なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

医師転職ドットコムの口コミ評判と特徴

医師の転職サイトや転職エージェントは限られていますので、なるべく大手に登録した方が良いですね。

私は医師転職業界の中で最多の求人件数を誇る医師転職ドットコムに登録しています。

「産業医求人」「役職求人」「製薬求人」を中心に非公開求人情報が豊富なのが特徴です。

他の転職支援サービスでは公開されていませんので、医師転職ドットコムに登録しないと紹介してもらえません。

しかも、求人件数の多さだけではなく、下記のように求職者へのコンサルティングも徹底しています。

  • 将来を重視して今後のビジョンに合う納得のいく転職を実現してくれる
  • 面談で医師としてのキャリアプランニングを行ってもらえる
  • 求人への応募や面接を受ける時に適切な交渉をしてくれる
  • 気になる退局や退職時の人間関係も同時にサポートしてくれる

面談では勤務医として一生過ごすのか、開業医になるべきなのかの相談にも乗ってもらえました。

ここまで医師一人ひとりのキャリアプランを考えてくれるのは、医師転職ドットコムだけですね。

私は担当者に相談し、年収1,400万円台の良質な求人を紹介してもらうことができました

年収が遥かにアップしますので、とりあえずは開業医の道は見送るつもりです。

申し込みから面談までの流れは、「公式サイトから転職支援サービスに申し込む」⇒「専門コンサルタントとカウンセリングを受ける」⇒「好条件の非公開求人を紹介してもらう」⇒「求人に応募して面接を受ける」という感じです。

多くの医師が利用していますので、ぜひ医師転職ドットコムのサポートを受けてみてください。


医師転職ドットコムの特徴

医師転職ドットコムは、メディウェルが運営している医師のための転職サイトです。

医療機関専門の経営コンサルティングファームのネットワークを活かし、転職を考えている医師を徹底サポートしてくれます

他の転職支援サービスと違い、医師転職ドットコムにどのような特徴があるのか下記にまとめました。

  • 転職の希望条件達成率が94.7%と非常に高い
  • 40,000件近くの求人を揃えている
  • 他のサイトでは見つからない非公開求人の数が多い
  • 検査や手術、症状の詳細情報や今後の展開まで情報提供してくれる

自分の希望条件に合う求人を豊富な選択肢の中から探すことができますよ。

医師転職ドットコムとは

医師転職ドットコムは、業界最大級の4万件以上の求人数を誇る、日本最大級の医師転職サイトです。

豊富な求人数に定評があり、常勤の医師だけでなく、非常勤や非正規の求人も検索することができます。

また、ネット上に掲載されている公開求人だけでなく、登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人も多数あります。

業種の幅が広いのも特徴で、内科や外科の求人が豊富に揃っています。

転職を考えている医師の方は、登録しておいて損はない転職エージェントと言えるでしょう。

年収UPしたいなら医師転職ドットコムがおすすめ

年収を上げたいという理由で転職を希望する医師は少なくないです。転職理由が労働条件や職場環境であっても、年収をアップさせたいと考えているはずです。

医師転職ドットコムでは、平均年収を1.4倍にした実績があります(株式会社メディウェル調べ)。

これは、医療機関向けに経営コンサルティングサービスを提供する株式会社メディウェルの強みです。依頼する医療機関からの信頼も厚く、条件交渉も得意としています。

年収アップを目指している方には、ぜひ「医師転職ドットコム」の利用をおすすめします。

また、全国対応なので、どの都市でも担当エージェントと打ち合わせができます。担当エージェントとの面談はどの都市でもできますし、転職もどの地域でもできます(海外を除く)。

退局・退職時の人間関係もサポート

医師転職ドットコム(メディウェル)では、転職支援の一環として、退職・退社のサポートも行っています。これまで11,000件以上の転職をマッチングしてきたことで、円満に退職するためのノウハウを蓄積しています。様々なケースを経験したエージェントが徹底的にサポートします。

実際に転職した医師からは、「円満に退職できて助かった!」という声が聞かれます。特に若い医師の場合にとっては、きっと感謝されることでしょう。

円満退職は今後、医師として充実した生活を送るためにとても重要です。失敗しないためにも、医師転職ドットコムのエージェントを頼ってみてはいかがでしょうか。

企業やクリニックの求人は少ない

医師転職ドットコムは求人数の多いエージェントですが、求人内容が偏っているという欠点があります。

都市部だけでなく地方の求人も多いのですが、施設の種類はあまり豊富ではありません。

病院からの求人がほとんどで、それ以外の施設からの求人はほとんどありません。

特に企業やクリニックからの求人は非常に少なく、病院以外への転職を希望する方にはおすすめできません。

医師転職ドットコムと併用するべき転職エージェント

医師転職ドットコムと併用すると効果的な転職エージェントを紹介します。

下記の5社から、追加で1~2社ほど利用すれば良いと思います。

エムスリーキャリアエージェント
登録医師数27万人の日本最大級の医療専門エージェント「m3.com」と同じ会社が提供しており、医師の間での知名度も抜群なので、ご存知の方も多いと思います。

サポートの手厚さは言うまでもなく、特に病院との交渉の際には心強い存在です。

コンサルタントには医療経営の資格が求められており、経営者の立場から病院との条件交渉を行うことができます。

また、各都道府県にコンサルタントがいるため、顔の見えるサポートを受けることができます。


リクルートドクターズキャリア
1万件以上の非公開求人を保有しており、その多くはリクルートの営業担当者を通じて交渉できる好条件の独占案件になります。

また、転職に関するさまざまなサービスを提供する「転職のプロ」であるため、転職活動中はもちろん、内定を得た後も高いレベルのサポートが期待できます。


マイナビドクター
人材派遣大手の株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

全国に14の拠点があり、担当者が医療機関を訪問するなど、地域に密着したサポートを受けることができます。

介護分野にも強く、病院とのパイプが太いのが特徴です。同社の求人の6割は非公開で、マイナビでしか募集していないものも多いです。


民間医局
メディカル医局が運営する転職エージェントで、転職支援や非常勤求人の紹介を行っています。

丁寧なサポートが好評価を得ています。


JMC
JMCは医師の転職・アルバイト探しをサポートする転職エージェントで、他社にはない独自の非公開求人の情報を見つけることができます。

JMCには医療業界に精通した経験豊富なエージェントが多数在籍しており、過去の利用者からも評価が高いです。

病院施設の内部調査をしてもらえる

病院への転職は通常の企業転職とは異なり、医師同士のつながりが深いため、気になる施設を自分で調べておくと、転職活動をしていることが周囲にバレてしまう可能性があります。

ただし、施設によって病棟間のシステムや医局内の状況が変わるため、リサーチせずに自分に合った職場を探すのは難しいです。

医師転職ドットコムでは、登録者のご要望に応じて、コンサルタントが実際に施設を訪問し、内部事情を調査します。

身分を隠したまま転職活動を進めることができるので、今の職場で気まずい思いをしたくない医師にぴったりのサービスです。

また、自分の条件に合った施設で、まだ求人を出していない施設に応募することもできます。

匿名での利用も可能なので、どうしても譲れない条件がある場合にも最適なサービスです。

医師転職ドットコムの求人を徹底分析

医師転職ドットコムに掲載されている求人数と、登録者数は以下の通りです。常勤・非常勤・非公開の求人数は39,840件で、業界でもトップクラスの求人数を誇っています。

これらの求人は、登録者のみに公開されています。高額報酬の仕事や人気企業のポジションを探している方は、応募や問い合わせが集中することが予想されます。

公開されていない求人については、ご提供いただいた情報とご要望をもとに、採用担当者から直接回答させていただきます。1万件以上の求人情報を掲載していますので、ご登録いただくことで、より充実した求人情報をご提供することができます。

当サイトで公開されている求人情報の総数は40,000件以上です。ここでは、弊社を通じて理想の仕事を見つけた方々の例をご紹介します。自宅近くの多数の病院から選ぶことができ、明確な求人リストが提示されました。

医師転職ドットコムのメリット・デメリット

医師転職ドットコムは、医師転職サイトの中でも最大級の求人数を誇っています。しかし、求人数が保証されている転職サイトを利用した方が、自分に合った仕事を見つけやすくなります。コンサルタントの質の高さは、当社の強みです。

ご要望に応じて、当社のコンサルタントが訪問し、現状を説明します。また、医師が円満に退職するためのサポートも行っています。医師転職ドットコムの求人数は比較的多いのですが、その分、求人が偏っているというデメリットがあります。

医師転職ドットコムに掲載されている求人数は比較的多いのですが、個々の求人を見ると、基本的な情報しか掲載されていないことに注意が必要です。給与水準や勤務日数、診療科目などの情報は掲載されているが、それ以上の情報を知りたい場合は、コンサルタントに問い合わせる必要がある。

コンサルタントに不満がある場合は、マネジメントチームにコンサルタントの変更を依頼することができます。