DRAWDOWN
ドローダウン

地球温暖化を逆転させる100の方策

ドローダウンについて

「地球温暖化を止め、逆転するために、私たちは何をする必要があるのでしょうか?」

最も効果が高い既存の方策はどれで、その効果はどれほどで、いくらくらいの投資が必要なのか、気候や環境の専門家に質問したが、そのような研究結果はないとのことだった。

<プロジェクトの概要>
自分たちでやろうとプロジェクトを結成。地球温暖化対策の100の方策をリスト化し、2020年~2050年の30年間でどれくらいの効果を上げられるか見極めることが目的。100の方策(温室ガスの放出を抑える方策、および吸収する方策)について、70名の研究者が22ヶ国から参加し、データ収集、研究、シミュレーションを実施。さらに、その結果を120名のアドバイザーが再評価し、確認した。3つのシナリオでシミュレーションを実施。高実現度シナリオ:保守的データ、予測を使用ドローダウン・シナリオ:高実現度シナリオのCO2関連データ、経済的効果を楽観サイドに変更楽観シナリオ:2050年には全エネルギーがクリーンな再生可能エネルギーになっていると想定

<シミュレーション結果>

高実現度シナリオでは削減される温室ガスの排出量は1,051ギガトンに上るが、地球温暖化の逆転はできない。ドローダウン・シナリオでは削減量は1,442ギガトンで、2050年の大気中のCO2量が0.59ギガトン削減できるというシミュレーショ結果になり、地球温暖化逆転の可能性が出てくる。楽観シナリオでは削減量は1,612ギガトンに達し、2045年には大気中のCO2量が0.99ギガトン削減でき、より地球温暖化逆転の可能性が高まる。

ポール・ホーケン

プロジェクト・ドローダウン発起人

米国の環境活動家、起業家、作家。ビジネスと環境の関係を変えるためにその人生を捧げ、環境に配慮したエコ・コンシャス・ビジネスを創業したり、商業が生態系に与える影響についての本を執筆。州政府や企業に対して経済成長や産業エコロジー、環境系の政策についてのコンサルティングも行う。

地球温暖化を逆転する100の方策(例)

#4 フードロスの削減
#6 熱帯雨林の再生
#2 陸上風力発電
#2 陸上風力発電

”ポール・ホーケン『プロジェクト・ドローダウンについて』”

ドローダウン紹介
ワークショップ
今後の開催予定

プロジェクト・ドローダウン「地球温暖化を逆転する100の方策」の概要を紹介
・地球温暖化の逆転の可能性について私たちはどこにいるのか?
・ドローダウン紹介:地球温暖化に対して何か可能なのか?
プロジェクト・ドローダウンとは
*こちらのワークショップはアメリカの非営利団体Pachamama Allianceがプロジェクトドローダウンと共同開発したプログラムを、翻訳し提供しています。

ドローダウン紹介ワークショップ@上海

【日時】9月22日(日)14:30~17:00
【場所】上海
【ファシリテーター】鮎川詢裕子

ドローダウン紹介ワークショップ@オンライン(ZOOM)

【日時】10月6日(日)10:00〜12:30
【場所】ZOOM(オンライン)
【参加費】3,000円
【ファシリテーター】鮎川詢裕子

参加者のご感想

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

ファシリテーター紹介

鮎川 詢裕子
人と組織の潜在力の発揮が個と社会・世界全体の輝きにつながると考え、日本と中国他で組織開発・多文化理解・コーチング・コンサルテーション等を行っている。
著書に「最高のリーダーほど教えない(かんき出版)」がある。

株式会社クラリティマインド代表取締役
オンラインクリアリング主宰
日経×womanアンバサダー
鈴木核
自動車メーカーに勤務中より「地球上のすべての人が、環境的に持続可能で、社会的に公正で、精神的に充足した生き方を実現すること」を目指しNPOセブン・ジェネレーションズを設立・運営。早期退職制度で退職後はその運営を続けながら、リオの地球サミットに参加したり、循環型社会を目指すトランジションタウンいちかわの立上げなどに取組んでいたが、今後の世界にとって重要であるアフリカのことを何も知らないと思い、2016年3月より妻も巻込み、シニア海外ボランティアとして2年間、経営管理職としてザンビアに赴任。2018年に帰国後、DRAWDOWNプロジェクトと出会い、日本で広める活動を始めた。その他、派遣前から取り組んでいた高校でのキャリア教育ワークショップや、地域の人たちをつなぐワークショップを開催している。
関口守
野外体験学習指導者、企業研修ファシリテーター、環境NGOのキャンペナー職等を経て現在は「人が人と、自分と、そして地球とつながるためのお手伝い」を提供する Pathway を主催。
ふたりの娘の父親 として、彼女達の子どもや孫の代まで、地球が持続可能で、美しく豊かさと愛に溢れた場所あることを願い活動中。
NPO法人セブンジェネレーションズ理事
関口守
野外体験学習指導者、企業研修ファシリテーター、環境NGOのキャンペナー職等を経て現在は「人が人と、自分と、そして地球とつながるためのお手伝い」を提供する Pathway を主催。
ふたりの娘の父親 として、彼女達の子どもや孫の代まで、地球が持続可能で、美しく豊かさと愛に溢れた場所あることを願い活動中。
NPO法人セブンジェネレーションズ理事