リサイクル セメントバッグ

ELEPHBO エレフボ

In Japan

メタセコイア並木(滋賀県マキノ町)

伊勢神宮内宮(三重県伊勢市)

波切漁港(三重県志摩市大王町)

秋の公園(三重県名張市)

大王崎灯台(三重県志摩市)

牡蠣の店 英次丸(三重県鳥羽市)

In Europe

ELEPHBOとは

エレフボの創業者となるスイス人のニコラス・ハクスレイは2011年にカンボジアへの旅行中、建設ラッシュに沸く街中で処理するにも行き場がなく放置されている資材の山を見て何かの可能性を感じ取った。

その閃きがリサイクルセメントバッグのヒントとなった。合成皮革等と組み合わせることでファッショナブルなバックパックやハンドバッグ、クラッチ、財布等の開発に成功し、2015年、ELEPHBO社が誕生した。

セメントバッグの特徴

①一つ一つがオリジナルで二つとして同じ製品はありません。微妙にデザインに差が出るのが面白い。

②材料のセメント袋は予想を超えて頑丈です。雨に濡れても破れることはありません。

③ユニークなデザインはエレフボの真骨頂で他にはありません。必要十分なポケットを備えており機能性も抜群です。

④貴方のご購入が、カンボジアの環境問題の改善と人々の雇用に貢献しています。

リサイクルセメントバッグが出来上がるまで

カンボジアでは、セメントパウダーはしばしば袋に詰めて輸送されます。 建設現場では最終的な形でセメントを製造するために水と混合します。 しかし、残った袋はどうなるのでしょうか?

使用済みセメント袋を拾い集めます。廃棄物処理能力の欠如は環境を害し人々の暮らしにも悪影響を与えます。私たちは現地の請負業者と協力して使用済み袋を回収しています。

集めた全ての断片を洗って化学薬品を使わずに処理します。 その後、カンボジアの熱い太陽の中で乾燥させ、運搬が容易な大きさに切断します。

材料が集まり、輸送の準備ができました!

生産工程に入ります。皮革、繊維、ファスナーなど全ての必要な材料は厳選されたサプライヤーを選択し、当社の品質と公正な取引基準を満たしています。

ヨーロッパとアジアで選ばれたパートナー企業と協力して生産しています。これらのパートナーは長年の実績を誇り、高いレベルのフェアトレードと品質に対応できます。 生産パートナーは公正な労働条件のために外部の第三者によって管理されています。

エレフボ イントロダクション

ELEPHBO製品
ラインアップ

 

Rolltop Rucksack
(Green Tiger / Blue Eagle / Red Elephant)
Handbag Lovely(右)

大容量の23Lを誇るRolltopは荷物が多めの方にも重宝されます。Lovelyはとても可愛いデザインが魅力です。

Rucksack Multi
(Yellow Camel / Blue Eagle / Green Tiger / Red Elephant)

オーソドックスな形状ですが、随所に革とエンブレムが施されており、高級感に溢れます。内側もipad・スマホ・ペン専用のポケットが備えられており、機能性も抜群です。

Rucksack Cutie
(Yellow Camel / Blue Eagle / Green Tiger / Red Elephant)

女性や子供向けに最適なリュックサックですが、高級感はMultiと変わりません。奥行があるので容量が大きく、意外と多くのモノが入ります。旅行でも普段用としても愛用できます。

背面デザイン

背面にもセメント袋のデザインがそのまま使われていますので、どの角度から見てもその個性は際立っています。

商品のお問い合わせは
シルクレイン株式会社まで

会社概要

社名 シルクレイン株式会社
代表者 代表取締役 北村友宏
所在地 三重県名張市東田原1135-93
TEL/FAX 0595-48-7400 / 0595-48-7402
Email(お問合せ) rainforestsky43@gmail.com
TEL/FAX 0595-48-7400 / 0595-48-7402