任意整理で減額される借金はどのくらい?減額されない時の対策も

任意整理とは、貸金業者との交渉で債務額や月々の返済額を減らす手続きのことです。

弁護士や司法書士に依頼して任意整理を行うにあたり、「本当に借金が減額されるの?」と疑問だと思います。

こちらでは任意整理で借金が減額する仕組みや、減額されない時の対策について説明します。

任意整理で減額される借金はどのくらいなの?

任意整理で借金がどれだけ減るのか、一番に気になるところですよね。

わざわざ専門家に依頼したにも関わらず、以前と借金が変わらなければ意味がありません。

個人の借金の状況や弁護士の交渉力で変わりますが、借金が減る仕組みは次の2つです。

グレーゾーン金利で借金をしていた

グレーゾーン金利とは、20%までの利息制限法の金利を越えているが、29.2%の出資法よりも低い金利だとして罰せられない金利を指します。

この法律の抜け穴をついてお金を貸している貸金業者がありましたので、過払い金が発生している方は少なくありません。

しかし、平成18年度にグレーゾーン金利問題が解決されて、過去に払いすぎた利息を業者に請求して回収できるようになりました。

つまり、29.2%の出資法でお金を借りていた期間が長い人ほど、任意整理で過払い金請求をして借金が減額される可能性が高いのです。

2010年以前に消費者金融で借り入れした人の多くは、グレーゾーン金利で余計な利息を支払っていたことになります。

過去にさかのぼって金利を見直せば過払い金が返ってきますので、結果的に任意整理で借金が減額されるわけです。

今後支払う予定だった利息をなくす

任意整理を行うにあたり、次のように考えていませんか?

  • 自分は過払い金が発生していないから借金は減額されない
  • 借りている期間が短いから任意整理をしても意味がない

しかし、過払い金が発生していない人でも、任意整理で過去の利息と現在の利息を引き直すと借金を減額できます。

元金と利息の割合は借り入れた金額や返済額、業者が設定している利息で違いがありますが、半分以上を利息が占めているケースは少なくありません。

任意整理では今後支払う予定だった利息をなくす手続きができますので、借金が元金だけになって完済までの期間が短くなりますよ。

任意整理で減額されない時の対策

債務整理の一つである任意整理は法律で定められた制度ではないため、あくまでも貸金業者と債務者の交渉で今後の返済計画が決まります。

つまり、貸金業者が応じなければ任意整理をしても借金は減額されません。

グレーゾーン金利の過払い金は交渉の余地もなく減額の対象になるのに対して、将来利息のカットについては交渉に応じてくれない貸金業者がいるのも事実です。

そこで、確実に借金を減額したい場合は、交渉力の高い弁護士や司法書士に相談するのがおすすめです。

債務整理に強い弁護士が在籍している事務所に相談すれば、過払い金が発生していなくても今の借金を減額できる確率は高くなります。

任意整理は自分でもできますが、素人では次の点を把握することができません。

  • 自分がどの程度の借金なら返済できるのか?
  • どこまで借金の減額を希望するのか?
  • そもそも任意整理以外の債務整理で解決を図るべきなのか?

ある程度の知識を持っていないと、不利な条件を突きつけられたまま貸金業者と和解契約することになりますので、注意が必要です。

実際に任意整理に詳しい専門家に相談してみないと分からない部分が多いため、借金を減額したい場合は弁護士が在籍している事務所に無料相談をしてみてください。

たった1分でできる借金の無料診断

・借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断

・全国対応かつ個人情報厳守なので、家族や会社にバレない

・診断において実名や住所を一切知らせる必要がないので安心

最後のまとめ

任意整理でどのようにして借金が減額されるのか、おわかり頂けたでしょうか?

個人の状況によって大きく変わりますので一概には断言できませんが、グレーゾーン金利で借金をしていた人は貸金業者に過払い金請求ができます。

過払い金が発生していない人でも、交渉によって将来的に支払うはずだった利息を任意整理でカットすれば、元金だけになって完済までスピードアップできるわけですので、メリットの方が大きいです。

任意整理は最終的な返済額を減らせる心強い手続きですので、借金の悩みを抱えている方は早めに専門家に相談してみてください。