純金積立の基礎知識や
おすすめ業者比較

投資方法のひとつに「純金積立」があります。しかし、どんな特徴があるのか分からない人も多いのではないでしょうか? 今回は純金積立の基礎知識やおすすめ業者比較について紹介していきましょう。

純金積立の基礎知識

こちらでは、純金積立の基礎知識について見ていきましょう。これから投資を始めたい人は、純金積立投資も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 ・安定資産

不動産などは価値変動がですが、貴金属は比較的安定した特徴を持っています。それだけではなく、長期的に見て価値が上がりやすい性質も持っているのです。長期的な投資で安定性を求める人に純金積立は向いていると言えるでしょう。

 ・メリットが多い

詳しいことは後程説明しますが、純金積立は他の投資方法と比較してもメリットが多い特徴を持っています。そのため、投資が初めての人にもおすすめできると言ってもいいでしょう。

 ・難しくない

株式投資などのように、株価変動を逐一チェックしなければいけないなど面倒な手間がかからないもの純金積立の魅力のひとつと言ってもいいでしょう。

純金積立のメリット

こちらでは、純金積立をすることでどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。投資したいけどメリットが分からないと言う人は、ぜひ参考にしてみてください。

 ・少額から始められる

投資と聞くと高額というイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、純金積立は千円程度の少額から始めることができるのです。お試し感覚で投資をしてみたい人にもおすすめです。

 ・初心者に向いている

リスクが低いという特徴があり、投資初心者に向いているのもメリットのひとつです。相場が安定しているからこそ、長期に渡って行うことに適しているのです。

 ・現金化もできる

純金積立を行っている時、現金が必要になったら必要な分だけ現金に換えることもできます。等価交換ができるというのも、純金積立ならではのメリットと考えていいでしょう。

純金積立のリスク

リスクが少ないと言われていますが、純金積立にはどんなリスクがあるのか見ていきましょう。メリットばかりではなくリスクと比較するのも損をしないコツのひとつです。

 ・投資にリスクゼロはない

純金積立は少額から始めることができるので、無理のない範囲で投資をしていれば金銭的な損も抑えることができます。投資という名前がついている以上、絶対にリスクがないということにはならないのです。

 ・手数料

純金積立会社に支払う手数料もデメリットのひとつです。純金の保管をしてくれるので手数料は必要なのですが、会社によって手数料が高額なところもあります。そのため、会社選びを間違うと手数料で損をしてしまうことになります。そうならないためにも、手数料は必ず注目しておくようにしましょう。

 ・元本割れもある

金の価格は毎日変化します。そのため、金を買った時よりも価値が下がる可能性があるのです。近年は比較的安定していると言えますが、それでもまったくの元本割れリスクがないとは言えません。購入した時の金額によっては、大幅に下落する可能性もあるのです。リスクが少ないからと言って、簡単に儲かる投資とは考えないでください。

純金積立におすすめの会社比較

純金積立を扱っている会社はいくつもあります。こちらでは、その中でおすすめされている会社について見ていきましょう。ただ、会社によって手数料なども変わってくるのでしっかりと自分の目で見ること、考えることを心掛けてください。

 ・KOYO証券

1万円の積立の際、年間コストは1,500円と比較的リーズナブルです。購入手数料に関しても無料なので純金積立会社の中でも比較的コストを抑えられる会社と言っていいでしょう。

 ・マネックス証券

サポート体制がしっかりしている会社として高い評価を集めています。コールセンター、メール問い合わせ、店頭窓口対応などさまざまなサポートが揃っています。初めての投資で不安がある人などにおすすめです。

 ・田中貴金属工業

購入手数料は千円あたり25円という比較的手数料が低い傾向にあります。貴金属工業ということで、純金積立の説明などもしっかり行ってくれる魅力もあるのです。サポート体制も揃っているので、候補会社のひとつに選んでも損はないのではないでしょうか。

純金積立会社の比較について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

純金積立は初心者におすすめの投資として知名度が高いです。
ただ、残念なことに悪徳業者がいるのも事実です。
説明を受けている時などに違和感を覚えるなど、不審な点を見つけたら避けるようにしましょう。
リスクが少ないと言っても、絶対に損をしないわけではありません。
いくら少額としても、騙されたり損をしていい気持ちになる人はいません。
投資はリスクがあるものと考えて、
しっかり自分で「損をしないためにはどうするべきか」ということを考えておくようにしましょう。