どこよりもWiFiの評判は?通信制限やデメリットはないの?

ポケットWiFi系のサービスは多すぎ!
そして似たような名前も多すぎ!

WiFiマニアな人であれば違うかもしれませんが、一般の人にとってポケットWiFiのサービスは乱立しまくり、どれを選んでいいかがわからなくなってしまいます。

昔のポケットWiFiと比べ、今は本当に質の良いサービスも増え、日常利用で困るということもほとんどなくなってきました。
でも、中には契約条件が他と比べてどうかな?と思うものも残っています。

今回は、「どこよりもWiFi」100GB使い放題、業界最安値級と謳っているこのポケットWiFiについて調べてみます。

※どこよりもWiFiについては2020年8月頃~リニューアルを行っており、古い情報が書かれたサイトも多いので気を付けましょう。

本当にどこよりもWiFiは最安値級なの?

どこよりもWiFiは最安値級のサービスなのかどうかということ。
基準となる100GBで見ると月額3,180円(税抜)となっています。

これは24ヵ月(2年)の縛りありプランの月額料金です。

初期費用は3,000円
期間外の違約金が9,500円
端末を壊す等返却できない場合は18,000円
が発生します。

この料金体系を見る限りオプション等で高額になっているということはなさそうです。初期費用と違約金はどこでもありますし、料金はほぼ同じです。
端末は普通に使っている分に壊れる心配をすることはないでしょう。(初期不良は交換してもらえます)

月額費用で見ると、他の同レベルのサービスは3,250円というものがありますが、3,180円というものは、この「どこよりもWiFi」しかないかもしれません。

わずか70円差ですので、そこまで大きな差ではないかもしれませんが、最安値級というのは決して嘘ではなく、確かに安いサービスであると言えま
す。

※ポケットWiFiサービスはサービスの変更が激しいものです。最新情報は必ず公式情報も確認するようにしましょう。

限界まで安くするためのプランもあります

月額3,180円で業界最安値級というのはあくまで月100GBの利用料の場合です。

もしそこまで使わなくてもっと安いプランがいいということであれば
縛りありプラン 20GB 2,480円 (24ヵ月契約)
縛りなしプラン 20GB 2,980円 (契約期間無し)
というものもあります。

これは本当に安いプランです。
月3,000円台のWiFiは珍しくありませんが、月2,000円台というのはほぼ見たことがありません。

ですが、月20GBという通信量の制限は気になります。
スマホの通信の代わりに使う程度ということであれば、よくスマホが月7GBで制限がかかっていたように、その程度の使用量で済む人も多いかもしれません。

ただPC利用も考えていたり、動画を見ることが多いとなると、20GBというのはやや不安になる使用量です。100GB契約であればほぼ日常的な制限を気にしなくても良くなりますが、20GBということであれば、動画はちょっと気になってしまいます。

20GBだとyoutubeで
標準画質(480p)で約40時間
高画質(720p)で約20時間
とされています。

20GBで足りるのかどうか、微妙なラインの人も多くいそうですね。
用途によりますので人それぞれにはなりますが、もし動画を見ることを考えているのであれば、100GBのプランにした方がこれからを考えても無難な選択にはなるでしょう。

無制限のWiFiと比べると100GBはどうなの?

最近は無制限と謳っているようなポケットWiFiも見かけます。
どこよりもWiFiは100GBプランがあるので、100GBもあれば普通は大丈夫だと思いますが、それでも無制限の方がもっと良さそうな気はしますよね。

ところが無制限ということについては問題が起こりがちです。
固定光回線であれば心配は入りませんが、ポケットWiFiのサービスについては完全な無制限はないと考えてください。

無制限と謳っていても、実際に利用してみると制限がかかったということでクレームが出るケースが多発しています。

それはこのようなサービスは、結局回線業者がどれだけの通信料をドコモ、au、ソフトバンクから確保しているかということになり、本当の無制限ということはありません。

無制限と謳って販売することによって、一部の人が異常な使い方をしてしまい、普通に使っている人が迷惑を受けるということがこれまでに何度も起こっています。

このようなトラブルを考えるとポケットWiFiにおいては、ただ無制限というよりかは100GBと要領で区切っている方が通信品質としては安全なものになります。

100GBであれば、youtube高画質でも月100時間。
これ以上の利用が必要ということであれば、それは今のところポケットWiFiではなく固定回線を契約するしかありません。

通信制限が起こる可能性はないの?

どこよりもWiFiに通信制限がかかることはないでしょうか?
100GBプランなので100GBを超えることがあれば通信制限はかかりますが、心配するのはそこではなく日常の中で突然かかるというものです。

通信制限についてよくある1日3GBまでとか、3日で10GBとかそういった話はありません。

注意書きとしてはこのようなことが書かれています。

「国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様へに対し、通信速度を概ね128Kbpsに制限する場合があります。

また、違法ダウンロードなどの、不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。長時間の動画の閲覧やネット通話、4KやHDでの動画閲覧、オンラインゲームや大容量ファイルのダウンロードなどは制限の対象になる可能性がございます。」

著しい利用ということで、具体的なGB数が書いてあるわけではありませんが、違法ダウンロードや超長時間の動画でなければ心配はいらないでしょう。

どこよりもWiFiは100GBで制限と区切っているため、そこまで無茶な使い方をするユーザーも現れにくいです。
日常の中で制限ということはおそらく考えにくいと思われます。

今のところ、ネット上の情報を調べてもどこよりもWiFiで制限がかかったという話がありません。

※以前、どこよりもWiFiにも無制限プランが存在していたようですが、現在ではなくなっています。

通信状況はどうなの?

どこよりもWiFiの通信状況はどのようになっているのでしょうか?

このWiFiサービスの特徴としてクラウドSIMの形式をとっていることがあります。(100GBプランの端末使用の場合)

クラウドSIMということで特定のキャリア1つに依存せず、ドコモ・au、ソフトバンクの3キャリアの電波を使うことになるため、特定のキャリアがつながりにくい場所においても、別キャリアの電波をキャッチすることができるため幅広い場所で利用することができます。

どこよりもWiFiの速度としては、実行速度で大体下り30Mbps、上り20Mbps程度は出ている実績があります。

これくらいであれば、動画を見たり音楽を聴いたりということでの支障は事実上ないでしょう。

どこよりもWiFiのデメリットはあるの?

どこよりもWiFiのデメリットはあるのでしょうか?

・端末は貸出型

思い当たることとしてはどこよりもWiFiのサービスは端末貸出型であり、契約完了時には返却しなければいけないものになります。

例えばライバル会社のポケットWiFi等は、端末販売型で2年で自分のものになるため、解約した後でも、その端末を他の業者で利用することも可能です。その代わり短期解約すると端末残債を支払わなければいけません。

どこよりもWiFiは返却が必要ということで端末を壊さないように使わなくてはいけません。壊れたときに機器損害金18,000円が発生するというのは微妙なところです。一応機器保証サービスのオプションは400円でありますが、追加コストがかかってしまいますので、これもまた微妙なものにはなります。

これはどちらが絶対に良い悪いというものではなく、貸出か販売かの違いというところで、どう考えるかになります。

実際に数年後にWiFi端末を再利用して別の業者でという使い方はあまりないのかなとも思います。
通信環境は日々進化していきますし、数年後には違う機種が流行ることになる可能性も大きく、結局数年で交換していったり、サービスを乗り換えるのがベストなのかもしれません。

他の部分については今のところ業界最安、速度も問題なし、大きなトラブルもなしということで明確なデメリットはなさそうです。

・解約について

他のサイトでは解約料金についてあげている人もいました。
解約料金が指定月以外は9,500円かかってしまうということ。
ただしこれは他の業者でも同じような金額がかかるケースがほとんどで、解約料金がないサービスは代わりに他の料金が高めになります。

この程度の金額であれば横並びであり、やむをえないと思います。
解約料金が気になるのであれば、2年間で一度解約して、またその時期に合ったサービスを選び直すのでもいいかもしれません。

どこよりもWiFi利用者の口コミは?


どこよりもWiFiを実際に利用している人の口コミも調べてみました。

・速度が安定していて、動画視聴等も問題ありません。

・過去はプランも複雑で対応も雑なことがあった。(現在は解消済み)

・混み合う21時台でも問題ない速度が出ました。優秀だと思います。

・郊外の利用でも速い速度が出ました。

・現時点ではどこよりもWiFiが最強かもしれないと思いました。

このような声が出ています。そのときどきによってサービス状況は変わりますが今のところ良いサービスだということがわかりますね。

その他のメリット

どこよりもWiFiの契約条件は十分に良いと思いますが、他にもちょっとしたメリットがあります。

・海外でもそのまま利用できる

どこよりもWiFiの場合は海外でもそのまま端末を持っていって電源ONで使うことができるようになっています。(縛りあり100GBプランの場合)
利用料金は国内とは変わりますが、1日780円/500MB。
国内のように大容量通信ができるわけではありませんが、ちょっとした旅行・出張で外で使いたいというニーズに対しては十分なのかなと思います。

・解約が専用フォームで良い

解約をするときに解約申請フォームが用意されていて、そこから解約手続きを進めることができます。
よくあるのが電話窓口しかないところですが、なかなか電話がつながらなくて時間がかかってしまう、月をまたいでしまうというようなリスクがあります。また、連絡時に引き留められてしまうかもしれません。

解約申請フォームであればまずらわしい手続きなしに、そのままネット上で進められますので、こうしたフォームがあるのは安心できます。



まとめ

ここでは、どこよりもWiFiのサービスについて紹介しました。

多くのポケットWiFiサービスが乱立していて本当にどれを選んでいいかがわかりにくくなっていますが、今のところどこよりもWiFiは、トップクラスの条件になっていると思われます。

実際の利用に関しても大きなトラブルが起こっていない、悪い声が上がってきていないというのもいいですね。

WiFiサービスはその時代とともにまだまだ変わっていきますので、今最安、高品質だからといってずっとそのままというわけではないかもしれません。

その時期によって随時見直しは必要になるかもしれませんが、今選ぶのであればどこよりもWiFiという選択は正しいのではないでしょうか。

以下から最新の公式情報も確認してみてください。