イノベーション・ゴールドタブレット(無料レポート)
「変化の時代を機会に変える ドラッカーの59の視点」

「マネジメントの発明者」と呼ばれる、経営学の第一人者であり、社会思想家。「イノベーション」「選択と集中」「知識労働者」「目標による管理」を初めとして、現代社会のマネジメントにおいて、ドラッカーが創り出した概念は多い。 時代の変化を機会とし、起業家としてイノベーションを起こし、価値を創造する”イノベーションのマネジメント”が有名。松下幸之助、本田宗一郎、豊田喜一郎、稲盛和夫、孫正義、柳井正など、日本を代表する起業家たちも、全員ドラッカーを学んだと言われる。GoogleやApple、Facebook、P&G、GEなどのフォーチュン500社に名を連ねる大企業は、ドラッカー経営を導入して、イノベーションを起こしビジョナリーカンパニーとなる。変化に対応する経営、イノベーション理論の体系化に成功。ドラッカーの莫大な叡智は時代を超える「経営の原理原則」であると言われる。

ピーター・ドラッカーの経営学は、変化をマネジメントする
経営学だと言われます。
大変化の時代に対応して、イノベーションを起こし、
成長するための59のドラッカーの視点が手に入る一冊です。

主な内容

✔変化を機会とする組織をつくる原則
✔強い組織をまとめ上げるための原則
✔生産性を圧倒的に高める原則
✔挑戦的な管理職を育てる原則
✔イノベーション起こすための原則
✔社員の強みを爆発させ、成長させる原則

内容とポイント

「変化を機会とせよ!」経営の神様ドラッカーは言いました。
ドラッカーは変化に対応し、組織を成長させる哲学です。

グーグル、アップル、トヨタ、キヤノン、セブンイレブン、松下
といった組織は、ドラッカー経営を取り入れ、激動の時代に機会を
見出し最大の成長をとげました。

・どのようにしたら環境の激変を機会とできるのか?
・強い経営チーム・管理職をどのようにつくればいいのか?
・イノベーションを起こすためには何が必要なのか?

ドラッカーの視点から実践できるイノベーションのポイントを
59個リストし、具体的な実践方法も記載しています。

このような方におススメ

・変化に対応できる成長企業をつくりたい経営者
・強い組織をつくりたい経営者
・イノベーションを起こす具体的方法を知りたい経営者
・生産性を高める具体的な方法を知りたい経営者


【※ご登録された方に、経営の神様・ドラッカーの教える経営の神髄・18の原則のメルマガをお届けさせて頂きます。途中でいつでも解除可能です。】

ナビゲーター著者:ドラッカーの伝道師 村瀬弘介

村瀬 弘介(むらせ こうすけ)
日本リーダーシップ・オブ・マネジメント株式会社 代表取締役
一橋大学法学部卒業。上場企業で人事採用・教育研修部門を担当後、日本経営理念研究所プロジェクトマネージャーとして日本精神(神道・仏教)・東洋哲学(中国古典)・人間学を生かすセミナーを多数企画。その後小宮コンサルタンツ・ドラッカー専門コンサルタントを経て独立。「ドラッカーの人を活かす経営・7つの原則」を用いたイノベーション人財育成コンサルティングを行う。

論理だけではなく、感動・右脳・魂からドラッカーの精神・を伝えるドラッカーの「愛」に溢れる講演は「難しかったドラッカーの経営が目から鱗のように、魂に入ってきた」「実践できる具体策を掴めた」「リーダーの使命、そして事業の使命に目覚めることができた」「経営変革の考え方が組織に根底から定着した」と評価が高い。

書籍『ドラッカーが教えてくれる 人を活かす経営7つの原則』(産業能率大学出版部)

【サンプル動画】ドラッカーの伝道師と呼ばれる著者の
経営の本質に迫る講義