不動産取引プロセスを自動化するオートメーションツール

Navigateは、AIを活用して不動産売買の取引を自動化するツールです。AIで、お客様とのメールの重要な取引の詳細とファイルを自動整理して、不動産業者とクライアントの両方のプロセスからストレスをなくします。

無料で事前登録

不動産売買取引でこんな悩みはありませんか?

  • 不動産売買のプロセスは非常に細かく、時間がかかる
  • お客様との連絡や情報の共有が大変
  • 今までの不動産売買方法にストレスを感じる
  • 不動産売買は多くの人が関わるから、作業がややこしくなる
Navigateで不動産購入者の手続きをサポート&効率化でコスト削減
物件引き渡しまでのワークフローの自動化
Navigateは、物件の案内から購入終了までに行うことのロードマップを自動作成しクライアントと共有することができます。顧客は状況の進捗・何を行えば良いかをリアルタイム確認でき、顧客をナビゲートしてくれます。そのため進捗の確認電話や顧客への指示・説明などを大幅に減らすことにつながります。
カレンダー同期・リマインダー機能
タイムラインで日付を追加または変更すると、日付は自動的に共有している全員のカレンダーに同期されます。
タスクの期限が近づくと自動でリマインドしてフォローしてくれるため、スムーズに手続きを進めることが出来ます。
ステークホルダーとの情報進捗共有
売主、購入者、その他業者など複数のステークホルダーが関係してくる業務のため、進捗や情報を共有することができます。
顧客とのタイムラインを共有
不動産購入のプロセスごとのタスクをタイムラインにして、それを顧客と共有し、進捗状況を確認することができます。顧客は何を行えば良いのかを確認できるので不動産会社様のコミュニケーションコストを下げることが出来ます。
顧客への保険・リフォーム・ローン・回線業者などの紹介・手続き代行の機能
住宅診断・保険・住宅ローン・回線・引っ越し業者などをNavigate側で相談紹介を受けつけることができます。また書類など各種手続きの代行もお客様に対して提供することが可能です。
メールの自動分類・整理
Navigateは顧客との重要なメールやファイルを簡単に見つけることができます。
各顧客ごとの進捗をGmail上でタイムライン表示するため、一瞬で次に行うことを把握することができます。
顧客とのタイムラインを共有
不動産購入のプロセスごとのタスクをタイムラインにして、それを顧客と共有し、進捗状況を確認することができます。顧客は何を行えば良いのかを確認できるので不動産会社様のコミュニケーションコストを下げることが出来ます。
ご利用いただいたお客様の声
お客様との連絡が以前に比べ、格段と楽になりました。Gmailでお客様とのメールをプロセスごとに自動整理してくれたり、Gmail上でお客様の進捗をタイムラインで確認できたり、さらにお客様と情報を常に共有できるため、大きな問題が起こることもなく、非常に利便性の高いものと感じています。
従来はエクセルで管理していて、お客様の進捗状況を逐一確認するなどしていて面倒な部分だと感じていました。不動産売買のプロセスは非常に細く、たくさんの業者が関わってくるため、情報共有・管理が重要なポイントです。お客様からの電話やメールの進捗確認や説明が大幅に減り、別の業務に当てることができました。
従来はエクセルで管理していて、お客様の進捗状況を逐一確認するなどしていて面倒な部分だと感じていました。不動産売買のプロセスは非常に細く、たくさんの業者が関わってくるため、情報共有・管理が重要なポイントです。お客様からの電話やメールの進捗確認や説明が大幅に減り、別の業務に当てることができました。