熊谷市の暮らしやすさとは?
おすすめの注文住宅会社について

熊谷市と言えば「暑い場所」というイメージの方が強いかもしれません。しかし、埼玉県は全国の中でも「暮らしやすい」という評価を高く受けている場所なのです。今回は埼玉県熊谷市の暮らしやすさや、おすすめの注文住宅会社について紹介していきましょう。

熊谷市の暮らしやすさについて

こちらでは、熊谷市の暮らしやすさについて見ていきましょう。どのようなポイントが暮らしやすいと考えられているのか知ることで、より熊谷市のことを深く感じられるのではないでしょうか。

 ・アクセスが良い

都内へのアクセスが良いのも特徴的です。通勤や通学で困ることもないのでアクセス面で不便を感じることはありません。群馬や長野上越なども車で行きやすい特徴があります。

 ・自然が豊か

適度な田舎感があり、自然が豊富です。水も綺麗で他のエリアよりも美味しいと感じる人も少なくありません。自然が豊かなので子育て環境も良いと思われます。

 ・飲食店などが充実している

街としての規模が大きく、公共施設や飲食店などが充実しています。そのため生活面で困ることはほとんどないと言えるでしょう。ただ、場所によっては人が多く集まるので騒がしさを感じることもあるようです。

熊谷市で暮らしにくいと感じる部分とは?

基本的に暮らしやすさの方が大きい熊谷市では、若干暮らしにくさを感じる部分もあります。こちらでは、どのような暮らしにくさがあるのかについて見ていきましょう。

 ・駅までの移動手段が少ない

駅からのアクセスは良いのですが、自宅から駅までの通勤手段がないと答える人が多いです。特に駅から離れれば離れるほど移動手段が少なくなるので、移動面で困る人がいます。現在は多少改善されてはいますが、不便を感じさせないとまではいかないようです。

 ・温度差が激しい

熊谷市は朝晩の温度差が激しいと言われています。夏は暑く冬は寒いので、気候面での不便さを感じさせます。ただ、注文住宅でカバーできる部分もあるので不便さだけが残るわけではありません。

 ・支援センターが少ない

子供を遊ばせる場所が少ない特徴があります。支援センターが他のエリアと比較すると圧倒的と言っても過言ではないほど少ないので、別の市まで行く人も多いようです。子育て環境改善などが積極的に勧められているので、将来的にはなくなる不便さかもしれません。

防災面に関してチェックするにはどうすればいい?

日本は地震が多く、災害で悩まされることも少なくありません。こちらでは防災に関して知るための方法について見ていきましょう。

 ・ハザードマップ

一番良いのは地域のハザードマップを確認することです。熊谷市は災害に備えるための防災ハザードマップを公開しているので、地震や洪水などの影響をどの程度受けるのかなど調べることができます。

 ・防災無線

災害情報などがタイムリーに伝えられる防災無線でもチェックができます。熊谷市では防災無線の内容をメール配信しているので無線が届かない場所でも内容確認ができます。しかも、メール内容をホームページで確認できるのでそれぞれに合わせた確認方法ができるのです。

 ・SNSを利用する

Twitterなどではさまざまな情報が集まっています。何かあった時の情報収集はSNSの方が早いと言われる部分もあるほどです。熊谷市も公式アカウントを開設しているので、さまざまな情報を知ることができます。Twitterアカウントを持っている人は、熊谷市のアカウントをフォローしておくことで自然に情報収集ができるのです。

熊谷市でおすすめの注文住宅会社

熊谷市にはさまざまな注文住宅会社があります。こちらでは、実際に建てた人たちからの評判が高い住宅会社について見ていきましょう。

 ・平屋住宅

生涯変わらないライフスタイルを送れるデザイン、をコンセプトにしている会社です。年齢を問わず誰でも暮らしやすさを実感できる注文住宅を心掛けています。

 ・大和屋

創業190年の歴史を持つ注文住宅会社です。埼玉県産の優良木材である西川材を使用しちるので高品質の注文住宅が期待できます。人と環境に優しいエコハウスを提供する会社として、熊谷市以外からも注目されている住宅会社です。

 ・サンエルホーム

ローコスト住宅に特化した会社です。ローコストにこだわっていることで若い世代でもマイホームを持つことが夢ではありません。コンパククトだけど安くて暮らしやすい住宅を建ててくれる会社です。

熊谷市にある他の注文住宅会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

熊谷市は暮らしにくさもありますが、暮らしやすいポイントが多くあります。
注文住宅を検討している人は優良会社も多いのでしっかり比較してから決めるようにしましょう。
住宅会社の特徴や強みをしっかり把握して比較検討することが
後悔のないマイホームへの第一歩です。