転職ナビ

転職、退職に関する情報サイト

今の自分に満足していないなら、仕事を変えるべきじゃないか?

転職を考える人は沢山います。

..............30代になって、これまでの経験値もある一方

ここからはマネジメントの立場にもなっていかなくてはいけない微妙な時。

そんな大事な時期の転職。

意外と転職を考える人は沢山いるんです。

転職を考える瞬間

他にやりたい仕事がある

会社の将来性が不安

給与に不満がある




このように、転職を考えるタイミングはいくつかあります。




では理由が分かったところで、転職先としてはどういったところが良いのでしょうか?

ここからはいくつか例を挙げていきます。

“意外と高収入な男の職業”





不動産鑑定士

職業としてはあまり知られておらず、どういった仕事をするのか想像がつかない方も多いと思います。
不動産鑑定士とは、土地や不動産を鑑定し適正な評価額を出す専門家のことをいいます。
独立開業をされている方だと年収1,000万以上も可能だとか。

土地家屋調査士

不動産鑑定士に続いて、土地関連の職業です。簡単に説明すると、土地境界に一番詳しい人物です。
登記の申請を代行したり、土地や建物の調査や測量をしている人のことです。
収入は不動産鑑定士と同じく年収1,000万以上の方も多く、私の知人の場合、いつも飲んで遊んでいるようにしか見えない人もいますけれど、それだけ儲かっている証拠ですよね。

中小企業診断士

私も最初にお客様からお聞きした時は、どういった仕事をされているのか全くわかりませんでしたが、
中小企業の財務、労務、仕入れの管理などの診断と指導を徹底的に行ってくれます。
中小企業のお医者さんみたいなイメージかな?
コンサルタントは、腕はもちろん人柄も好かれないと仕事を依頼してもらえません。

社会保険労務士

企業に関する書類の作成や、労働社会保険の手続きをする方たちです。
社会保険労務士にしかできない独占業務もあり、独立しても仕事には困らないそう。
顧問報酬さえ確定していれば、毎月一定額が入ってきて安心みたいです。

記者

大手だと1,300万超えも十分可能。
ただし、プライベートと仕事の区別がつかないくらい忙しいです。

不況にもあまり左右されない職業





獣医

獣医は儲からないという噂もありますが、それでも平均月収は40万前後。
動物や子供、女性など、弱い者に対してはとても優しい人が多いので、普段のお付き合いでもめいっぱい愛されそう。しかも、親も獣医という人も多いのでプチ玉の輿を狙えるかもしれません

一級建築士

一級建築士というと、とても儲かりそうだけど平均的には600万前後。
開業ではなく、建築士の資格を活かして大学教授になられている方だと、1,000万以上の収入があります。
ライフスタイルに強いこだわりを持つ方が多いので、個性的で面白い話をしてくれたりもします。
また、様々な飲食店の設計を手がけている方の場合、手がけたお店ではいつも優遇してもらえたり……ということもあり得ます。

放射線技能士

医療系でおいしいとされる薬剤師に並んで、狙い目なのが放射線技能士。
レントゲンやCTなどの放射線を扱うスペシャリストですね。
特殊技能なので収入面でもかなり優遇されています。
医者よりもリスクが少なく、激務でもないのでプライベートもしっかりとれます。

電車運転士

車掌ではなく、運転士なので責任はとても重い職業ですが、その分高収入が見込める職業です。
交代勤務なので生活は不規則になりますが、様々な地域を移動する仕事 なのでご当地名物のお土産なんかもいただいたりします。

大学講師

大学教授が高収入なのは想像がつきますが、実は大学講師もそれなりにもらっている場合が多いのです。
平均月収は40万以上で、ボーナスまで含めると750万。
経営のうまくいっている大学に所属していれば、立場は低くとも高収入が見込めます。
講師の場合だと、ゼミを担当することもほとんどないので教授と比べると拘束される時間も少なくてすみます。

このような形で、色々な業界があり、職業があります。

まったく違う業界に30代で飛び込むのは勇気のいることですが、長期的なスパンで見て自分のプラスになるのなら、すぐに行動に移せると良いと思います。

インターネット上に公開されている転職情報サイトを賢く利用すれば、 わずかな時間で様々な情報を入手することも可能です。 転職情報のIT化が浸透するまでは、 転職情報誌などの紙ベースの求人情報が求人を探す主な手段の一つでした。

最近では様々な転職情報サイトが存在しています。 もちろん様々な企業の求人の掲載だけでなく、 無料の転職支援サービスなどの付加価値をつけるサービスもたくさん存在するようになってきました。

最後に

転職に成功したと感じている人は、転職に何を求めているのか、目的が明確だった人ばかり。転職に求める「成功」は各人によって違うものだからこそ、流されず、妥協せず、自分にとってのベストの行く先を見つける努力を惜しまないという事が大切であるのではないのだろうか。