なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

やりたいことや叶えたい夢、

慌ただしい毎日の中で後回しにして、忘れてしまったり、

自分には無理なんじゃないかとあきらめてしまったり。

やりたいことがあるけれど、勇気がない。

家族がいるから、自分にはできっこない、能力が足りない、時間がない、


もう夢見るような年齢じゃない・・・。


ドリプラは勇気を出して、半歩踏み出したチャレンジャーたちのプレゼンテーションです。


夢を語り、叶えることができるのは、決して特別なひとだけではありません。


プレゼンターたちは、半年間、いろいろなひとに支えられながら

自分と向き合い、実現したい世界を磨き上げ、

どうしたら事業にすることができるか実験を重ねます。


夢にワクワクしながら、現実の大変さに打ちのめされそうになりながら、

仲間と共にプランを創りあげていきます。


夢の実現にはたくさんの困難がある。

それでも、あきらめない理由がある。

だから、プレゼンテーションを通じて仲間と出会いたい。


誰かの夢があなたの夢に、あなたの夢が誰かの夢に

そんな夢があふれる信州を創るための挑戦です。



実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。

INFORMATION

  • 2021.09.19
    ドリプラ信州2022オンライン説明会の10月日程を追加しました

    10月も下記日程で開催いたします。お申し込みはINFORMATION SESSIONのフォームよりお願いいたします。
    10/3(日)10:00~11:30、10/7(木)20:00~21:30、10/13(水)20:00~21:30
  • 2021.09.19
    第8回オンライン説明会開催のお知らせ

    9月19日(日)14時から、第8回オンライン説明会を開催します。
  • 2021.09.15
    第7回オンライン説明会開催のお知らせ

    9月15日(水)20時から、第7回オンライン説明会を開催します。
  • 2021.09.19
    ドリプラ信州2022オンライン説明会の10月日程を追加しました

    10月も下記日程で開催いたします。お申し込みはINFORMATION SESSIONのフォームよりお願いいたします。
    10/3(日)10:00~11:30、10/7(木)20:00~21:30、10/13(水)20:00~21:30

ABOUT

ドリームプラン・プレゼンテーション信州について
ドリプラは2007年に始まり、全国約30か所で開催されてきた夢プランの発表会です。これまで多くの人が自らの夢を語り、夢の実現にチャレンジしてきました。誰もがワクワクする感動と共感の体験型プレゼンテーション。事業の価値を説明するのではなく、見ている人にその事業が社会に広まったとき、どんなシーンが起こるのかを体験してもらうのが、ドリームプラン・プレゼンテーションです。
プレゼンターは 10 分間という限られた時間の中 で、事業の価値、あきらめない理由を表現し、そのプレゼンテーションを通じて賛同者を巻き込み夢を実現します。

PRESENTATION

CURRICULUM

カリキュラム
 ドリプラ信州では、プレゼンターの叶えたい夢を事業として立ち上げます。これまでやりたいと思っていたけれど、様々な理由からできていなかったこと、どうしたらいいのか、何から手をつけたらいいのかわからなかったこと、など。
 夢を叶えるための事業は、必ずしも経済的な大成功を目的としているわけではありません。一方で、夢を叶えるためには、仕組みとして継続して価値を生み出し、価値を拡げていく必要があります。
 そのために、「事業としての仕組みを作ること」「実現したい世界像への共感を得て仲間を作ること」の2つがドリプラ信州で、プレゼンターが目指すゴールです。

INFORMATION SESSION

オンライン説明会
ドリームプランプレゼンテーション信州の概要をより詳しく知っていただくために、オンライン説明会を開催しております。
【開催日程】
9/19(日)14:00~15:30
9/22(水)20:00~21:30
9/30(木)20:00~21:30
10/3(日)10:00~11:30
10/7(木)20:00~21:30
10/13(水)20:00~21:30
お申込みは下記フォームよりお願いいたします。

MEMBER

佐竹宏範

SATAKE HIRONORI

こんにちは!実行委員の佐竹宏範です。ドリプラ信州がプレゼンターの事業を創っていくためのカリキュラムとドリプラ信州のプロジェクト管理をしています!

 私は、2018年11月に、信州大学と中小企業庁が行った『信州100年企業創出プログラム』で東京から松本に来ました。松本の中小企業で経営革新に取り組みながら、それを信州大学の研究員として、研究にまとめるというプログラムでした。「地方には、企業の中核を担う人材が不足している。だから首都圏から還流させる」というコンセプトのプログラムで松本に来て、地元企業で働きました。そのなかで気づいたことは「地方にも、企業の中核を担うことができる人材はいる」ということでした。一方で、そのような人材が自分の力を発揮する機会や能力を磨く機会が少ないことに課題を感じました。

 そこで、2019年に、地元企業で働く若手社会人を集めたゼミ『あしたシナリオ創造ゼミ』を立上げました。「社外に同期をつくる」「仕事に必要なスキルを学ぶ」ことで、仕事に本気で取り組む楽しさを知ってもらいたいと考えたからです。

 「さらに、実践の場が必要だ!」と考えて、今回このドリプラ信州に取り組んでいます。「自分にはできない」とあきらめるのではなく、「自分がやりたいことにチャレンジしてほしい」という想いからです。

 何かに一生懸命取り組むとき、幸福になれると思っています。地域活性、地方創生などが語られますが、それは決して人口が増えることだとは思いません。そこに住むひとたちが、毎日を楽しんで、幸せに暮らすことが本当の地域活性・地方創生だと思います。この取り組みで、ひとりでも多くのひとが、毎日を楽しく過ごすことができるようになればと思っています。

運営メンバー/ファシリテーター

野竹聡

NOTAKE SATOSHI
実行委員の野竹です。ドリプラという企画がとても素敵だったので、実行委員をやらせて頂いています。
私は、2019年から、イベLabココカラというスペースを運営しています。自分自身フリーのエンジニアで、これまでやってこなかったような働き方を模索しています。これまでやってこなかった事、困難なことが多く、様々な課題と向き合わなければいけない日々。凄く大変なことが多かったのが、取り組んでみた感想です。そんな中、同じように新しく何かに取り組もうという方で、テナントスペースを借りなければいけないような新規事業を考えている方に出会いました。自分自身でやっているからこそわかる大変さ。とても他人事ではありませんでした。解決策として、気軽に取り組みを始められるような場所を自分が提供できれば良いんだという事に気が付き、イベLabココカラの運営を始めました!運営する中で、青木さんとも出会い、青木さんの夢である、大人が夢を語れる世界も一緒に実現していけたらと考え、一緒に取り組ませて頂くことになりました。
運営メンバー

佐竹憲子

SATAKE NORIKO

こんにちは。ドリプラ信州実行委員の佐竹憲子です。

最初に「夢を語る」、「夢を叶える」、「夢のプレゼンテーション大会」と聞いた時、夢??とちょっと戸惑いました。大人になってこんなに夢について考えるとは正直思いませんでした。

ですが、1年近くドリプラに関わる中で感じること、それは、夢ややりたいこと、叶えたいことと向き合い、本気で取り組むことは本当に掛け値なく素晴らしいということ!個人が自分の夢を語る、正面からそれと向き合い、叶えていく。日々の中で埋もれてしまいがちな自分の願い、望みをあきらめない。個人が自分の夢を生きる、って本当に計り知れない影響、パワーがあると感じます。個人が個性を発揮し、夢を語り、叶える、そんな場をつくる、それがドリプラ信州での私の夢です。

ドリプラ信州の開催そのものが、私たち実行委員にとって大きな、そしてワクワクするチャレンジです。

「自分の夢を生きて、何が悪い」!

みなさまのご参加、応援をお待ちしています!

運営メンバー

青木航志

AOKI KOJI

ドリプラ実行委員の青木です。

私自身がドリームプランプレゼンテーション(ドリプラ)と出会ったのが令和2年1月、名古屋で行われたドリプラ東海でのプレゼンター、スタッフの方々が輝いている姿を見て、心が踊ったのを今でも忘れません。

「大人が輝けば、子供が輝く」

長野県を輝いている大人でいっぱいするためドリプラを開催すると決意し
3ヶ月後、ドリプラ信州への準備がスタート。私にとって全てが初めての経験でした。
不安、恐れに押しつぶされそうになり、逃げ出したい、投げ出したくなったことも数え切れませんでした。やるって言わなきゃよかった、こんな夢持たなきゃと思ったこともありました。

令和3年11月からドリプラ信州の相互支援会が始まり、日々さまざまな夢を聴きながら、私自身の夢も語ってきました。コロナ禍という事態の中でも前へ進むことを諦めず、進み続けれたのは沢山の仲間がいたからです。

私一人では「大人が輝けば、子供が輝く」そんな社会を叶えるためのドリプラ信州を開催することはもとより、多くの応援者、支援者が集うことはできませんでした。

私の夢はまだ道半ば、スタートしたばかりです。

ドリプラ信州は第二幕が開幕します。

今回はどんな出逢い、出来事、挑戦を一緒に感じることができるのか
今からワクワクしています。

さあ、一緒に輝きませんか?
あなたと出逢えることを楽しみにしています。

運営メンバー/発起人

野竹聡

NOTAKE SATOSHI
実行委員の野竹です。ドリプラという企画がとても素敵だったので、実行委員をやらせて頂いています。
私は、2019年から、イベLabココカラというスペースを運営しています。自分自身フリーのエンジニアで、これまでやってこなかったような働き方を模索しています。これまでやってこなかった事、困難なことが多く、様々な課題と向き合わなければいけない日々。凄く大変なことが多かったのが、取り組んでみた感想です。そんな中、同じように新しく何かに取り組もうという方で、テナントスペースを借りなければいけないような新規事業を考えている方に出会いました。自分自身でやっているからこそわかる大変さ。とても他人事ではありませんでした。解決策として、気軽に取り組みを始められるような場所を自分が提供できれば良いんだという事に気が付き、イベLabココカラの運営を始めました!運営する中で、青木さんとも出会い、青木さんの夢である、大人が夢を語れる世界も一緒に実現していけたらと考え、一緒に取り組ませて頂くことになりました。
運営メンバー