つわりの種類や軽減のための
工夫とは?

女性が妊娠をすると「つわり」に悩まされる人が多いでしょう。つわりと言っても、さまざまな種類があります。今回は、つわりに関する悩みや種類、軽減のための工夫などについて紹介していきましょう。

つわりに関する悩み

つわりは妊娠中の女性にしか起こらないものです。そのため、なかなか周囲に辛さが理解されずに悩んでいる人も多いです。こちらではつわりに関する悩みを見ていきましょう。

・だらけていると言われる
男性に理解されづらいつわりは「寝つわり」です。名前の通り、急激な眠りに襲われて家事もままならない人もいます。しかし、パートナーから「眠くなるなんて怠慢」「だらけている」という言葉で傷つけられる女性も少なくないようです。

・他のつわりと比較される
一般的なつわりと言えば「吐きつわり」です。食べても常に吐いてしまうため、栄養補給などもしづらくなります。逆に、食べないと気持ち悪さを感じるものが「食べつわり」です。食べつわりも軽視されがちで「食べるだけでいいんだ」と楽観的な考えを持つパートナーも少なくありません。

・長期間のつわりに悩まされる
つわりと言えば、一定期間が過ぎれば落ち着くものという考えを持つ人が多いです。確かにそれは間違いではありません。しかし、つわりにも個人差があるのです。例えば、よだれつわりなどは臨月付近まで悩まされている人もいます。長期間のつわりによって、精神的に疲弊する女性も少なくありません。

つわりの種類

先述したように、つわりには複数種類があります。こちらでは、一般的な吐きつわり以外のつわりについて見ていきましょう。

・匂いつわり
ご飯のニオイで吐き気を催す人もいるでしょう。これは、匂いつわりの特徴です。特に暖かな食事の匂いを苦手とする傾向があります。そのため、食事を冷ましてから食べるなどの工夫が必要になるようです。

・寝づわり
睡眠不足で眠くなるというわけではなく、睡眠時間をしっかり取っていても睡魔に襲われてしまうというものです。そのため、集中力が低下して家事などもままならなくなります。仕事をしている人、子育てをしている人などにとってはもっともつらいつわりです。

・よだれつわり
比較的少数だと言われているものが、よだれつわりです。名前の通り、寝ても覚めてもよだれが溢れてしまうという特徴があります。唾液の分泌量が増えてしまったことによることが原因だと言われています。よだれつわりの場合は、体内の水分が大量に失われてしまうので、しっかりと水分補給をしないといけません。

つわりを軽減させるためには?

つわりはいくつかの方法で軽減効果が得られると言われています。ただ、軽減効果には個人差があるので人によってはあまり軽減されていないという人もいるようです。

・アロマセラピー
匂いつわりなどに悩まされている人は、アロマセラピーなどがおすすめです。嗅覚を刺激することで、吐き気を抑える効果が期待されています。アロマの香りは脳への刺激を高めて、自律神経を整える効果も期待できるのです。そのため、身体の不調を改善できたという人も少なくありません。

・マッサージ
一般的なマッサージ施設ではなく、妊婦さん専門のマッサージ施設があります。そういったところで骨盤の動きなどを見てもらうことで、体調改善に繋がる場合があるのです。骨盤のゆがみは出産にも影響するので、安産のためにも一度はケアをしてもらった方がいいでしょう。

・食生活
つわりを軽減させるためには、ビタミンB6が含まれているゴマやマグロ、卵黄や玄米などがおすすめです。これらは吐き気を予防する効果が期待されています。このように、食生活によるつわり改善も試してみましょう。

つわり軽減のためのおすすめ施設とは?

自分流では上手くつわり改善がされないという人は、専門家の手を借りてみてはいかがでしょうか。こちらでは多くの妊婦さんから支持されているつわり軽減施設について見ていきましょう。

・天使のたまご
アロマセラピーと東洋医学を融合させた独自のメソッドで、つわりを軽減してくれと言われています。施術者はすべて女性なので安心して通うこともできます。国家資格保有の鍼灸師ばかりなので、安心して施術をしてもらえるでしょう。

・ヒーリングゆう
女性のための鍼灸治療院が、ヒーリングゆうです。鍼、灸、アロマオイルマッサージによって妊娠前後のケアをしてくれます。

・アキュモード
東洋医学と西洋医学の両方からアプローチした改善方法を試してくれる治療院です。国家資格を保有したスタッフが施術をしてくれるので、妊娠中の女性でも安心して通えます。
つわり軽減について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

つわりはひとりで我慢せずに、パートナーや専門家に相談をしましょう。
ひとりで悩み続けていると精神的にも良くありません。
我慢して改善できるものではないということをしっかり覚えておいてください。