ドナーボランティアを募集!

子供に恵まれないご夫婦に、卵子を提供して頂けるドナーボランティアを募集しています。
皆様のご協力をお願い致します。

ご挨拶

こんにちは、NPO法人エンジェルバンクの理事長 柏木です。
日本では6組に1組のご夫婦が不妊で悩まれており、今後その傾向はますます進んでいくと思われます。
また現在、先の見えない不妊治療を、長期間続けられているご夫婦が大勢いるのも事実です。
原因の一つには、病気や高齢などにより、ご自身の卵子では妊娠できない事にあります。
そこで卵子提供プログラムという高度不妊治療を使って、ご夫婦が「新しい家族を持つ」という夢を叶える
ことに、ご協力お願いできないでしょうか。
よろしくお願い致します。 

ボランティアへの応募条件

以下の条件を満たしている事

1、日本国籍で、1~2週間の海外滞在が可能な方
2、20~32歳ぐらいまでの健康な方
3、喫煙されない方
4、性病を含む感染症や遺伝性疾患を持たない方

・書類による事前審査の後、登録をして頂きます。
・実際の提供までに、数回の検査を行います。
・過去に妊娠・出産された方は歓迎致します。

詳しくはこちら

若い女性の顔

ボランティア参加者の声

女性の顔

手紙に感激

卵子ドナーボランティアに参加した1年後、エンジェルバンクさんより、お子さんが誕生したご夫婦からの、感謝のお手紙を頂き、本当に感激しました。ボランティアに参加でき、お役に立てて大変良かったです。

女性の顔

海外生活

2週間の海外ボランティアを経験でき、有意義な夏休みを送ることができました。日本を発つ前は不安もありましたが、現地エージェントの方に大変お世話になり、毎日を楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。

よくある質問

Q
費用について教えて下さい。
A
ボランティアの方が負担する費用は全くありません。交通費や宿泊代などの経費はすべて当方で負担致します。
またドナーボランティアの方には、帰国後に、ボランティア参加へのお礼として謝礼を差し上げています。
Q
卵子を提供する過程で危険性はありますか。
A
医療行為になりますので、全くないとは言えません。しかし不妊治療を行っている方が、通常行っていることと同じです。
当団体および提携するクリニックでは、ドナーの方の安全第一で運営していますので、ご安心下さい。
Q
卵子を提供したご夫婦と会うことはありますか。
A
お互い会わない契約になっています。
ドナーボランティアの方の許可がない限り、情報を公開したり、会うことはありません。
Q
費用について教えて下さい。
A
ボランティアの方が負担する費用は全くありません。交通費や宿泊代などの経費はすべて当方で負担致します。
またドナーボランティアの方には、帰国後に、ボランティア参加へのお礼として謝礼を差し上げています。

概要

団体名 特定非営利活動法人エンジェルバンク
理事長 柏木 君夫
設立年月 2014年2月
NPO認証 東京都 第2399号
ホームページ http://www.angelbk.org
メールアドレス            info@angelbk.org
事業内容 1、メディカルツーリズムの企画および運営
2、海外先進医療の情報収集およびその紹介
3、卵子バンクの運営
4、養子縁組情報の提供およびその支援
設立年月 2014年2月