あなたの
  DreamRoad
 歩きませんか

  この記事は    
 4分で読めます

自己紹介
初めまして!
私は現在事業家として活動中の
"あおやぎまさと"と申します

どんな人?と思われる方もいると
思いますので少し簡単な自己紹介を
させてください

僕は小さい頃は自由奔放でよく外で
遊び回っている楽しい事が大好きな
幼少期でした

中学を卒業しましたが高校は中退しました
その後、夜間学校を無事に卒業して
晴れて社会人となり就職もできました

しかし、そこで待っていたのは楽しい
社会人生活ではなく借金ギャンブル
という沼にハマった生活でした

ドロ沼生活

20歳でホテルマンとして働いてた私は
ある日、先輩社員に「将来どうするの?」と
唐突にきかれたのですが質問に対しての
答えは全くありませんでした

気がつけば私は勧誘されてたんです
しかも、当時の私は無知だったんです

クレジットカードで買い物をして
誘われるがままに一緒に行動していました

そして、追い打ちをかけるかのごとく
年輩社員の方々からのギャンブルの誘い

勝ってしまうことで一喜一憂した私は
そこからドロ沼生活へとはまっていく
こととなりました

ー借金地獄ー

そこからの私はあれよあれよと
いう間に借金生活になりました

仕事で収入として稼いだお金も
ギャンブルという無駄なことに
お金を費やしてしまったのです

親の手を2度も借りておきながら
せっかく返したお金もまた、借りて
ギャンブルをしてました

その後は勤めていた会社をやめて
その会社の上司の方とは縁を切りました

先輩社員の方とは共に続けていましたが
折り合いがあわず、結局は切られました

そんな20代で30代になってもこの借金の
無限ループは続いて、日々苦悶の生活を
送るようになってました

そして、40代を迎えた4月のある日に
私の父親が亡くなりました

私は悔やみました。何も恩返しが
出来ず、何もしてやれなかった
自分を責めたりもしました

同時に母親の認知症も発覚したのです。
身内からは父が亡くなったのはお前の
借金のせいだ!なんてことも言われました

そして、父が亡くなって3年後!
私に思いもよらない転機が訪れたのです

人生の転機

それはTwitterのDMから始まりました
その頃、仕事が悪化してコロナの流行も
あって仕事が休業になりました

そんななか、過去の自己開示を
固定ツイートにしていたところ
私にDMがきました

『あおやぎまさとさん! こんにちは』

このDMが私の人生の転機になりました
SNSで知り合った女性の方から届いた
1通のDMから大きく私の人生観が変わり
始めていったのです

パソコン1つで叶えられる夢

そこには"本物"がありました
仕組みからの権利収入の構築

一過性のものでもなく
小手先のテクニックでもない

長期に渡って権利収入を
構築できる
一切の曇りのないビジネスが
一流のマインド
稼ぎ方が何一つ隠すことなく
惜しげもなく披露されていました

決して短くない人生をかけて
模索し続けていたものが
ここにあったのです

私の価値観はぶっ壊され
出会った瞬間"人生観"が
変化していくのを感じました

これほどまでに圧倒されるものに
出会ったのは初めてでした

開いた口が塞がらないというのは
こういうことを言うんだな。と 

あの時の衝撃、興奮は一生忘れません
企画に参加してからは
発見、学び、感動の連続でした。

一流のビジネスを学べる環境が
これほどまでにないほど整っていました

サポートは手厚く、本気で

こんなにも緻密で精巧に作られた
仕組みは他では見たことがありません

アフィリエイトのような
単発売り切りではなく

不動産収入のような
「継続収入」「権利収入」
いったん構築してしまえば
好きなことをしていても
入ってくる収入です。

そして同じビジネスモデルでも
企画によってこれほどまでに
違うとは思ってもいませんでした

ここは”本当の意味で自立できる大人の集団”

間違いなく"本物"です

応募資格

・18歳以上の方(大学生可)
・インターネット環境が整っている方
・スマートフォン、パソコンを所有している方
・主体性をもち自発的に行動できる方
・最低限のマナー、礼儀が備わっている方
・本当の意味で豊かになりたいと思っている方

活動内容

・特別なスキルは不要
・WEB上で企画のPR広告紹介
・SNSを扱うことができれば十分
(Facebook、Twitter、Instagram、LINE)
・活動時間、活動場所はあなた次第
*自分なりにアレンジすることが可能
私も最初は悩みました。

過去に経験したことは

いまでも忘れることは

ありません。

でも、このビジネスの世界に

飛び込んで得たものは

多くの仲間たちと

素直に笑っていられる

笑顔

これに尽きます。

最後に

私は母の笑顔が
見たくて母に恩返しをしたくて

勇気
これを胸に飛び込みました
今では参加して楽しい
日々を送ってます。

あなたも一歩踏み出す
勇気
これを持って歩んでほしいと
願ってます。

私でよかったらそのお手伝いを
させて下さい。
この上質な環境であなたを
お待ちしております。

最後まで
お付き合い頂きありがとう
ございました。


直接連絡を希望の方は下記のボタンの
”Twitter”のDMからご連絡下さい