは多め

団地も改装が進みモダンに

一戸建てはリフォームに最適

緑の多い地域で憩いある空間

エリア選択へ戻る

文京台エリア

JR函館本線の大麻駅南口が文京台エリアの玄関口です。周辺に3つの大学があるため、登下校の乗降客数は江別市内でもNo.1。駅前から大学までの国道12号線沿いにはコンビニや飲食店などが連なっています。

~原始の面影を残す森林公園~
文京台南町に隣接している道立自然公園野幌森林公園は、通称「原始林」とも呼ばれ、とても良い環境が溢れています。森林公園を訪れる人たちの自然観察の拠点となっている「自然ふれあい交流館」(大沢口)があり、通り抜けの交通量が少なく閑静な環境です。

~学生が集う文教の街~
文京台エリアには、酪農学園大学、札幌学院大学、北翔大学の3つの大学があります。各大学では生涯学習講座が行われており、スポーツ教室と共に子供から大人まで学生以外も大学を活用できる他には無い魅力の地域です(江別市にはこれに加え北海道情報大学があり全部で4つもの大学があります。大学の講座は文京台以外の人も利用できます)。また、このエリアは道立の研究機関などが集積している場所でもあります。道立埋蔵文化財センター、道立図書館のほか、道立食品加工研究センター、道立教育研究所、JAカレッジなどがあり一部一般利用も可能です。

○ワンポイント
背後にある原始林が静かな環境を保っていますが、JR大麻駅からは札幌まで快速で約10分と近い事は魅力です。国道12号での札幌市の厚別区へのアクセスも早く、各種大型商業施設も利用しやすい環境にあります。

文京台エリア ギャラリー

国道沿いにボウリング場やカラオケ

大麻駅周辺には飲食店・美容室

住宅街は緑に囲まれています

原始林の入口「大沢口」

大学のお膝元としての佇まい

広い道路も交通量は穏やか

エリア選択へ戻る

豊幌エリア

江別市で最も東側に位置するエリアで、農村と都市が行き交うエリアとなります。幹線である国道12号線で江別市街、岩見沢市街の両方へアクセスも良好。住宅街はJR豊幌駅が便利です。

~色々なエリア、各市町村との近さ~
江別市の江別太、美原とは、それぞれ夕張川、石狩川を挟んで接しています。美原大橋は新しく景観的にも江別のシンボルの一つでもあります。岩見沢市の北村地区、幌向地区、栗沢町、南幌町、新篠津村とも接しており、こういったエリアを通過するお仕事であれば、江別市の利便性を感じながら自然豊かで、JRでの札幌へのアクセスも利用できる魅力的なエリアと言えるでしょう。

~広い区画が人気~
石狩川、夕張川、幌向川など河川が身近な存在で、これらがもたらす豊かな自然を感じることが出来ます。歴史ある農業関係者と宅地としての居住を開始した住民との距離が近く、地域のお祭り等、ふれあいや一体感が高いエリアです。一つの区画が広く、リーズナブルなため、同じ江別市からもこのエリアに新築する人もいます。 

○ワンポイント
住宅街からJR豊幌駅が徒歩圏内で、豊幌駅~札幌駅は最速24分。道央自動車道・江別東インターも近く郊外という事を忘れる位、意外と移動が便利なエリアです。

豊幌エリア ギャラリー

雰囲気良いJR豊幌駅舎

駅前通りのコンビニ、飲食店

区画が広く緑に囲まれた住宅街

地域一体なお祭りは市内有数です

営農地と住宅区が自然にマッチ

地区センターでの公共サービス

エリア選択へ戻る

えべつのじかん

江別市ホームページにおいても「えべつのじかん」~江別市に暮らすためのナビゲートサイト~を開設しています。子育て・教育・住みやすさ・自然など、お役立ち情報を色々と掲載しています。

江別市HP えべつのじかんを見る


▼ 物件情報や関連サイト等へのリンク ▼

~ 物件情報 ~
外山不動産(江別市)

リンクのサイトへ

~ 物件情報 ~
賃貸ハウス(江別市)

リンクのサイトへ

江別市シティプロモート推進協議会HP

リンクのサイトへ

ずっと、もっと、えべつ(Facebook情報)

リンクのサイトへ

~ 物件情報 ~
アパマンショップ(江別市)

リンクへのサイトへ

~ 物件情報 ~
不動産ショップきりん

リンクのサイトへ

物件情報(不動産)サイト等で具体的エリアの位置等もご覧頂けます。江別市シティプロモート推進協議会のページでは、イベントやお店の情報を見る事ができます。是非アクセスしてイメージして下さい。

※参考画像

《エリア区分・資料》

※文字・画像が読みにくい部分はブラウザやスマホの表示を拡大して下さい。

《施設等 資料》

※文字・画像が読みにくい部分はブラウザやスマホの表示を拡大して下さい。