内窓でおすすめの業者比較

近年、内窓をつける家庭が増えています。なぜ内窓を取りつけるのか、注意点やおすすめ業者の比較などもしてみましょう。さまざまなメリットがあるので、現在内窓がついていない家庭は前向きに検討してみるのもいいかもしれませんね。

内窓の効果

内窓の効果にはさまざまなものがあります。こちらでは、内窓取付を決定づける効果について見ていきましょう。
 
・防犯対策
集合住宅地、戸建て問わずに窓に防犯対策をするべきか悩んでいる人もいるでしょう。最近は便利になって100円ショップにも窓に取りつける二重鍵が販売されています。手軽に防犯ができるようになりましたが、窓を割られてしまうと意味がありません。そこで、防犯対策の一環として内窓を取りつける家庭が増えたのです。
 
・防音効果
生活音は窓の隙間から入ってくると言われているため、内窓をつけることでその隙間をしっかりと埋めることができます。その結果、室内外の音が出入りすることがなくなり、自然と防音効果が高まっていくのです。
 
・結露対策
寒くなると、どうしても窓に結露が出てしまいます。放置しておくとカビの原因にもなるので衛生的にも良くありません。内窓を取りつけることで室内の温度が外気に触れないようにすることで、結露の発生を減少させることができます。ただ、結露ゼロにはできないので、多少の結露には悩まされますが、手入れが大変だと感じるほどではないので安心してください。

内窓のデメリット

さまざまな効果があるので、メリットばかりに思われがちですが、内窓を取りつけることによって起こるデメリットもあります。こちらでは、どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。
 
・窓の開閉が面倒になる
今まではひとつだった窓がもうひとつ増えてしまうので、開閉の手間がかかってしまいます。大変というほどではないのですが、ひとつ手間が増えるだけで急いでいる時などは、若干わずらわしさを感じるようです。
 
・掃除が大変
窓が二重構造になっていることから、掃除が大変になるデメリットがあります。軽く拭くだけで良かったものも、隙間の埃を取り払うためなどに手間がかかります。この手間が最大のデメリットと言ってもいいかもしれません。
 
・設置費用が高い
内窓の取り付けにかかる費用は、一般的な相場で10万円~20万円程度と言われています。決して簡単に出せる金額ではないので、設置に悩む人もいるでしょう。ただ、地域によっては補助金を受けることができるので実際の金額はもっと抑えることができる場合もあります。補助金については、自治体や市役所に確認するといいでしょう。

内窓取付業者の選び方

内窓はDIYで自作する人もいますが、慣れていない人や内窓の効果を高めたい人はなるべく業者依頼をするようにしてください。こちらでは、どんな選び方をすればいいのかについて見ていきましょう。
 
・取扱メーカーが豊富な業者
内窓にはさまざまなメーカーがあり、業者によって取り扱っているメーカー、取り扱っていないメーカーがあります。各メーカーによって特徴があるので、なるべく取り扱っているところが多い業者を選ぶようにしてください。
 
・スタッフの対応
内窓を検討している際、いきなり契約をする人はいないと思われます。まずは、電話やメールなどで問い合わせをして、自分が納得できる接客を受けられるかに注目してください。返信が遅かったり、質問を曖昧に返したりなど信頼できない行動をする業者はおすすめできません。
 
・アフターケアは充実しているか
内窓を取りつけた後で不具合が生じる場合があります。ほとんど、不具合が生じることはありませんが万が一の際の対応もしっかりしているかに注目してください。

内窓でおすすめのメーカー比較

内窓にはさまざまなメーカーがあります。こちらでは、おすすめされているメーカーを比較してみましょう。各メーカーによって強みが変わってくるので注目してみてください。
 
・内窓プラスト
内窓プラストは柔軟性のある樹脂を窓枠に使っているので隙間をぴったりと塞ぐことができます。内窓プラストは鍵を必要としないかみ合わせの構造があります。これは気密性が高くなるという特徴を持っているのです。
 
・まどまど
組み合わせるガラスによって性能が異なる特徴を持つメーカーです。ガラスメーカーが主体となっているからこその特徴なのでしょう。
 
・インプラス
カラーバリエーションが豊富で、部屋の雰囲気に合わせた選び方ができます。内窓のタイプも多いので、求めている性能に合わせ内窓を選んでください。

内窓はさまざまなメリットがあるので、ぜひ前向きに検討しましょう。
他のメーカーの特徴などを知りたい人は、こちらのサイトをご覧ください。

まとめ

内窓にはさまざまな性能があります。毎日の生活を快適にするため、防犯のためにも内窓取付を検討することをおすすめします。さまざまなメーカーがあるので、各メーカーの強みを見つけておきましょう。