"飲み物"を極める
たかが飲み物。されど飲み物。
普段飲んでいるその飲み物についてちょっと考えてみませんか?

食事の相方としての飲み物

水だけでもpHと硬度の観点から考えれば無数にあります。
そんな水を用途に合わせて変えることで新しい楽しみが生まれます。

ボタン

コーヒー

コーヒーは苦いと思ってませんか?
それは市販のコゲ水を飲んでるからです。
コーヒーは本来ベリーを感じる甘いものです。家庭で最高の1杯を淹れる方法を伝授致します。

ボタン

お茶と言っても日本茶、紅茶、烏龍茶などなど。でもすべて茶葉から始まってます。
茶葉を発酵させたり、相性のいい水を選んだり、温度を変えたりで味が全然違ってきます。そんな奥深すぎるお茶の世界をご紹介。

ボタン


Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

食事としての飲み物

牛乳

牛乳ってそんなに違いがないと思っていませんか?
牧場と市販は違うなくらいの認識ではありませんか?
ではなぜ違うのか。それは・・

ボタン

豆乳

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

果物

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

硬度
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

pH
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

濾過方法
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

編集画面では動画は再生されません。

コーヒー

コーヒー屋で飲むコーヒーって美味しいですよね。
でも家ではなかなかその味になりませんよね。
そんな方々のためにコーヒー屋の味よりも美味しいコーヒーの淹れ方をご紹介!

ボタン

STEP

1

産地

まずそもそもどういう味のコーヒーがいいか。
ここで決まりますね。
というのもコーヒーの持つ味と焙煎の適正があり、
この豆は深煎りがいいなどが大体決まっているからです。
おなじみの深いどっしりとしたコーヒーがいい人はマンデリンやブラジル。
フルーティーなコーヒーにするならエチオピア、ケニヤ、ルワンダ、東ティモール、パナマ。
どちらの可能性もあるのはグアテマラやコロンビアやホンジュラスをまずは選ぶといいですね!
ちなみに僕のおすすめはエチオピアです!

STEP

2

精製方法

ここはあまり聞き慣れていない人も多いかと思います。
ですが簡単なのでご安心ください。
コーヒーはそもそもコーヒーチェリーという赤い実の種子です。
なのでその種子を取り出して保存が効くように乾燥させないとダメですよね。
その乾燥のさせ方で大きく3つあるのです。
1つ目がnaturalといって、実をつけたまま天日干ししてあげて実の甘さを種子にじっくり染み込ませたもの。かなりフルーティーなので僕はとても好きです。
ただ焙煎するときに雑味に繋がりやすいのでいいところでないとまずい可能性が高まるので注意。
2つ目はwashedといって、実を取ってから乾燥させるというやり方。
比較的すっきりした味わいのものが多く、多くの方が好みます。
そして3つ目はその間のようなsemi washedといって、実を剥がすけど一部を残してあげることでnaturalで多い雑味につながるものを減らせるというものです。
ただ実を取ってしまう分当然フルーティーさは減ってしまいますけどね。

3つ紹介しましたが、店にあるのは基本的にnaturalかwashedの2つです。
ここはその日の気分や好みで決めていきましょう!

STEP

3

焙煎

豆を生かすも殺すもここで決まります。
焙煎の度合いを浅い〜深い(ライトロースト〜イタリアンロースト)といいます。
某チェーンのコーヒー店などでは基本的にかなり深い煎り方をするのでいうならばコゲです。
料理を焦がしてしまったときのあの黒いコゲとチェーン店のコーヒーは似てませんか?
だからコーヒー嫌いという人もご安心ください。
僕もあのコーヒーはまずくて飲めたもんじゃありません。
もし好きであればすみません。笑

そんな大事な焙煎ですが、先ほども少しいいましたが全て浅煎りがいい、中深煎りがいいということではありません。
豆の味と焙煎には相性があります。
例えば深煎りしか目にしないマンデリンを浅煎りにした場合、癖が強すぎて飲めません。
酸味はそもそも強くないですが一癖あり、苦味やら香りやら独特です。
これが中深煎りになると苦味が増して調和し始めるのです。
逆にエチオピアの場合、フルーティーさが売りなので浅煎りは最高なのですが、
深くすればするほどそのフルーティーさは減っていきます。
ある程度までは苦味の中のフルーティーさがとてもいいバランスで美味しいのですが、
一定ラインを越えると繊細なその味は消えてしまいます。

なので、先ほどの産地のところで紹介したフルーティーなものは浅煎り〜中浅煎りまでがおすすめで、ブラジル・マンデリンは中深煎りがおすすめ。コロンビアやグアテマラやホンジュラスは中浅〜中深煎りがおすすめです。

STEP

4

挽き方

コーヒー屋さんで豆を買って家に帰ってきてついに淹れる段階ですね!
ここはとてもシンプル。
ただ豆を細かくするだけなので機械を買って豆を投入するだけ!
でも注意!
コーヒーは毎回美味しいものを飲むためには毎回同じ細かさにならないと味が安定しません。
なので手挽きの機械ではなく、電動のやつにしましょう。
といっても電動の中でも性能は様々・・。
安いやつではサイズがばらばらになることが多いです。
そんな中でおすすめなのは2つ。
KALITAのNext-Gとwilfaのコーヒーミルです。
KALITAは高いのでwilfaがいいかと思います!

STEP

5

淹れ方

淹れるといっても必要なものは大きく分けて4つあります。
①温度調整できるヤカン
②ドリッパー
③水
④容器
です。
①は豆ごとに相性のいい味があります。具体的にはブラジルは中深煎りでビターな感じにしたいから高温抽出して苦味を出していった方がいいのですが、逆にエチオピアだとフルーティーさがいいのに高温抽出すると苦味がフルーティーさを邪魔してしまうため、低めの86℃くらいがいいのです。その細かい温度調整を店では熱容量の観点から移し変えて温度下げを行なっておりますが、段々温度も変わって行きますし、安定しません。そのためそういう店は論外。
ちゃんと温度調節できるヤカンにしましょう。
今の所温度調節できるヤカンはbonavitaと山善のヤカンくらいです。

②ドリッパーはかなり種類があります。
ドリッパーは大きく分けて3つあって
1つ目はハンドドリップです。よく店で見るようなお湯を注いでいくタイプのものです。
材質によって全然味が異なり、扇/円錐ドリッパー+紙フィルター・布ドリッパー・ステンレスドリッパー・kalita waveなどがあります。

2つ目はエアロプレス。これは空気圧で味を押し出すような感じで、するどい酸味になりやすい傾向にあります。
3つ目はフレンチプレス。コーヒー豆を細かくしたものをお湯につけてしばらく待つようなものなのですが、これにすると水との接触時間が長いため鋭い味ではなく個性があまりないような味になります。そのため中深煎りのコーヒーとは相性がいいです。

③水
水はかなり大事です。
コーヒーは水にコーヒーの抽出成分を混ぜるだけのようなイメージなので水がとても重要。
これで味が全然違ってきます。
前述の水でコーヒーと相性がいいのはpH7付近の中性の水で硬度は低い方が美味しいです。(硬度15以下)硬度が高い方が味を引き出しやすいのですがその分雑味につながる成分も引っ張ってきてしまいます。
またpHも同様で特にアルカリ性の方に傾くとコーヒー成分の中に多い酸性物質がかなり引っ張られてしまうので個性のない味になってしまいます。その上pHが高いとお腹を下します。笑
去年のコーヒーの大会の優勝者は白神山地の水(硬度0.2)でやってましたが、甘さを感じすぎてしまうので個人的には10くらいがちょうどいいと思っております。

④最後に容器。
これはかなり以外なのですが同じコーヒーでも入れる容器によって味が少し変わってきます。
おそらくコップの成分とコーヒーの成分の結合力によるものだと思うのですが、それを考慮してカップも好みのものを見つけるといいと思います。
最初はコーヒー容器の定番のORIGAMIのものでいいかと思います。

STEP

1

産地

まずそもそもどういう味のコーヒーがいいか。
ここで決まりますね。
というのもコーヒーの持つ味と焙煎の適正があり、
この豆は深煎りがいいなどが大体決まっているからです。
おなじみの深いどっしりとしたコーヒーがいい人はマンデリンやブラジル。
フルーティーなコーヒーにするならエチオピア、ケニヤ、ルワンダ、東ティモール、パナマ。
どちらの可能性もあるのはグアテマラやコロンビアやホンジュラスをまずは選ぶといいですね!
ちなみに僕のおすすめはエチオピアです!

お茶

日本茶

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

紅茶

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

ほうじ茶

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

烏龍茶

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

牛乳

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

果物

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

お酒

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

No.99

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン