第一回睡眠文学大賞決定!

第一回睡眠文学大賞には492篇の応募があり
選考の結果、下記のように決定いたしました。
受賞作品は、iOSアプリのnumina上で音声コンテンツ化の予定です。

【第一回睡眠文学大賞 当選作】
「ねむれねむれ、とクジラは歌った」(ペンネーム:くもり)

日本の睡眠負債の問題に、言葉の力で立ち向かうために ​​
人々を眠りに誘う作品を募集します


日本は、一番睡眠が不足している国
OECDの報告によると、日本は先進国の中で「一番睡眠が不足している国」になっています。スマホの普及などを背景に、人々の睡眠時間は年々短くなっており、結果として、ストレスの増加や生活習慣病のリスクなど、様々な悪影響が出ています。
言葉の力で、人々を睡眠に誘う
あなたは本を読んでいて眠たくなった経験はありませんか? ストーリーを聞いていると、徐々に心地よい気持ちになり、眠たくなっていく。私たちは、そんな睡眠の導入に特化した作品を「睡眠文学」と名づけ、「睡眠文学大賞」を開催することにしました。言葉の力で、日本の睡眠負債の問題に立ち向かう。そんな作品を、広く募ります。
主催者(numina)について

今回、「睡眠文学大賞」を開催するのは、スマホアプリnuminaの開発チームです。numinaは、睡眠導入の音声コンテンツや、マインドフルネスの音声コンテンツを配信するアプリです。今回、大賞に選出された作品につきましては、アプリ内での音声コンテンツ化と、配信を予定しております。(iOSアプリはこちら


眠りに誘う文章のポイント

  • 落ち着いた雰囲気のお話しだと、眠たくなるかもしれません。スリルやドキドキ感があると、続きが気になって、逆に眠れなくなってしまいます

  • 難しい言葉が登場すると、お話に没入できなくなるかもしれません。音声コンテンツ化を前提としているため、音だけで理解できる易しい言葉の方が、わかりやすくてよいかもしれません

  • 学校の授業を聞いていて、眠たくなったことはありませんか? 私は、あります。つまらない話を聞いていると眠たくなりますが、退屈なお話だと、そもそも誰も聞こうとは思わないので、一定程度の面白さは必要かもしれません

応募方法

応募期間 2020年3月20日~2020年5月10日
求める作品
人々を眠りに誘うような作品を募集します。
作品のテーマやスタイルなどは自由です。
作品形式

下記項目を記載した、PDFファイルもしくはMS Wordファイルを作成の上、ご提出ください

・1)ペンネーム(10字以内)

・2)タイトル(20字以内)

・3)あらすじ(100字以内)

・4)原稿(4,000-8,000文字)

提出方法 numina運営(info@numina.jp)まで、電子メールにてご提出ください

メールについては、下記の形式で作成いただき、作品のファイルを添付してお送りください
・件名:【睡眠文学大賞】作品の提出
・本文:
 ・お名前(ペンネーム):
 ・返信用メールアドレス:
 ・電話番号:

ご提出いただいてから3営業日以内に受領確認のメールをお送りいたしますので、そちらをもって応募完了とさせていただきます。(受領確認のメールが届かない場合は、再度info@numina.jpまでメールをお送りいただくか、080-5686-2843までお電話いただけますと幸いです)
賞品 大賞10万円・スマホアプリnumina内で音声コンテンツ化
応募条件 ・プロアマや年齢問わずご応募可能です
・本キャンペーンの応募規約にご同意いただいた方。なお、応募された時点で本規約に同意したものとみなします。応募規約については、こちらをご覧ください。
結果発表 2020年7月10日(本HPにて)
※ 当初の想定を大幅に上回る数のご応募(492作品)を頂いた関係で、十分な検討の時間をとるために、発表を2020年6月1日から変更させて頂きます。お待たせすることになってしまい、申し訳ございません。
提出方法 numina運営(info@numina.jp)まで、電子メールにてご提出ください

メールについては、下記の形式で作成いただき、作品のファイルを添付してお送りください
・件名:【睡眠文学大賞】作品の提出
・本文:
 ・お名前(ペンネーム):
 ・返信用メールアドレス:
 ・電話番号:

ご提出いただいてから3営業日以内に受領確認のメールをお送りいたしますので、そちらをもって応募完了とさせていただきます。(受領確認のメールが届かない場合は、再度info@numina.jpまでメールをお送りいただくか、080-5686-2843までお電話いただけますと幸いです)