子供を怒りたくない
のに
イライラが
とまらない
家事・子育てを
頑張っている
ママのための
心と時間に
余裕ができる
子供が自ら勉強する
魔法のメソッド
無料公開!
はじめまして
「余裕子育て」を
お伝えします
脳キラ☆スクール
 田原美咲です

投稿ご覧いただき
ありがとうございます

ママは日々

子供のこと
家族のこと
家事のこと
など

忙しい毎日を
過ごしています

そんなママが一番
大変に思っていること

それは子育てでは
ないでしょうか?

そんな頑張るママに
少しでも子育てに
余裕がもてる内容を

無料メールにて
お伝えしています

ご興味ある方は、まずは
LINE@登録してください

もしくは
ID【@139nyfza】で
検索してくださいね

※@マークを入れて
検索してくださいね

LINE@では
お気軽にメッセージで
質問やお問い合わせくださいね

ブログで子育てのヒントを
シェアしています



子育ては
ママになればだれでも
上手にできる
わけではありません

子育てには
「技法」が
必要です

技法を知らないことが
子供に対して

その場限りの対応になり
その積み重ねが
子育てを大変に
しているのです

今からでも出来る技法を
ふんだんに盛り込んで配信しています


☑自分の子育てに自信がない

☑子供の行動をみるとイライラする

☑子供が困った大人になってほしくない

☑日々忙しくて心に余裕がない

☑家族とずっと幸せに暮らしたい

そんな方に向けて発信しています

▼ブログはこちら
子育ての事、スクールのこともあわせて発信しています

田原美咲のプロフィール


生まれは福島県

大学も就職も福島県内

ずっと福島県民だった私が
2018年8月家庭の事情で
子供2人(小学2年息子・高校1年娘)と
宮城県仙台市民に

福島県喜多方市で
7年前にそろばん教室を開塾

開塾当初は
そろばん技術上達重視の
きびしい指導をしていました

生徒に対して

もっともっと頑張れ

なんでできないの

そんなことやってたらダメでしょう…と

注意ばかりしている先生でした

そして、思い通りにいかない生徒をみて
大きな声で叱る

毎日、教室が終わると
どっと疲れがでてしまい

私はなんのためにやっているんだろう

なんてダメな先生なんだろうと
自分で自分を責めました

それは
子供に接する技法を知らず
その場限りの対応になっていた
からだと今はわかります

家庭の事情で仙台市に移住し
教室を再開するか...
しばらく悩んでいました

他の職に就こうとも考えましたが
私はそろばん教室をやりたいと
強く想ったのは

今の指導法に出会えたこと

そして

大事な時期に
娘に対してしてしてきた
子育てと教育が間違っていたと
後悔しているからです

そろばん教室を福島県で開塾して
数年間、私の指導は…
特に実の娘には…

早く計算ができるように
他の子達に負けないように

なんでできないの…
なんでやらないの…

なんでなんでの押しつける
きびしい指導でした…

そのため、娘を泣かせたことも多々… 

そんな娘をみて
自分の指導力不足だと
落ち込み焦り…

もっときびしくしなければ
娘は言うことをきかない
大会も勝てないし

そろばんをやっている意味がないと
さえ思っていました

そんな娘は
泣きながらも
地元のそろばん大会ではいつも上位

そして大会直後は
大会で入賞すれば
それが自信になって

自分から進んで
そろばんを練習し上達するだろうと…

自分から進んでやることを
期待していました…

それが
たいてい期待外れ…

それでもむりむり練習させ
早く大きなケタの計算が
できるようにさせる指導を続け

きびしく
そろばん技術だけ
上達させる教室でした

そんなある日
娘に

「なんでお母さん
そろばんの先生になったの!」

「お母さんが先生になんて
ならなければ良かったのに…」

と言われたんです… 

すごくショックでした…

私なりに娘を想って
娘のために
頑張っていたのに…

私は、なんのために
やってきたんだろう…

なにを目指して
やっているんだろうと
ずっと考えるようになりました

そこからです

私が全国各地に
行くようになったのは…

地元で自分流でやっていても
なにも変わらない!

全国の先生に会いに行こう!

そしてヒントをもらい
自分の教室をかえたい!と

日本各地の講習会に出席
教室見学させていただきました

全国各地の先生方から
教えていただいた教材や
指導法を検討改良を繰り返し

今の教室の形ができました

そして、一番の出会いが
勇気づけの心理学「アドラー心理学」
の出会いでした

その学びが
子供と接する時の
技法になりました

それは
以前の教室とは
まったく違うやり方で

きびしくやらせる教室から
子供が楽しみながら
自らやる教室に
かわっていきました

そして
今の教室指導で
一番やりがいを感じていることは

計算力だけではなく
思考力や算数力も
同時に身につけることが
できるようになったこと

そろばんを使用することで
ドリルプリントだけで
算数を教えているより

自分で操作し目で見ることで
より数感覚の理解が深まり
将来役立つ「数字力」を
身につけられることです

計算だけで
そろばんを使っているのは
もったいない

教具として使用し
脳力の土台つくり
「数字力」を育てるツールとして
使用しています

大会出場もやめました

もっと早くに
娘にこの指導と技法を使って
そろばん指導や子育てをしていれば…

そんな後悔から
まだ私には、やるべきことがある

以前の私のように子供に接する時
子供のことを想って
日々子育てをしているのに

うまくいかず
自分を責めているママに
子育ての技法をお伝えしたい

ママが技法を学ぶ事によって
子供達もママも
幸せになってもらいたい 

と新天地で
2019年2月
教室を再開塾しました

幼児の時から
この指導法で学習している息子は
算数得意大好き
理数脳に確実に育っています
 
そんな娘が
息子に
「いいよね~◯◯は、私は、最悪だった」
と言い

私には
「お母さん、ほんとかわったよね
お母さんがそろばんの先生で良かった!
頑張って」と言ってくれ

応援してくれるようになりました 

この指導と技法で
多くのママと子供達に
幸せになってもらうのが
私の生きがいです

もし
あなたが今
子育てに悩んで
自分を責めているのであれば

それは
あなたが悪いわけではありません
子育ての技法を知らないだけです

1人で迷いがんばりすぎないで
ぜひLINE@から
メッセージでお問い合わせください

LINE@お友達追加

脳キラ☆スクール

数で左右脳の力を
引き出し自信をつくる

そろばんを教具として
楽しみながら脳の土台作り
「数字力」「脳力」「自信」
を引き出す教室
計算力重視ではなく
他の分野での活動や
学習時の姿勢や意欲の向上
今後多くの知識を詰め込む
脳の土台作りが目的の教室です

マップ