ブラックでも借りれる方法「給料ファクタリング」とは?

ブラックでも
多重債務者でも
自己破産でも
自己破産でも

今すぐお金が必要だが、借りることができない…

  • ブラックリストに載ってしまって、お金を借りれない…
  • 過去に自己破産。今すぐお金が必要だが、どこも貸してくれない…
  • 債務整理中で、銀行も消費者金融からも借りれない…
  • 過去に自己破産。今すぐお金が必要だが、どこも貸してくれない…

こんなあなたでもお金を借りれる方法があります!

それは、ファクタリングという方法です。

ファクタリングは別名「売掛金買取」と呼ばれ、将来的な売上を前倒しして現金を手に入れるという仕組みです。
基本的には、売掛金を持つのは、企業、または個人事業主が利用対象となり、会社員等の個人は対象外となります。

しかし、ここ最近、ファクタリング業界で「個人向けファクタリング」というものが登場し、今までお金を借りることができなかった人でもお金が借りれる方法ができました。

「個人向けファクタリング」では、入金が約束された給与を"債権"と捉え、これをファクタリング会社へ売却することで現金を手に入れる、という方法でを取ります。


給料債権とは

働いた給料の支払いを請求する権利のことを「給料債権」と呼びます。

"給料債権"と聞き慣れない言葉ではありますが、通常は差し押さえ等において用いられる用語です。
税金や年金の滞納、慰謝料など裁判で支払いが命じられた費用の支払い拒否があった場合に給料債権を差し押さえ、強制的に回収するというもの。
将来的な給料だとしても相応の価値があり、それらを根拠として現金を手に入れるのが「個人向けファクタリング」というわけです。

給料ファクタリングの手数料

これで借り入れできる希望が見えてきたかと思いますが、気になる手数料っていくらになるの??

■手数料計算
買取希望額 - ファクタリング手数料 = 買取額(支払額)


例1:給料30万円
買取希望額:20万円
ファクタリング手数料:10%
買取希望額:20万円 ー ファクタリング手数料:2万円
= 買取額(支払額):18万円
例2:給料40万円
買取希望額:30万円
ファクタリング手数料:7.5%
買取希望額:30万円 ー ファクタリング手数料:2.25万円
= 買取額(支払額):27.75万円

給料全額をファクタリング会社に買い取ってもらう必要はなく、希望額のみの買取が可能です。


給料ファクタリングのメリット

  • メリット① 審査が甘い

    「給料ファクタリング」では、ブラックであろうと、関係ありません。給料を支払う勤務先の信用力が高ければ、ファクタリング会社としては問題ないのです

  • メリット② 会社の給料未払いを回避できる
    勤務先が倒産したり、勤務先が給料の支払いを拒否した場合にでも、利用者は、受け取ったお金を返す義務はありません。
  • メリット③ 勤務先に知られずに借り入れができる
    「2社間ファクタリング」では、勤務先への確認がないので、安心して利用できます。
  • メリット④ 即日の買取も可能
    勤務先確認がないため、即日の借り入れも可能です。
  • メリット② 会社の給料未払いを回避できる
    勤務先が倒産したり、勤務先が給料の支払いを拒否した場合にでも、利用者は、受け取ったお金を返す義務はありません。

給料ファクタリングのデメリット

  • デメリット① 金利に換算するとかなりの高金利に
    買取希望額:30万円
    ファクタリング手数料:10%
    借入期間:1ヶ月(30日)

    上記の場合、「年利120%」に相当する計算となります。
    貸金業法、出資法にて上限金利が年利18%(10万円〜100万円)と定められている中で10倍を超える金利となるのです。
  • デメリット② 提供しているファクタリング会社の数が少ない

    法人向けのファクタリングサービス提供会社は多いが、給料ファクタリングをサービスとして提供しているファクタリング会社は、まだ数が少ない。


  • デメリット② 提供しているファクタリング会社の数が少ない

    法人向けのファクタリングサービス提供会社は多いが、給料ファクタリングをサービスとして提供しているファクタリング会社は、まだ数が少ない。


個人ファクタリングのおすすめ業者「七福神」
株式会社ZERUTAは、ファクタリング業を専門としており、法人向けの「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」とともに個人向けの「給料債権ファクタリング」サービスを提供しています。

↓↓「七福神」での給料ファクタリングの詳細はこちら↓↓