どんぐりケアサービス
処遇改善加算取得における
キャリアパス要件、
及び職場環境等要件について

どんぐりケアサービスでは、
介護職員の処遇を改善するために、

介護職員等処遇改善加算(Ⅰ)
介護職員特定処遇改善加算(Ⅱ)
を取得し、賃金の改善に努めています。
各加算取得のため、下記の施策を実施しています。

キャリアパス要件について

【要件Ⅰ】職員の職位、職責または職務内容等に応じた任用等の要件、及び賃金体系について定めています。
     また、就業規則等の明確な根拠規定を書面で整備し、全ての介護職員に周知しています。
【要件Ⅱ】職員の希望により定期研修では実技研修を増量し、充実を図る。また、社外研修受講の推奨、シフト協力などによる上級資格取得
     支援を事業所全体で行っています。
     資質向上のための計画に沿って、研修機会の提供又は技術指導等を実施するとともに、介護職員の能力評価を行います。
     (定期研修に於いて実技研修の内容充実及び各職員の技能評価を行います)
     資格取得のための支援を実施します
     (外部研修、上級資格取得講座等の情報周知を行い、また、受講可能になるようシフト等の協力を行い、資格取得の支援を事業所
     全体で行います) 
【要件Ⅲ】介護職員について、経験若しくは資格等に応じて昇給する仕組み又は一定の基準に基づき定期に昇給を判定する仕組みを設けて
     います。具体的には、勤続年数」や「経験年数」などに応じて昇給する仕組みがあり、「介護福祉士」や「実務者研修修了者」
     などの取得(所持している状態での新規雇用契約も含む)に応じて昇給する仕組みを指します。

職場等環境要件について

【資質の向上】

働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する者への実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する
喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援(研修受講時の他の介護職員の負担を
軽減するための代替職員確保を含む)

どんぐりケアサービスは、外部研修機関(湘南国際アカデミー)と提携契約を結んでおり、実務者研修、介護福祉士資格取得及びスキルアップ
に関する研修の受講費用について大幅に費用を抑えて受講することができます。また、実務者研修、介護福祉士資格を取得する際のテキスト
代金等の補助、シフト調整等の支援を行い、働きながら上級資格を取得しやすい環境作りを行っています。
また、平塚市地域介護システム会議に参加し、会主催の介護技術や運営、医療との連携などのテーマの外部研修に積極的に参加を行い、常に

最新の情報を活用できる体制を整えています。

【労働環境・処遇の改善】

・新人介護職員の早期離職のためのエルダー・メンター(新人指導担当者)制度等導入
新規採用者に関しては、研修担当者を決定して、独り立ちまで丁寧に指導します。
また、採用後は定期的にモニタリングを行い、安心して働けているか、問題がないかなどを確認し、必要に応じて対応を行います。

子育てとの両立を目指す者のための育児休業制度等の充実、事業所内保育施設の整備
シニア層の職員と子育て中の職員の組み合わせ施策や、子育てしながらでも働きやすいシフト組みを通して、働く方一人一人に合わせた
働き方ができるように運用を行っています。

・ ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善
毎月実施している定期研修や、こまめな職員事業所間の連絡の徹底により、風通しの良い、適切な連絡報告の運用を行っています。
また、職員間でのお互いの尊重について定期的にリマインドすることにより、職員間トラブルのない事業所運営を行っています。

・ 事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化
緊急時連絡用シート、緊急時対応マニュアル整備を徹底して行い、対応方法や責任の所在の明確化を行っています。
また、可能な限り緊急時はヘルプの訪問を行い、職員が安心して業務に当たれる体制を構築しています。

・ 健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペース等の整備
健康診断は毎年受診(全従業員対象)、受診費用は事業所負担(訪問介護ヘルパーに限る)、予防接種代金の支給(全従業員)とし、
事業所内には休憩スペースを常設(相談室を兼ねる)、また事業所内禁煙としています。
また、従業員専用の健康、医療相談窓口の設置や、メンタルケア相談窓口を設置して利用できるようにしています。



【その他】

・介護サービス情報公表制度の活用による経営・人材育成理念の見える化
介護サービス情報公表制度を活用し、経営・人材育成理念の見える化を図っています。

・非正規職員から正規職員への転換
非正規職員から正規職員への転換は、希望に応じて随時行っています。
また、パート職員、正社員ともに契約期間の定めのない無期契約職員として雇用を行い、定年制の定めはありません。

・職員の増員による業務負担の軽減
業務負担が一部の職員に過重にかからないよう、常に職員の増員を図っています。