ダイレクトソーシャルワークハンドブック
読書会

2017年8月から毎月1回都内(後楽園周辺)で開催している読書会。
参加者が作成したまとめスライドを紹介していくページです。
第1部 序論

第1章 ソーシャルワークの課題
第2章 ダイレクト実践――対象領域、理念、役割
第3章 援助プロセスの概要
第4章 ソーシャルワークの基本的価値の実現
    1 2 3 4 5

第2部 探索、アセスメント、計画

第5章 コミュニケーションの確立――共感的でオーセンティックなコミュニケーション
    1 2 3 4 5 6 7 8 9
第6章 相手の話に沿い、問題を探り、焦点を当てる技術
    1 2 3 4 5
第7章 逆効果を生むコミュニケーション・パターンの除去
    1 2 3 4 5
第8章 アセスメント――問題とストレングスの探求と理解
    1 2 3 4 5 6
第9章 アセスメント――個人的要因、対人的要因、環境的要因
    1 2 3 4
第10章 多様な家庭的・文化的背景を持つ家族の機能のアセスメント
    1 2 3 4
第11章 ソーシャルワークにおけるグループの形成と評価
    1 2 3 4 5 6
第12章 目標の設定と契約の締結
    1 2 3 4 5 6 7 8 9


第3部 変化をめざす段階

第13章 変化をめざす方略の計画と実行
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
第14章 介入の方略としての資源開発、組織化、プランニング、およびアドボカシー
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
第15章 家族関係の強化
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
第16章 ソーシャルワーク・グループへの介入
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
第17章 専門家によるより深い共感、解釈、および直面化
    1 2 3 4 5 6 7
第18章 変化の阻害要因の扱い方
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


第4部 終結の段階

第19章 最終段階――評価と終結
    
1 2 3 4 5 6 7