プロジェクトリーダー

江崎江美

江戸川区葛西在住
料理教室めぐる主宰
ウーマンズフリーパレット
東京代表

各地で読書会を開催して、コミュニティを構築していきたい!という方をお手伝いします。
「1000冊読めば世界が変わる」を合言葉に展開していきましょう!

読書会のスタイルはどんな形式でも構いません。読書会を通じて、新しい方との出会い、そして、素晴らしい本との出会いを体験する場にしていきたいと思います。

読書会
開催予定


10月21日(月)10時~12時半 終了

「プログラミング教育について考える読書会」
会 場:都営三田線 千石駅 徒歩5分 学習塾わでかくらぶ
主催者:安達睦福岡すみれ
参加費:3500円 ※安達睦主催の読書会へのご参加が2回目以降の方は2500円
 お申し込み:https://ws.formzu.net/dist/S50599681/

2020年に新しくなる学習指導要領に記載されている「プログラミング教育」という言葉。
「プログラミング教育ってプログラミングするんだよね」と思われがちですが、実は違う!!
というところを、本を読みながら知っていき、プログラミング教育とはなんなのかを考えていく読書会です。



11月6日(水)10:00-12:00  終了

『魔法のしつもん読書会』
会場:zoom開催
主催者:江崎江美 
参加費:2,500円(本購入の場合 )
          1,000円(本持参の場合)
定員:4名
お申し込み:https://ws.formzu.net/dist/S42463800/

マツダミヒロさんの「魔法のしつもん読書会」を開催します。
課題図書は本田健さんの『happy money』
本田健さん、直筆サイン本の購入は残1名様




10月21日(月)10時~12時半 終了

「プログラミング教育について考える読書会」
会 場:都営三田線 千石駅 徒歩5分 学習塾わでかくらぶ
主催者:安達睦福岡すみれ
参加費:3500円 ※安達睦主催の読書会へのご参加が2回目以降の方は2500円
 お申し込み:https://ws.formzu.net/dist/S50599681/

2020年に新しくなる学習指導要領に記載されている「プログラミング教育」という言葉。
「プログラミング教育ってプログラミングするんだよね」と思われがちですが、実は違う!!
というところを、本を読みながら知っていき、プログラミング教育とはなんなのかを考えていく読書会です。

1000冊読めば
世界が変わる
1000冊まであと962冊

【HOW TO 読書会】

開催内容はフリースタイルでOK
  • 1冊の本を事前に読み内容をシェアする 
  • テーマを決めてそのテーマの本を持ち寄ってシェアする 
  • 自分が読みたい本をひたすら読んでシェアする
など自由にセッティング。

開催日程や内容が決まったら
次のステップで開催しましょう。


開催希望の方は、
「1000冊読書会」のFBグループに
ご招待しますので、グループで開催日・会場等を報告&告知
告知記事、投稿、感想などに
ハッシュタグを入れる
#ウーマンズフリーパレット
#1000冊読書会
#1000冊読めば世界は変わる
#11月8日マツダミヒロとWFP‬
開催報告をグループにあげる

開催報告

第1回
8/23

「魔法のぐるぐる読書会」

“魔法使い 睦ちゃんっ!”
安達 睦 (安達 むつみ)さんがファシリテーターの
読書会に参加しました。とっても楽しかった!
そして、読書が苦手、読む時間がない、という人に超オススメ!
2時間で5冊の本の内容をシェアできるもう魔法以外のなにものでもない。持ち寄った何も共通点のなさそうな本なのに共通点があって…
それも「にんじん」って!笑
ハットと杖で私たちに魔法をかけてくれた睦さん、ありがとうございました!
by江崎江美


1000冊まであと995冊

第2回
9/24

「積ん読の読書会」
読んだ本
・学力の経済学  著:中室牧子
・ファクトフルネス 著:ハンス・ロスリング
・しつもんマーケティング 著:マツダミヒロ
・子供がやる気になる質問 著:マツダミヒロ
・コミュニティを作って自由に生きる 著:マツダミヒロ

4冊のまとめ☆
「目標」「やらなきゃいけないこと」「やってほしいこと」に対して
・子供なら「直近」の目標
・大人は「100年後」の目標をたてる。
ご褒美でつってよし。
にんじん、をうまく使おう!
にんじんの使い方は下記参照。
迷ったとき、立ち止まったときは
「昔はそうだった、今はどうなの?」と考え、統計的に分析すること。
ネガティブに考えてしまったときは、それは「感じているだけ」ということを思い出すこと。
1年で1番引き寄せられる日は4月1日。
マーケティングは自分のためにある。
自分の声でマーケティングしよう。
「しつもん」(マーケティング)は「一緒に考えるためのもの」
しつもんは「スキル」ではなく「在り方」が大事。
在り方に迷ってしまったときは「100年後の目標(在り方)」を思い出して
「昔はそうだった、今はどうなの?」
を思い出して統計的に分析しよう!!
読書が苦手なのに読めた!
本は全部読まなくてもいいといわれて驚きました。
という感想をいただけてうれしかったです!
1000冊まであと991冊


第3回
9/27

「魔法の読書会」
主催:江口江美
参加者:4名
課題図書:「happy money」本田健

【感想】
 
本を読んでそれぞれが生み出した魔法の質問。その質問の答えをシェアする。そうすると、それぞれの人としての在り方、考え方、家族のことなどがわかる魔法の時間!
1000冊まであと987冊

第4回
9/30

「海を見ながら読書をしよう」
主 催:桜井希和子・水田早苗
課題図書:「Happy money」本田健 著

「魔法の質問読書会」
8つのステップの質問に答えていくと
本の著者が伝えたいこと
本からのメッセージ
が導き出されていく不思議な読書会

自分の心の状態
本に対する興味がより深くなる
参加者同士の理解が深まる
等、
参加者同士の距離もグッと近くなる、
読書会以上の読書会でした。


1000冊まであと984冊

第5回
10/7

第6回
10/8

「本田健さん happy money」で
魔法のしつもん読書会
主催:河内みつの・武中美子
課題図書:「happy money」本田健 著

自己紹介でカードを引いた段階で参加者さんの現状にはまり、すごいお金の秘密を自己開示してくださり、みなさんがオープンマインド全開状態に…

カードすごいです。

魔法のしつもん、一つ一つの答えが個性的で、みんな違う表現、価値観をみせてもらいました。この魔法のしつもん読書会はふかい!ハマります‼︎


1000冊まであと979冊

第7回
10/9

『魔法のしつもん読書会』
主催:渡辺里美 澤村順子
参加者:5名
課題図書:「happymoney」 本田健 著

本田健さんの『happy money』のエッセンスを味わいながら、自分自身に問いかけ、自分の思いを深掘りしていく・・・
ファシリテーターの 渡辺里美 さんのお話でとても印象に残っていることが2つ・・
マツダミヒロさんの魔法の質問には
3つのルールがあるということ。
①答えはすべて正解
②答えが出なくても正解
③答えはすべて「いいね」と受け止める
・・・このルールがあるからこそ、
全て受け入れてもらえる安心感で
余計なことを考えず、
自分の答え、本音を語ることが出来るのだと感じました😊
そして、その場で答えが出なくても
『自分に問いかけることが大事!』
・・ということ。
自分に質問した時点から、脳は答えをさがしはじめるのだそうです。
ふとした瞬間に答えが閃くこともある。
自分のタイミングで答えが出てくる!
だからこそ、日頃から自分に質問する習慣を持つと良い!・・・
なるほど❗️でした!
今回は、読書会の最初と最後に、
プリンスマネーギフトカードの中から
『お金とは何ですか?』の質問に
答えてもらいました。
【before】
・生活の糧
・生活を支えるもの
・沢山あると選択肢と自由が増えるもの
・価値と交換するもの
・幸せの感情と交換するもの
【after】
・自分の生き方を映す鏡
・やりたいことを叶えてくれるもの
・よりよい人生を送るためのツール
・使い方次第で敵にも味方にもなるもの
・やりたいことを叶えるツール
・・・等々
同じ質問にも関わらず、たった2時間で
全員答えが変わりました!
読書会で、自分の思いを深掘りし、
他の方の答えを聞くことで、
新たな気付きを得られたり・・
それぞれに、読書会を通じて視点が変り、
重きをおく価値観に変化が起きたことがわかります。
『魔法の質問』すごいです!!



1000冊まであと974冊

第8回
10/16

『魔法のしつもん読書会』
主催:江崎江美
参加者:2名
課題図書:「happy money」本田健 著

 2名で開催でしたが、それでも気づきがたくさん!

お金の話をしているんですが、その人のあり方が見えてくる。

感じ方や考え方が共通していたり違っていたり、「なるほど!」と思える。


今日のMVQ(最優秀質問)は、
あなたに見合ったお金の流れの量ってどのくらいですか?
です!


1000冊まであと972冊

第9回
10/


第10回
10/24

『「本田健さん happy money」で魔法のしつもん読書会』
主催:河内みつの・武中美子
参加者:7名
課題図書:「happy money」本田健 著

6名の方に話してもらうには2時間は少ないなと感じる位みなさんの思い気づきが飛び交う時間でした。
どんな答えも⭕️
答えが出なくても⭕️
お互いの発言に共感して聴いている時間。
●あたたかくほっこりしました。
●帰って子どもに優しくできて不思議です。
●前向きになりました。
●このメンバーの出会いに感謝。
そんなご感想を帰宅後に次々いただきました。
お金の本が入り口ですが、価値観、生き方、人との関わりとみなさんのこれからどう生きたいか?に繋がる発表で私も普段の講座やセラピーとまた違う時間過ごせました。
2時間あっという間でみなさん再会したいねー。とLINEグループができました。
前回もですが、
みなさんそれぞれが繋がって交流いただけたら嬉しいです。
私自身、読書会にハマりました。定期的に開催していきます❤️


1000冊まであと965冊

第11回
11/6

『魔法のしつもん読書会』
主催:江崎江美
参加者:3名
課題図書:「happy money」本田健 著


初めまして!なのに、一冊の本を
介して、かなり深い話ができてしまう
本当に魔法のような読書会です。

お金に対してネガティブなイメージを
持っていたお二人でしたが、最後は
お金って幸せなものって考えられるように
変わっていましたよ!

本日のMVQ(最優秀質問)は、
幸せなお金を受け取ったら
どんな風に喜びますか?

みんなの「素」の感情が出てきてとっても良い質問でした!


1000冊まであと962冊

第12回


ウーマンズフリーパレットとは