ワンオペ育児や
ダブルケアで、
自分の時間が無かった私でも
夢を持てるようになりました。

単発セッションに申し込む

こんなことで悩んでいませんか?

子どもにイライラしてしまう。
子どもの話が、うっとうしい。
まとわりつかれるのが、イヤ。

子どもを叩いてしまったことがある。
または、叩きたくなることがある。
子どもといると、息が詰まりそうになる。
叩いたあとで、泣きたくなるほど、後悔する。
専業主婦なので、家事をきちんとできていないと、心苦しい。
専業主婦なのに、家の中が散らかっていることを、夫から責められる。
子育てと仕事の両立に悩んでいる。
時間が無くて、イライラしている。
日頃ワンオペ育児で大変。
ダブルケアで、疲れている。
パパとのことで、悩んでいる。
子育て中心で、毎日がつまらない。
ママ友には、なかなか相談しづらいことがある。

私のセッションでは、
こんな結果が得られます。

  • 気持ちがラクになる。
  • 自分の時間が持てるようになる。
  • 頑張っている自分に自信が持てるようになる。
  • ワクワク楽しい気持ちを持てるようになる。
  • パパとの関係が良くなっていく。
  • 妻、母、自分の3つの顔を、それぞれ楽しめるようになっていく。
  • 若い頃好きだったこと、趣味、仕事などの夢を、また持てるようになる。
  • 家の中の太陽として、あなたは一層輝けるようになっていく。
  • 気持ちがラクになる。

なぜ、そんな結果が得られるのでしょうか?

話すことで気持ちが楽になります。

自分を解放することで、自分の人生を歩むことができます。

毎日頑張っているあなた
頑張らないと母親失格だと思っているあなた
ワンオペ育児で、疲れているあなた
専業主婦ということで、我慢しているあなた


自分の気持ちに、蓋をしていませんか?

我慢すればするほど、苦しくなり笑顔が減っていきます。

疲れた。
面倒くさい。
子どもはうるさい。
パパが冷たい。
ママ友がうっとうしい。

そうです、あなたの話、あなたの気持ち、正直に話していいのです。

人生、思い通りにいかないことも多いです。

そんなモヤモヤも、話すことで楽になり元気になれます。

ママ友には話せないことも、
パパには言いたくないことも、
実家の親には内緒にしたい夫婦の悩みも、
肩の力を抜いて話してください。


自分の趣味も、得意なことも、思う存分話してください。
自分を見つめ、自分を大事にすることで、
自分の人生を、ワクワクする人生にしてください。

どのように自分を大事にしたらいいか
1人の女性として輝くことへのお手伝いを
私がサポートしていきます。


保育士として
介護ヘルパーとして
専門的な立場と、3人の子育てを経験した母親としての立場
在宅介護、末期ガンの夫の看病、そして看取り。。。

理想と現実の違いを肌で経験した私が
あなたの気持ちに、真剣に寄添い、前を向くお手伝いをします。

実際に会って話したり
メールで気持ちを書いてもらうことで
肩の力を抜いていいのだ、自信を持っていいのだ、
自分を好きになること、等

気持ちの解放が第一歩です。




メール相談者さま、子育て相談者様の声

30代1児のママ

専業主婦ということで、家事を完璧にやらなくてはいけない、と思いがちでしたが、子どもは散らかすもの、元気な証拠、と一緒に話していただき、気持ちが楽になりました。

30代2児のママ

偏食で悩んでいましたが、うちの子だけではない、ということがわかって安心しました。

セッションの詳細

   
①個人面談(120分 15,000円)
場所:本橋自宅(東京都杉並区)
子育ての悩み、愚痴、大勢の懇談会では、なかなか相談出来ないことなど、じっくりお話しをお聞きします。

②お子さん連れの面談(120分 15,000円)
 
場所:本橋自宅(東京都杉並区)
お子さんを遊ばせながら、ゆったりとお話しをお聞きします。

③メール相談(1カ月間5回メール往復  10,000円)


特典
  1. ①、②の面談希望の方は、お試し電話相談1回、面談後フォロー電話相談1回付き。
  2. メール相談希望の方は、電話相談3回付き。

*電話相談は、一回30分です。


よくある質問

Q
①どんな人が、セッションを受けられるのですか?
A
小学校に上がる前のお子さんをお持ちのお父様、お母様なら、どなたでも。
Q
②子連れでも、セッションに行けますか?
A
はい、大丈夫です。お子さんを遊ばせながら、リラックスして、お話をお聞きします。
赤ちゃん用のベッド、お子さん用のおもちゃなどを、用意しております。
Q
③子どもの急な病気の時など、日時の変更はできますか?
A
はい、もちろん大丈夫です。
お子さんにハプニングはつきもの、です。
私も散々経験してきました。ご心配なく。
Q
④セッションを受けたいのですが、なかなか時間が取れません。。。
A
皆さんお忙しいですね。全て希望通りに行くとは限りませんが、打ち合わせしながら、進めたいと思っております。
Q
①どんな人が、セッションを受けられるのですか?
A
小学校に上がる前のお子さんをお持ちのお父様、お母様なら、どなたでも。

追伸

子どもを育てるという、大仕事。。。子育てしながら、いろんなことが起きます。子育てと仕事の両立、子どもの病気、親の病気、
夫との関係、ママ友との関係、自分の時間が持てないことの悩み、等。。。
自分ひとりで全て抱え込んでしまうと、出口が見えなくなって、笑顔も減ってしまう。

さあ、肩の荷を下ろしましょう。


保育士、母親、ヘルパー、認知症の介護、ガン患者の家族


いろんな立場を経験してきたからこそ、

あなたのお話をじっくり聞き、あなたに寄り添い、前に進むお手伝いをします。
一人の女性として、輝くお手伝いをします。



たくさん悩みました。
たくさん、涙を流しました。
夫と、たくさんケンカをして、たくさん傷つきました。

それでも、
悩みを一人で抱え込まない!
人に話す!


そういうことで、前を向いて進むことができるようになりました。



あなたに寄添い、子育ての喜びを分かち合います。
笑顔で子育てできるように、一緒に感動します。



あなたにお会い出来ることを、楽しみにしています。

資格

保育士
幼稚園教諭
介護ヘルパー2級
育児セラピスト1級
自己紹介させていただきます。

母が36歳の時に生まれた私は、3月生まれの一人っ子。何をやっても、のろまでボンヤリした子どもでした。
働き者の母は、「女性も、しっかり経済的に自立できるように。できれば資格を持って、自分の好きな仕事をするように。」と、事あるごとに言っていました。母の教えは、「働くことは楽しい。働いたお金で、趣味や勉強等、自分に投資することも大事。」ということも、私の人生に大きく影響しました。

公立保育園の保育士として、16年勤務。働きながら、3人の子どもを育てましたが、3人の子どもたちは全員体が大変弱く、大変な毎日でした。そんな中で、同居していた義父の介護が始まりました。まさに、ダブルケアのスタートでした。
義父を看取ったあと、義母が認知症を発症。私なりに自宅介護を、頑張っていました。

仕事が忙しい夫は、とても子煩悩でしたが、それ故に、子どもが風邪をひくたび、仕事を休めない私を責め、夫婦の溝は深まっていきました。私から気持ちが離れた夫と、夫婦再生に向けてスタートしようと思っていた矢先、夫の胃がんが見つかりました。スキルス性胃がん。胃の全摘手術、抗がん剤治療、食事療法等。。。闘病生活は3年。

平成2年に結婚した私たちは、平成の最後の年、平成30年2月に夫は他界。平成と共に、私たち夫婦も、幕を閉じました。


体の弱い子ども、仕事との両立。
認知症の介護、末期ガン患者の看病。
そして、看取り。
夫婦の溝。

いろんな経験をしました。


仕事として、
子どもを預かる立場

親として、
子どもを預ける立場


訪問ヘルパーとして
認知症の介護


家族として
認知症の介護


どれも、経験しないとわからないことばかりです。


いろんな経験を基に、
あなたのお話をじっくり聞き、
あなたに寄添い
サポートしていきます。