なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

発達障害、グレーゾーン、
お子さんの育てにくさを
感じて悩んでいませんか?

子供とどうコミュニケーションをとっていいか分からない!

ちょっと一呼吸して、親子でマッサージしてみませんか

私の長男は小学校1年生の時に不登校になり、
それと同時に軽度発達障害も分かりました。
自分の育て方が悪かったんだ!と、
過去の自分を責めては泣いてばかりいました。

そのうち、発達障害名、診断名はどうでもいい。
息子にとって、どうすることがベストなのかを
考えるようになりました。
まず、息子が何に困っているのか知りたくて、
発達障害とは?を知りたくて
アメリカの「自閉症児タッチケアセラピー」を取得しました。
(自閉症だけでなく、ADHD、ADD、グレーゾーンなども含む)

そこで学んだタッチケアセラピーを寝る前に息子にすると、
「気持ちがいい!」と、
リラックスして睡眠も深くなりました。
また、マインドコーチングも学び、子供への接し方が変わり
私も息子も、とても生きやすくなりました。

私のように悩んでいるママさんに、
親子のコミュニケーションのきっかけになる
タッチケアのマッサージを伝え、
また1人で悩んでるママさんに寄り添い、
少しでも心が楽になるお手伝いをします。


こんなお悩みありませんか?

・小さい時から育てにくさを感じていた
・育て方が悪かったのかなと自分を責めていた
・子供にどんなふうに接していいか分からない


・周りに迷惑ばかりかけて謝ってばかりいる
・相談する人が周りにいな
・イライラして毎日育児に疲れる
・1人で悩んでどうしていいか分からない
お子さんに関わるお仕事をされている、
・教師や保育士
・保健師、放課後デイサービス指導員など
・1人で悩んでどうしていいか分からない

タッチケアセラピーとは

アメリカ国際リドルキッズのタッチケアセラピーの創始者、
ティナ・アレン氏は、15年以上にわたり、
子供達やその家庭に関わり、

タッチケアの研修指導を行ってきました。
ロサンゼルスの小児病院で、
米国初の包括的な小児タッチセラピープログラムを実施。
子ども達の健康に対して、革新的なアプローチを行うことで、
タッチが有益であることを

世界中の家族や専門家たちに指導してきました。
揉み解したり、指圧したりのマッサージではなく
優しくタッチしていきます。

お悩み解決

マッサージによって、子どもがリラクセーション、
ストレスの軽減、筋けいれんの
落ち着きを得ることが期待されます。

マッサージセラピーを毎日の習慣に取り込むことにより、
子どもの睡眠の問題の改善に繋がります。
マッサージセラピーを受けた後は、
風変わりな行動をすることが減ったり、
感覚統合を促進し、胃腸の問題を調整します。

ママが子供にマッサージすることで、
親子のコミュニケーションができ
ママも、我が子への愛情が芽生えます。

プロフィール

川村静香
転勤族

長男が7歳の時に不登校になり、
今は行ったり行かなかったり。

・アメリカの国際リドルキッズ協会の
タッチケアセラピー取得
・メンタルコーチ取得
・不登校児経験のある
お母さん達のコミュニティ運営
・小学校を作るプロジェクトメンバー

サービス内容

営業時間:平日10時~16時
料金:1,500円
サービス内容:
オンライン会議システムZOOMを利用し、
30分間の前半でタッチケアマッサージのやり方をお伝えし、
後半で今のお悩みを聞かせてもらい、別の視点をお伝えします。

お問い合わせ・お申込みはこちらの
メールアドレスから。