【添乗員同行】
オーストラリア旅行ツアーを解説&比較!
格安価格で予約する裏技

添乗員同行のオーストラリア旅行ツアーを簡単に解説!
  • 海外旅行は初めてという方
  • ご年配の方
  • 予算に限りがある方
  • 英語に自信がない方
も、このサイトを見れば大丈夫!
オーストラリア旅行の基礎や、予算や日数別にツアープランを比較できる便利サイトまですべてご紹介します!

オーストラリア旅行の最安価格をラクラク比較♪
詳しくはコチラ≫

オーストラリアとは?

オーストラリアは、オーストラリア大陸とタスマニア島などの周辺の島々からなる連邦国です。
面積は約770万キロ平方メートルと世界第6位の面積を有しますが、人口は日本の5分の1の約2400万人しかおらず、自然豊かな大地が広がる国です。

首都キャンベラはもちろん、2大都市シドニーとメルボルン、日本から最も近く自然豊かなケアンズ等、近代都市として盛んな地域も自然豊かな場所も多くあるため、観光地として有名です。

オーストラリアは、古くから多様な民族を受け入れていることから、様々な文化が融合し独自のスタイルを作り上げてきました。異なる民族に慣れているため、観光客にも優しい国でもあります。

日本の真南にあることからも分かるように、日本とは季節が逆で、10月から3月ごろまでが夏、6月から8月ごろまでが冬です。日本の暑い夏は、避暑地として、寒い冬は、避寒地としてオーストラリアに訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

添乗員付きのオーストラリア旅行にかかる金額は、朝食付き・燃油サーチャージ代込みで、5日間で約150,000円~200,000円が目安金額です。
(シーズンや燃油価格の変動によって、最大金額が変わる場合もあります) 

東京発(羽田発・成田発)・中部国際空港発・関西発・福岡空港発…
など、各地の航空会社を利用した様々なツアープランが各旅行会社から提供されています。

東京成田空港からオーストラリアで最も日本に近いケアンズまでは、直行便で約7時間半ほどで着き、1時間程度の時差(東海岸のゴールドコーストではプラス1時間、西海岸のパースではマイナス1時間)しかないため、時差ボケもほとんどなくスムーズに観光がはじめられます。

人気のオーストラリア観光スポット

・オペラハウス
オペラハウスには、オーケストラの演奏やオペラの上演ができるオペラシアターや、ドラマシアターなど、大小5つの劇場があり、年間を通して1600以上のショーが上演されます。
2007年には世界遺産にも登録され、近代的建築物として、シドニーを代表する観光スポットでもあります。

チケット購入は、オペラハウスを検索し、サイトから予約が確実ですが、空席があれば現地でも購入可能ですので、シドニーに旅行に行った際は、ぜひ世界最高峰のショーを見に訪れてみてください。

・カランビン ワイルドライフ サンクチュアリー
オーストラリアの代名詞とも言えるコアラやカンガルーを含めた1400種類以上の動物が住んでいる動物園です。
動物たちは、自然とほぼ同等の環境で暮らしており、野生動物にも思えるほど自由に過ごしていますが、コアラの抱っこや写真撮影も行えるため、動物と触れ合いたいなら必ず行くべき観光地です。

・エアーズロック
エアーズロック(ウルル)は、オーストラリアの真ん中付近にあることから、「地球のへそ」「大地のへそ」ともいわれています。

広大な砂漠に堂々とした姿を見せるエアーズロックは、周囲約9m、高さ348mの世界最大級の「岩」で、世界自然遺産にも登録されているスポットです。
元々赤い岩がさらに真っ赤に染まるサンセット(日の入り)は、幻想的な光景を醸し出し、まるで地球ではないかのような感覚に陥ります。

・メルボルン
メルボルンは、世界で最も古い展示場「ロイヤル エキシビジョン ビルディング」や野菜や衣料品、日用雑貨まで1000件以上の店が並ぶ「クイーンビクトリアマーケット」など近代都市と称され、華やかなシドニーとは反対にどこかゆったりとした空気が流れる街です。

夜間飛行制限のない24時間運用の国際空港や鉄道、海上などのインフラ整備が整っており、世界一住みやすい街とも称されます。
そのインフラ整備に伴い、外国人観光客が増え、多様な文化が入ってきたため、歴史的建造物はもちろん、ホテルやショッピングセンターなども充実し、観光客にとっても過ごしやすい街です。

・ケアンズ
ケアンズは、1年を通して温暖な気候で海も山も堪能できる自然豊かな街です。眼下にサンゴ礁が広がるグレートバリアリーフと世界最大の熱帯雨林キュランダは見るものを圧倒する迫力があります。

ケアンズでは、日本では見られない南半球ならではの南十字星など、満天の星空を見ることができるので、一泊からの滞在をおすすめします。

オーストラリアの観光スポットをもっと見る≫

人気のオーストラリアグルメ

オーストラリアは、移民が多いため「オーストラリア料理」と言われるものはありませんが、その分、他国の料理を発展させた美味しいグルメがたくさんあります。
その中でも、現地を観光した人の中でも、特に人気のグルメをご紹介します!

・フィッシュ&チップス
海で囲まれ、美味しい魚が捕れる島国オーストラリアで食べられる定番料理です。
おやつにも主食にもなるフィッシュ&チップスは、揚げた魚にフライドポテトを添えたシンプルな料理。シンプルだからこそオーストラリアで捕れる魚の味がしっかり分かる美味しい一品です。

・ミートパイ
手のひらサイズのミートパイは、ファーストフードとして人気があります。
パイ生地に大きくきられたお肉やミンチのお肉が敷き詰められた食べ物ですが、最近ではカレー味や野菜だけのパイがあったりと種類も豊富です。ミートパイは、どこのお店へ行っても見かけるほど、オーストラリア人に愛され他料理です。

・ラムチョップ
牧羊が盛んなオーストラリアでは牛肉と同じくらい頻繁に食べられるラムチョップ。オーストラリア人が大好きなBBQで出されることが多く、塩コショウ等で味付けした羊肉を焼くだけのシンプルな料理です。

あばら骨がついたまま食べるラムチョップは、ボリューミーで独特なにおいと風味があります。

・ベジマイト
チョコレートのようなペースト状の見た目で、パンやクラッカーに塗って食べる物です。
一見、甘いジャムのようなものかと思えば、蓋を上げた瞬間感じる独特なにおいと、味噌のようにしょっぱい味は、オーストラリア人の家には必ず常備されている食品です。

日本人にとってはあまりなじみのない味ですが、オーストラリアに行くなら試してみるのもいいのではないでしょうか。

・ルーミート
ルーミートとは、カンガルーのお肉のことを指します。
カンガルー肉は、スーパーでも普通に売られているほどオーストラリアでは好まれている食品で、主に、ステーキやソーセージとして食べられます。
多少独特の臭みがありますが、赤身が多くやわらかい食感で牛肉と似た味なので、日本人にも受け入れられやすい食べ物です。

オーストラリアならではの食べ物なので、旅行に行った際は是非一度味わってみてください。

人気のオーストラリアグルメをもっと見る≫

添乗員同行オーストラリア旅行ツアーの口コミまとめ 

初めての海外旅行。
添乗員さんのお陰で安心して楽しめました

私も妻も気が付けば還暦。「長年支えてくれてありがとう」と妻に感謝の意を込めて、海外旅行をプレゼントしました。初めての海外旅行に選んだ場所はオーストラリア。英語はしゃべれないのでガイドさんと添乗員さんが付いたツアーを選びました。
旅行前は、楽しみという気持ちの反面「言葉の問題」を考えると、不安も大きかったのですが。
いざオーストラリアにつくと、美味しい食事やきれいな景色、日本では味わえない異国の様々な魅力に圧倒されました。初めての海外旅行がオーストラリアで、本当によかったと妻も私も感激。
また「言葉の問題」ですが、買い物などの際は、添乗員さんが英語を日本語に通訳してくれたおかげで滞りなく楽しむことができました。娘夫婦や孫へのお土産を一緒に考えてくれた添乗員さんには頭が下がりません。楽しい旅行を、ありがとうございました。叶うなら次回も是非、同じ添乗員さんにお願いしたいです。
(栃木/60代/男性)※写真はイメージです

笑顔の絶えない5日間でした

息子が8歳、娘も5歳になったので、そろそろいいかな?と思って念願の海外旅行にオーストラリアを選びました。本当は新婚旅行で海外へ行こうと思っていたのですが、子供にも外国の景色を見せたい!と思って、ずっと楽しみにしていました。
私が参加したツアーは、シドニー市内(セントメアリー大聖堂・ハイドパークバラックス・キングスクロス・ミセスマッコリーズポイント・ハーバーブリッジ・オペラハウス・ロックス散策、世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園などを5日間で旅するツアーでした。
添乗員さんが同行してくれるツアーなので、ガイドさんと添乗員さんの英語の通訳はもちろん、「ありがとう」や「こんにちは」などの簡単な英語も教えてくださいました。そのお陰で、息子も娘も初めてオーストラリアの人とコミュニケーションを交わせたときは本当にうれしそうで、私も旦那もすごく感動しました。
子供を連れて海外旅行、大変そうなイメージですが、本当に楽しかったです。
家族で共有する素敵な思い出がまた一つ増えて、本当に良かったです。日本に帰ってきてから、旦那は「次どこ行く?」ばっかり言っています。笑
早ければ来年にでも、今度は別の国へ家族旅行に行きたいと思います!
(静岡/30代/女性) ※写真はイメージです

一生忘れられない思い出ができました

彼女と付き合って5年目、プロポーズもしたいし、思い出に残るところに行きたい!…ということで、海外旅行が趣味な友達がすすめてくれたオーストラリアへ行きました。
オーストラリアに行く前、彼女は「治安が不安」「言葉通じる?」と不安がっていたので、添乗員つきのツアーを申し込みました。
実際オーストラリアに行くと、安全なコースを回ってくれたお陰か治安の悪さも感じなかったし、英語で話すガイドの言葉を翻訳してくれたので、安心して旅行を楽しめました。
あと、彼女はオーストラリア系の雑貨が好きなので、添乗員の人におすすめのお土産屋さんとか教えててもらって、自分よりオーストラリアを満喫してると思いました。
プロポーズですが、行きの飛行機の持ち物検査で指輪が彼女に気づかれないかヒヤヒヤしたけど、無事に成功しました!
添乗員の人にこっそり聞いたら、ビビッドシドニーでのクルーズが一番お勧めらしいので、夜景とネオンの中でプロポーズしました。一生忘れられません!
食べ物も空気も美味しかったし、オーストラリアの人もみんな優しかったので、絶対にまた行きたいです。
(東京/20代/男性)※写真はイメージです

添乗員同行オーストラリア旅行ツアーの感想で多かったものは…

添乗員同行のオーストラリア旅行ツアーに参加された方にアンケートを行ったところ、感想として多かったのは以下の通りでした。

1.添乗員同行だから安心感があった
初めて海外旅行に行かれた方に多い感想でした。
  • 安全なコースをまわってくれた
  • 出発から到着まで一緒なので、心強かった
  • ツアーに関する質問にやさしく答えてくれた
  • 現地に詳しい人がいるのは心強かった
などの声が寄せられています。

2.添乗員の下調べや申し込みのお陰でスムーズな行動ができた
添乗員とは現地を案内してくれる「ガイド」とは違い、ツアー客の旅程管理を行う人です。そのため、
  • 添乗員さんが美術館に予約してスムーズに手続きしてくれたおかげで、ゆっくり観光することができた
  • 海外の土産物屋はぼったくりが心配だったけど、添乗員さんがしっかり調べてくれたおかげで気兼ねなく、適正な料金でショッピングを楽しめた
  • お店の営業時間までしっかり把握してくれて、安心できた
という声が多かったです。

3.言葉の不安がなくなった
現地ガイドの中では、日本語ではなく英語のみでガイドを行う方もいます。
そこで、「英語が不安」という方に、日本語と英語の通訳をしてくれる添乗員さんも多いです。
また、現地の基本的な挨拶を教えてくれる添乗員さんもいます。
  • 買い物中に代金の額がわからないとき、添乗員さんが英語でお店の人に聞いてくれた
  • ガイドさんの英語が聞き取れないとき、日本語でやさしく通訳をしてくれて安心できた
  • 子供に簡単な挨拶を教えてくれた
などの声が寄せられています。

口コミから、添乗員さんのお陰で円滑にオーストラリア旅行を楽しめた様子が分かりますね。

添乗員同行のオーストラリアツアーを一括比較してみる≫

オーストラリア旅行ツアーを最安価格で予約する裏技!

数ある旅行サイトの中から、最も自分に合った旅行プランを探すのは非常に困難…。
そういった方のために、様々な旅行サイトの添乗員同行ツアープランを一括で比較できる、便利でお得なサイトをご紹介いたします!

ポイント1:添乗員同行ツアーに特化!

ほかの海外旅行サイトは、「添乗員同行」といっても、結局は添乗員同行とそうでないツアーをごちゃ混ぜに紹介してくることも多々…。
しかし、「テンツキ」は添乗員付きツアーに特化したサイトなので、紹介しているのは添乗員同行のツアーだけ!
安心して添乗員同行の海外旅行を探すことができます!

ポイント2:各社のオーストラリア旅行ツアー情報を一括比較!

海外旅行サイトは多数あって、自分の予算や希望に沿ったツアーを選ぶのは大変。
そこで、添乗員同行ツアーの専門サイト「テンツキ旅行」でオーストラリア旅行を検索すれば、様々な旅行会社の添乗員同行オーストラリア旅行ツアープランを一括で比較することができます!

ポイント3:サイトが見やすくて分かりやすい!検索も簡単♪

添乗員同行ツアーの専門サイト「テンツキ旅行」は、
  • 行きたい方面
  • 予算・日程
  • フリーワード
の3つから添乗員同行旅行プランを簡単検索!
画面が見やすくてインターネットが苦手な方でも大丈夫。
海外旅行初心者の方にも、わかりやすいサイトになっています!

「行きたい」がきっと見つかる。まずはお気軽に検索から♪
テンツキ旅行というサイトでは、
コストパフォーマンスの優れた格安ツアープランから、
少人数でゆったりと旅ができる快適な旅のプランまで、
様々な添乗員同行の旅行プランを比較することができました!
まずはお気軽に、行き先や予算に合わせたツアープランの検索をはいかがでしょうか?
※管理人も使用しましたが、サイトに利用料はかかりません。
※旅行プランの検索に個人情報の入力は必要ございません。