なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

TEL 03-3632-6176
お気軽にお電話ください

腰痛にお悩みの方だけに!

こんな経験ありませんか?

腰痛でおなやみの方だけにお伝えします。
塗り薬や貼り薬で治りますか?
治る人は良いですが、治らない人に聞いてほしいです。
私は30代から腰痛で苦しんできました。
ゴルフコンペをドタキャンしたこともあります。
会社でくしゃみをした瞬間に凍りつき、
そのまま何分も動けなかったこともあります。
しかし、今はその痛みからかなり解放されて、
普通に生活ができています。
1日5分、○○○○をするだけで・・・。

あなたに合った治療法とは?

世の中にはたくさんの腰痛治療法があります。
その治療法が 自分に合っていれば それは効果を発揮するでしょう。
そう、合っていれば・・・。
では合っているかどうか、どうやってわかるのでしょう?
医学の知識もない私に、自分の腰痛の根本原因が何かはわかりません。
レントゲンをとっても、どこも悪くないと言われます。
しかし痛いのです。
体を引っ張って(牽引)歪みを取ろうとします。
でも治りません。

試した治療法は数しれず

湿布薬を貼ります。あるいは、塗り薬を塗ります。すうーとして少し痛みが和らいだような気がしますが、実際には痛みは変わりません。何日かその治療を続けると、痛みは少しずつ取れてきます。しかし、それが湿布薬や塗り薬のせいなのか分かりません、自分の自然治癒力なのではないかとも思えてきます。そんなことで、結局は痛みが遠のくと今まで通りの生活に戻ります。そしてある程度期間が過ぎるとまた何かのきっかけで同じ痛みがやってきて苦しむのです。この繰り返しを何度経験したことか・・・わかりません。およそ20年間、これを繰り返してきました。ところが今は、ほとんどこのような痛みがなくなりました。ある時から、1日5分、○○○○をするようになってから・・・。

人生は100年時代

私は現在60歳を超えています。しかしまだまだ長く生きるつもりです。ゴルフも楽しみながら残りの人生を謳歌したいと思っています。しかし、腰が痛いとその気持ちが薄れてしまいます。あーまたあの痛みと戦うのか?またこの苦しい時を過ごすのか?そう思うと暗くなってしまいます。でも今はそうなりません、毎日5分○○○○を行うようになってからは・・・。人間の体は歳をとると衰えます。若い頃のように柔軟性とパワーを備えたまま歳をとっていくことは不可能です。どんな一流のスポーツ選手も、ある一定の年齢に達すると引退します。それは、身体能力の変化とともに限界が来るからです。

変化を受け入れる

私も若い頃はスポーツを楽しんでいました。野球やバスケットボール、スキーやスケートなど、普通に若者たちが行うスポーツを、人並みに楽しんできました。しかし、社会人になってからはだんだんとその機会が少なくなり、家庭を持って子供ができると、スポーツを楽しむ時間は激減しました。当然、体力は衰えていきます。スポーツをしなくなるということは、表面的なパワーだけではなく、基本的な身体能力が衰える原因になります。体幹が弱くなり、バランスも悪くなり、柔軟性が失われます。スポーツを楽しんでいた頃には前屈で手のひらが地面についたのに、いつの間にか手先をつけるのも苦しくなってしまいます。そんな時に、何かのタイミングでギックリ腰をやってしまいました。あとはそれが癖になったように、ギックリ腰の繰り返しです。

ギックリどっきり

出張中に突然ギックリ腰をやってしまったこともあります。家族旅行の途中でやってしまったこともあります。楽しいことが起こるはずなのに、突然腰の痛みのせいで楽しくない時間になってしまう・・・周りの人たちにも迷惑をかけてしまう・・・。やるせない経験を何度もしました。出かける時にまたギックリ腰が出たらどうしよう・・・行動も消極的になりました。でも、今は違います。1日5分○○○○をやっているから。55歳を過ぎたとき、考えました。一生このまま行くのか・・と。それは嫌でした。また、腰の痛みのない自分を取り戻したいと。でもどうやって?病院へ行きました。異常はないと言われました。接骨医へ行きました。色々と施術してもらいました。その時は良くなりますが、また痛くなってきます。費用はバカになりません。薬は何を使用してもダメでした。私の場合は薬で治る腰痛ではなかったようです。薬を塗って治る人がいたら会いたいと思いました。塗ったりはったりして治る人が羨ましいです。私は全く治りませんでした。

翻って考え方を変えてみた

そこで考えたのです。若い頃と同じ状態に、戻れるなら戻してみようと・・・。腰の痛みは筋力の衰えではないと思いました。骨格の柔軟性と靭帯や腱の衰えに加えて生活習慣の変化に原因があるのではないかと思ったのです。そこで、私は、もうずっとやっていなかった柔軟体操を毎日行うことにしました。普通に前屈、後屈、ひねりの柔軟体操です。そして骨盤を矯正するために使用したのが、山田式健康体操です。山田式健康体操は、それほど有名ではありませんが、山田式健康ベルトを使用して行う、簡単な腰回し運動です。それら全てを行なってもせいぜい5分かかりません。以上です・・・・・・・・。

えっそんなことで?

え、それだけかって?そう、それだけです。全部でせいぜい5分ほどです。時間がない時は5分よりもっと時間を短縮できます。いやいや、本当のことを言うと、毎日朝と晩に行っているので、合計では10分ほどでしょうかね?ただし、毎日続けています。本当に毎日です。だって、またあの痛みに苦しむのは嫌ですから。もっと本当のことを話すと、完全に腰の痛みがなくなったとは言えません。まだ少し鈍い痛みがあります。しかし、ゴルフやその他の生活上は問題がなくなりました。20年もかかって痛みが起こる生活をしてきたのだから、完全に治るまでには20年くらいかかるだろう・・・そう思って毎日運動を続けています。柔軟体操を始めた時は自分の固い体にいやになりました。毎日痛いのに一生懸命に前屈前屈・・・後屈後屈・・・捻転捻転・・・そして山田式骨盤矯正ベルトを装着して腰まわし体操・・・。

現在では

おかげでいまでは3日連続でゴルフをやっても大丈夫です。そりゃ、私の年であれば筋肉の疲れはありますが、従来のような腰痛になることは全くありません。私と同じ原因で腰痛になっている人には是非ともお勧めします。と言っても、自分の腰痛の原因は分かりませんよね?ですから、ヘルニアとか、狭窄症とか、原因がわかっている方にはそのための治療をお勧めしますが、原因がよくわからないという方は、私がやっている運動を試してみてはいかがでしょう?費用はあまりかかりません。山田式骨盤ベルトを購入するくらいの費用しかかかりません。私が調べたところでは、数ある骨盤矯正ベルトの中で、医師が考えた理論に基づいて作られたベルトは山田式だけではないかと思います。(違ったらごめんなさい)また、山田式骨盤矯正ベルトはもう40年以上も前から存在していて、いまでも存在しているということは、その理論が間違っていないということの証ではないでしょうか?

考えた人、山田先生

山田仁

千葉大学薬学部並びに埼玉医科大学医学部を卒業後、山田クリニックの開業等を経て、薬剤師、医師として『人間本来の治癒力をいかに高めるか』をテーマに患者の立場に立った『心ある医療』の確立に尽力して参りました。

自らの腰痛経験から山田クリニックでは『腰痛リハビリ外来』を設け『骨盤性腰痛』の発見や医学的検証と毎日の臨床を通じて、『骨盤理学療法』の独自研究開発に至り、現在までに約2万人にのぼる患者さんの悩みを解決してきました。

『心ある医療』の理念の下、医療法人社団仁嘉会を設立し、現在は「腰痛」のみならず『医療と介護の包括的総合医療』を実践するため、福島県南会津郡にある舘岩愛輝診療所所長兼介護老人保健施設「湯花里苑」施設長として活躍しています。

腰痛のない明るい生活を手に入れよう

  • 山田式骨盤矯正ベルトシリーズは全国のドラッグストアで売っていますし、
  • もしお近くのドラッグストアで売り切れていた場合には、Amazonでも購入することができます。
  • 一人でも多くの日本人に、腰痛のない明るい生活をしていただきたいと思ってこの情報を公開しました。
  • もしお近くのドラッグストアで売り切れていた場合には、Amazonでも購入することができます。
体操動画はお申し込み後のメールでお渡し、腰痛ベルトは3営業日以内に出荷致します。