慢性の呑酸感が
たった1ヶ月で改善!
【逆流性食道炎】

はじめまして。

まさおと申します。45歳の自営業、二人の子供の父親です。

私は約4年ほど前から胃酸が逆流する、呑酸感に苦しんできました。

もちろん通院して薬も飲み続けたのですが、副作用に悩まされ、結局完治させることはできませんでした。

しかし、そんな私ですが、この治療法を実践してわずか1ヶ月です~っと胃が楽になったんです。

呑酸感はもちろん、空腹時の吐き気もほぼなくなりました。

長い間、食べたい物も我慢する生活が続いていましたが、その我慢から解放され、家族との食事はもちろん友達との外食の時間も本当に楽しくなりました。

もっと早くこの治療方法に出会いたかったと後悔しているくらいです。

同じような症状で、苦しんでいる人にぜひおすすめしたいと思い記事を書きました。

呑酸・胃酸の逆流・吐き気でお悩みの方、ぜひお試しください。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃液が食道に逆流してしまう症状のことをいいます。

この逆流性食道炎は症状によっては日常生活にも支障をきたしますので、1日も早く改善したいものです。

では、逆流性食道炎になると、どのような症状が現われるのでしょうか?

逆流性食道炎の症状は、以下の通りです。

・胸焼け
・呑酸
・胃が重い
・食欲低下
・口の中が酸っぱくなる
・喉の圧迫感
・のどのつかえ
・食後に気持ち悪くなる
・食事の途中で満腹になる
・ゲップがよく出る

逆流性食道炎になると、このような症状が現われます。

もし、これらの症状が現れた場合は逆流性食道炎の可能性があります。

逆流性食道炎をそのまま放置してしまうと症状が悪化してしまい、日常生活に支障をきたすことがあります。

また、そうなってしまうと治りも遅くなってしまうので、早めに対処することをおすすめします。

呑酸・吐き気の原因

呑酸・吐き気の原因は、以下の通りです。

・食生活の乱れ
・加齢
・肥満
・薬の副作用
・姿勢

呑酸・吐き気の原因として最も多いのが、食生活の乱れです。

脂肪の多い食べ物を過度に食べると胃酸が増えてしまうので、胃液が逆流する可能性が高くなります。

タンパク質の多い食べ物をたくさん食べると消化に時間がかかってしまうため、胃液が逆流する危険があるでしょう。

年齢を重ねると下部食道括約筋や蠕動運動の働きが悪くなるので、胃液が逆流しても戻すことができなくなります。

肥満により、腹圧が上がってしまうことも、胃液が逆流しやすくなる原因の1つです。

薬の副作用によっても、呑酸・吐き気を起こす可能性があります。

特に、喘息や心臓などの疾患に使用する薬は、下部食道括約筋を緩める作用があるので、呑酸・吐き気を起こすことが多いです。

背中が曲がってしまうと胃の中の圧力が高くなってしまい、胃酸が逆流しやすくなるでしょう。

このように、原因はいくつもあるので、自分に該当するものがないか確認してください。

慢性の呑酸・吐き気
は市販薬で治る?

慢性の呑酸・吐き気を少しでも緩和するために市販薬を服用された方も多いのではないでしょうか?

例えば、

  • ガスター10
  • ガストール錠
  • サクロン
  • 太田漢方胃腸薬
  • 大正胃腸薬

など、ドラッグストアで買える市販薬にはいろんな種類のものがあります。

病院で処方される薬でも、症状が軽い場合は、短期間で治すことも可能です。

しかし、人によっては病院に行く時間が無いという場合もあるでしょう。

その場合、市販薬を使用するしかありませんが、市販薬でも治すことはできるのでしょうか?

症状に合った、効果がある薬を服用すれば症状の改善は期待できるでしょう。

市販薬はどれも同じではなく、自分にとって効果があるものと効果がないものがあります。

強い効果を発揮する市販薬であれば、病院で処方される薬に近い効果が期待できるでしょう。

市販薬で慢性の呑酸・吐き気の治療をしたい場合は、自己判断でどの薬が良いのか?選ぶのは危険です。

病院で処方される薬よりは効果が弱いので、重大な副作用を起こす可能性は低いです。

が、それでも何かしらの副作用が現われる場合もあります。

また、効果が弱すぎる市販薬だと服用しても症状が改善しない場合もあるでしょう。

市販薬購入の際は薬局にいる薬剤師に相談することをおすすめします。

呑酸・吐き気は
口臭の原因になる?

慢性の呑酸・吐き気は口臭の原因になるといわれています。

症状が酷い人ほど、口臭が強くなる傾向があるでしょう。

慢性の呑酸・吐き気になると胃酸が逆流して、胃液が喉まで上がってきます。

そうすると、酸っぱいような臭いが口から発生してしまうのです。

もし、慢性の呑酸・吐き気で口臭が発生している場合は、慢性の呑酸・吐き気を治さない限り、口臭を改善することは難しいかもしれません。

「口臭が酸っぱい」と感じた時は慢性の逆流性食道炎の疑いがあります。

そのまま放置してしまうと、ますます症状が悪化してしまい、口臭もさらに強くなります。

また、胃液が上がることで虫歯になりやすくなるというのも、慢性の呑酸・吐き気が口臭を引き起こす原因の1つです。

症状がさらに悪化してしまった場合、胃潰瘍や胃がん、食道がんといった恐ろしい病気を引き起こす原因になりかねません。

症状の悪化を防ぐためにも、異変を感じた場合は、なるべく早めに治療するようにしましょう。

胃酸の逆流を
防ぐ食事

胃酸の逆流には、どのような食事がいいのでしょうか?

胃酸の逆流を防ぐには、以下のような食べ物がおすすめです。

・脂肪分が少ない食べ物
・刺激物などが少ない食べ物
・無添加の食べ物
・柔らかい食べ物
・温かい食べ物

こういった食べ物は胃腸への刺激が少ないので、胃酸の逆流を抑えられるでしょう。

これらの条件を満たす食べ物としては、白身魚や緑黄色野菜、大豆製品、おかゆなどが挙げられるでしょう。

消化にできる限りいい食べ物を食べることによって、胃腸への負担を減らし、胃酸の逆流を予防することができます。

特に、大根や山芋といった野菜は、逆流性食道炎の症状緩和にとても有効だといわれています。

また、牛乳やバナナ、白パン、鶏肉といった食べ物も、胃酸の逆流の改善に効果的です。

逆に、脂肪分の多い食べ物を過度に食べていると、胃酸の逆流の症状をさらに悪化させる可能性があります。

胃酸の逆流が度々発生するようなら、脂っこいものや刺激の強い食べ物は控えるようにしましょう。

食べ物に気をつけるだけでなく、カフェインやアルコール類の飲みすぎにも注意しましょう。
逆流性食道炎の症状でお悩みの方へ
今すぐクリック!
▽ ▽ ▽