ドラッグストアで買えるシミ消しコスメは本当にあるの?

顔にシミが出来た時にすぐに頭に思い浮かべるのは、化粧品でのスキンケアだと思うのですが、ではそんなシミ消し化粧品はドラッグストア(薬局)やデパート(百貨店)のコスメコーナーで買う事が出来るんでしょうか?

既に顔に出来てしまったシミを消す化粧品は本当に見つけるのが大変…まずは気軽に足を運べるドラッグストアに市販されてるものから高級ブランドなども取り揃えてあるデパートで市販されている化粧品までどんなものがあるのかチェックしてみましたよ。

ドラッグストアで買える?シミ消し効果がある化粧品

ケシミンクリーム

CMなどでもお馴染みのケシミンクリーム。インパクト十分な名前なのでシミ消しと言えばケシミンと頭に思い浮かべる方も多いんじゃないですか?

主成分はビタミンC誘導体ですが、ケシミンは出来てしまったシミに効果がある訳ではなく新しいシミを作らせない為の予防に効果があると言われています。

>>ケシミンクリームの詳細はこちら

メンソレータム メラノCCシリーズ

メンソレータム メラノCCシリーズはシミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑える、高濃度ビタミンC誘導体を配合しているのが特徴です。

>>メンソレータム メラノCCシリーズの詳細はこちら

肌研ハダラボ 白潤シリーズ

肌研ハダラボ 白潤シリーズの特徴は、ビタミンC誘導体の他にアルブチンという、メラニン色素の生成を抑える美白成分を配合している点が挙げられます。アルブチンは刺激の少ない美白成分で、肌が弱い方でも安心して使えるのが魅力。

>>肌研ハダラボ 白潤シリーズの詳細はこちら

pdcダイレクトホワイトシリーズ

pdcダイレクトホワイトシリーズは、シミの元となるメラニン色素の生成を作る信号をブロックする、トラネキサム酸という美白成分が、どの商品にも配合されています。

この他に肌の炎症を抑える作用を持つ、グリチルリチン酸2Kも入っており、pdcダイレクトホワイトシリーズは、紫外線による日焼けのケアも同時に行える美白化粧品となっています。

>>pdcダイレクトホワイトシリーズの詳細はこちら

専科美容液から作った美白シリーズ

専科美容液から作った美白シリーズはm-トラネキサム酸というメラニン色素の生成を、抑える成分を配合している点が特徴です。

美白化粧品の中には肌が乾燥しやすい商品もありますが、専科美容液から作った美白シリーズには、天然由来シルクエッセンスとWヒアルロン酸と、保湿効果の高い成分が配合されているので、美白ケアしつつ保湿ケアも同時に行えます。

>>専科美容液から作った美白シリーズの詳細はこちら

ドラッグストアで買える化粧品は今あるシミには効果ない

多くの化粧品メーカーから、ドラッグストアでも美白化粧品が販売されています。市販されている化粧品は、主にメラニン色素の生成を抑制しシミを予防する美白成分が含まれているのが特徴的です。

シミや日焼けを予防する目的で作られている商品が大半となっています。既に出来てしまったシミを消したり、肌を白くするという目的で使用するのではなく、日焼けによって肌が黒くなるのを予防する目的で使用するのが良いですね。


デパートでは買える?シミ消し効果がある化粧品

やっぱり安かろう悪かろうではないですけど、ドラッグストアで購入できるいわゆるプチプラコスメと呼ばれるものでは今あるシミに対応できる化粧品はありませんでした。

その点、デパートなどの化粧品売り場に市販されている化粧品はシミを消す効果が期待できそうなものがたくさんあるはず、という事でいくつか気になったものを紹介したいと思います。

POLAホワイトショット

価格:10g・6500円/20g・12000円

ポーラとクラレが共同開発した美白成分ルシノールを配合。チロシナーゼとルシノールが結合する事によりメラニン生成を抑える働きがあります。

 ポーラの美白と言えばホワイトショットの美容液が知名度・人気共に高く女性誌のベストコスメにも度々選ばれるクオリティの高さは折り紙付きです。

THREEバランシングクリアホワイトエッセンス

価格:30ml・10000円

デパートコスメのTHREEから発売されているバランシングホワイトクリアエッセンスは植物由来95%で出来た美白美容液。

美白有効成分はアルブチンを採用し、抗炎症成分のグリチルリチン酸を始め、シミの元になる炎症を鎮める植物エキスを豊富に配合。

医薬部外品としての効果とナチュラルである事のバランスを追求した美容液は、VOCEなどの雑誌でも大きく取り上げられ、美容マニアの間でも話題。

HAKUメラノフォーカスV

価格:10g・2700円/45g・10000円

資生堂のシミ予防に特化した美白のスペシャルブランド「HAKU」は、独自成分4-MSKを柱にm-トラネキサム酸やその他有効成分を配合した美白用スキンケア化粧品。

素早く浸透する4-MSKとじっくり浸透するm-トラネキサム酸を組み合わせる事で肌への浸透力を高め、有効成分を効かせたい肌の奥まですばやく届ける事に成功。各コスメアワードやコスメランキングで高評価を得ています。

これらのデパートで市販されている化粧品は美白有効成分や保湿成分などこだわってはいるものの、お試ししやすいトライアルなどがない事かもしれません。

その場で美容部員の方にアドバイスをもらったり、サンプルを付けさせてくれるかもしれませんが、化粧品は出来れば欲張りかもしれませんが1週間くらいは使って使用感を確かめたいものです。


シミを消す化粧品を選ぶポイントは3つ

シミを消す化粧品を選ぶ上で
1.美白有効成分が入っているか
2.保湿成分が入っているか
3.お試ししやすいトライアルがあればGOOD

という3つのポイントは抑えておくべきでしょう。

特に美白成分で抑えておきたいのはアルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、特に出来てしまったシミにはハイドロキノンが配合されているもの。

保湿成分ではセラミドやヒアルロン酸が配合されているものを選びたいところですね。

何故トライアルセットがあると良いの?

いくらシミの改善効果が高いからといって、自分の肌にあっていないものを使い続けていると、かゆみや痛み、赤みなどの別の肌トラブルが起きる可能性が高くなるので注意が必要です。

ですから、化粧品を購入する際は、自分の肌質にあっているのか確かめることが肝心です。その点で、お得な価格で購入可能なトライアルセットを活用するのがおすすめです。

パッチテストは必須

更に、初めて使うスキンケアアイテムなどはパッチテストを行ってから使い、肌トラブルを未然に防ぐ事が重要です。

お試し可能なシミを消す化粧品ランキング

1位 ビーグレン ホワイトケア

ビーグレン ホワイトケアの特徴

●ハイドロキノンを閉じ込めたカプセル配合 ●βホワイトやハイビスカス花発酵液、ゲンチアナ根エキスを配合し美白ケアをサポート ●5STEPで確実に薄くして、透明感のある理想の肌に

価格お試し1800円
評価:★★★★★5
備考:シミ消しハイドロキノン配合化粧品No1
ビーグレン ホワイトケアの総評

独自のQuSome技術で、ハイドロキノンをカプセル化。届けたい場所に浸透させて、ハイドロキノンを角層内に行き渡らせます。その驚くべき効果は高濃度4%のハイドロキノンと同等。 お試しトライアルは1800円でお得に試す事が出来て、更に365日間返金保証もあるから安心して試す事が可能!初めてハイドロキノンを使ってみたいけれど肌に刺激がないかどうか心配…という方でも試しやすいのが嬉しいポイントです。

2位 アンプルール ラグジュアリー

アンプルール ラグジュアリーの特徴

●夜専用集中美容液 ●新安定型ハイドロキノン配合 ●特殊なゲル状でシミにピタッと密着する

価格:お試し1890円
評価:★★★★☆4
備考:皮膚の専門家が開発した美白化粧品
アンプルール ラグジュアリーの総評

注目すべきはアンプルール独自の新安定型ハイドロキノン配合の夜専用の集中美容液。美白ケアをサポートする抗酸化作用成分やターンオーバーを促す美容成分も贅沢に配合。 本気の美白には非常に有効ですが、肌に合うか、刺激がないかどうか、まずは確かめてみる事をおすすめします。

3位 アスタリフト ホワイト

アスタリフト ホワイトの特徴

●「ナノ×美白」シミの元に届く、働く美白ケアで透明感あふれる肌に導く ●保湿・ハリにこだわる成分配合。美白ケアをしながらハリ・潤いもキープ ●美白クリームは軽やかテクスチャー。しっとりなのにベタつかない

価格:お試し1000円
評価:★★★★☆4
備考:富士フィルムの独自技術がシミの元に届く
アスタリフト ホワイトの総評

アスタリフトホワイトは、美白有効成分アルブチン、ビタミンC誘導体を配合しただけでなく、独自のナノ化技術できちんと届く美白を実現。 敏感肌向けに開発されたものではありませんが、気軽に試せるトライアルセットは1000円と手を出しやすいのが嬉しいポイントです。 元がエイジング対策・高保湿スキンケアから始まっているだけあって、美白化粧品でも乾燥しにくいところが評判です。

肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノン

シミに効果的な美白成分といっても様々なものがありますが、その効果から究極の美白成分と呼ばれているのがハイドロキノン。ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれ、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑制する効果があります。

メラノサイトというメラニン色素を作る細胞の数を減らすことができるので、効率良くシミを改善する事が期待出来るでしょう。

シミが気になる部分にこのハイドロキノンを塗る事により、少しずつ綺麗な肌を取り戻すことが期待出来ます。美白化粧品などに多く配合されているので、最近では身近な成分になってきているのではないでしょうか。

ハイドロキノンの美白効果

上記にもある通り、ハイドロキノンにはメラニン色素の生成を抑える効果があります。メラニン色素はシミの原因とされている為、その働きを抑える事でシミの予防に繋がるでしょう。

今あるシミを薄くしたいなら

また、メラニン色素自体を薄くするという効果もあります。これは他の美白成分にはない効果であり、出来てしまったシミを薄くしたいという人にもおすすめです。この様な効果がある為、美容クリニックで行われている色素沈着の治療にも使われています。

ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンについの注意点ですが、この成分は間違った使い方をした場合や体質に合わなかった場合、濃度の濃すぎるものを使った場合などは副作用が出てしまうことがあります。

赤みや炎症は体質に合わない場合や劣化した製品を使用した時などに起こりやすい症状です。ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化したものを使うと肌に大きなダメージを与えてしまいます。

朝塗る事は基本オススメしません

また、ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまうという作用があるので、ハイドロキノンの入った化粧品を使う際は基本的に夜に塗るか朝塗ったとしてもきちんと紫外線対策を行う様にしましょう。

▼安心して使う為にもまずお試し▼

シミを消す化粧品にプラスする事で効果が期待できるもの

サプリで内側から有効成分を補う

  • L-システイン
  • ビタミンC
  • ビタミンE

などを主成分にしているサプリメントを飲む事で、体の内側からシミを改善することが出来ます。

 L-システインは、シミの原因とされる黒色メラニンの働きをストップさせ、過剰に作られるのを防ぐ働きをします。この成分にビタミンC、Eを配合すると、ターンオーバーを正常にする事が可能なので、健康的な肌を取り戻す事が出来ます。

即効性はないものの

シミを作り出す黒色メラニンを防ぎ、肌に沈着した黒い色素を無色化し、最終的にはターンオーバーによって、沈着してしまった黒い角質をスムーズに排出できる様に促します。サプリメントで内側から肌を健康にしていく方法は、時間はかかるものの、肌の美しさを少しずつ蘇らせる事が出来ます。

漢方薬でシミ消し効果をサポート

漢方薬は肌の代謝を良くする事で、シミを改善する効果があります。漢方では古い角質がなかなか代謝されない状態が続くと、肌が塞がる事で、余分な老廃物が溜まり、熱が体にこもるようになる事で、肌トラブルが起きるとされています。

その為、肌の塞がっている原因を取り除く作用のある成分が含まれている事が多く、飲み続けることで皮膚の栄養を補いながら、余分な水分や老廃物を排出して、シミなどの肌トラブルを改善する事が期待できます。

サプリ同様長期的に飲む事が大事

基本的には飲食物に含まれる水分が肌に残ることを防ぐ漢方薬を飲む事でバランスを整えて、若い頃の瑞々しい素肌を取り戻す事が期待出来ます。漢方薬は比較的安い値段で購入可能なので、長期間続けやすいとされています。

ツボを押すことで新陳代謝活発!

シミや色素沈着は血行不良や内臓機能定価によって新陳代謝が低下し、引き起こされる事もあり、ツボを押す事によって代謝機能を高める事で肌のターンオーバーが活発になり、透明感ある肌に導く効果があると言われています。

ここでは代表的なツボを2つ紹介します。

シミ消しに効果のあるツボ①攅竹

攅竹は左右の眉頭のくぼんだ部分にあるツボ。ここを親指の腹で上に持ち上げる様に、イタ気持ちいいくらいの強さで押しましょう。

攅竹はアンチエイジング効果の高いツボで、顔のシミやそばかす、くすみなどに効く美白作用や、しわ、小じわなどの肌老化に効果的なツボです。


シミ消しに効果のあるツボ②四白

四白は黒目の下(指1本分くらい)にあります。指の腹を3~5秒ゆっくり押し込む様にして、ゆっくり離していきます。3回くらい繰り返すとじんわり温かくなります。

四白は頬の血行を促しながら、顔の筋肉を和らげ、顔のむくみを解消。小顔効果が期待できるツボでもあります。顔全体の血流を良くし、肌の調子を整え、透明感のある美肌へ導きます。

美白美容液やクリームを付けた後にこれらのツボ押しをすると代謝も高まり、くすみのない透明感のある肌をゲットする近道になりますよ♪

新しくシミを作らない為の予防策は3つ

紫外線対策を万全にする

シミが出来る原因の一つとして、紫外線を浴びる事によって、お肌のメラニン色素が増えてしまい、それが濃くなってお肌に現れるという流れにあります。


ですから、第一の予防策としては、紫外線対策を万全にするという事が挙げられます。

具体的には、日焼け止めを使うということがありますが、夏場だけではなく、出来れば1年を通してお化粧をする前に使っていきましょう。

 また、汗をかきやすい時期は、朝だけではなくマメに塗り直す事も必要です。

日焼け防止グッズは備えておこう

更に、帽子、日傘なども利用していくことで、予防策の効果を上げていく事も出来ます。シミを予防する効果のあるアルブチン、ビタミンC誘導体などが配合された美白化粧品を使っていくということもおすすめの予防策です。

日頃の食習慣を見直す

シミを予防する為には、日々の食生活を見直す事もとても重要な予防策の1つです。

バランスのとれた食事はとても重要ですが、その中でも特にシミを予防すること、改善する事として、ビタミンC、ビタミンEは特に摂取していきたい成分です。

 酸化する事で体内もさびついてしまい、ターンオーバーの働きも崩れてしまいますので、シミも出来やすくなってしまいます。

食生活で不足する場合はサプリなどで摂取

ビタミンCはグレープフルーツやアセロラ、また小松菜などの果物や野菜、ビタミンEはアーモンドなどの多く含まれています。

意識をして摂取していくことで、内側からのケアを行っていくことも出来ます。もし日々の食生活で不足しやすい状態であれば、サプリメントやドリンクなどのインナーコスメも有効です。

洗顔の際、ゴシゴシ洗わない

肌のバリア機能が失われると、紫外線の影響を受けやすく、ダメージも与えられてしまいます。洗顔を行う際には、ゴシゴシ洗わないという事は大事なポイントです。泡洗顔でしたら、よく泡立てて、その泡ですべらせる感覚で洗っていくようにしましょう。

オススメはピーリング

また、年齢とともにお肌のターンオーバ―の働きはどうしても崩れてしまいがちです。そこでおすすめなのがピーリングです。自宅でも出来るピーリングジェルなどを使い、古くなった角質や老廃物をからめ取っていく事で、メラニン色素も蓄積されづらくなりますのでおすすめです。

様々なシミの予防策が有りますが、自分で出来る事もたくさんありますので、数年後のお肌の為にしっかりケアしていきましょう。

シミを消す化粧品はポイントを抑えて選ぼう

繰り返しますが、ドラッグストアやデパートにも美白化粧品もあるものの基本、ドラッグストアに市販されているものは既にあるシミを消す効果は期待できず、シミ予防に効果があるものがほとんどです。

また、デパートなどで市販されている化粧品は美白有効成分が入っているものを多く取り扱ってはいますが、価格も張る分、お試し購入などはし辛いかと思います。

美白化粧品はまず自分の肌に合うかどうか確認する事は大切なポイントです。今回紹介したシミを消す化粧品は本商品こそデパートにて市販されている化粧品と価格はそれ程変わらないとは言え、通販ならではのトライアルセットでお試し出来るのでオススメです。

まずは気軽に試して自分の肌に合うものを見つけてシミ解消の助けになれれば幸いです。

▼肌に合うかまずはお試し▼