なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成


会社によって人事担当者様が抱えている悩みは異なりますが、これらはそういった方が抱えている定番の悩みでもあります。

採用でお悩みの方をサポートし問題を解決する為に、採用代行のコンサルティングの是非活用下さい。

しかし、現在採用コンサルティングサービスを利用して頂いている企業様が少ないため、実際にどういったサービスなのかイメージがつきにくい方が多いのではないでしょうか?

ここでは、採用コンサルティングとはなにか、そのメリット・デメリットをしっかりと説明させて頂きます。
1.ダイレクトリクルーティングとは
まずは、ダイレクトリクルーティングとはどういった採用方法かを説明していきます。

ダイレクトリクルーティングとは、企業が直接求職者へアプローチをする採用手法です。

海外ではすでに主流の採用方式ですが、日本では近年になって急速に発展しました。

従来の採用手法だと、求人サイトに掲載・人材紹介会社に依頼後は、応募や紹介があるまで「待つ」しかありませんでした。

一方、ダイレクトリクルーティングは企業が求職者を自ら探してアプローチする「攻め」の採用です。
2.スカウト代行、ダイレクト・リクルーティング代行とは
スカウト代行とは、採用活動に関する業務を一部またはすべてを外部の企業が代行するサービスのことです。

採用担当者の業務負担軽減や、採用における品質の確保など様々なメリットが期待できます。

代表的な事例としては、ダイレクトリクルーティングにおいて候補者や学生に対してスカウトする文面をを送り移行することとなります。

しかし注意事項としては、一部人材サイトがサービスを提供しているスカウトメールとは、全くの別物である点です。

dodaなどのナビサイトのスカウトメールはそのサイトに登録している人の条件にあてはまる全員に機械的に送るものをスカウトメールと読んでいます。

今回のスカウト代行、ダイレクトリクルーティングの運用代行とは、スカウト型採用支援ツールを用いて応募者に対してアプローチしていく業務を代行していく事になります。

当然ながら、ナビサイトのスカウトメールとは異なり全く同じ文面を全員に送るのではなく、独自のノウハウを駆使してアプローチを行い、効率的に応募者を募る手法になっています。
次に、スカウト代行のメリット・デメリットを紹介します。
1.メリット
スカウト代行の最大のメリットは、やはりプロの能力を借りることで採用力を高めることができる・業務負担の軽減を図ることで、コア業務(説明会や面接といった業務のこと)に注力することができる点です。

ノンコア業務(求人媒体の選定やスケジュール調整等の業務のこと)まで採用担当者が自ら行うと仕事量が多くなり、重要なコア業務に支障が出たり、十分な時間の確保が難しくなるため、その業務を代行サービスに任せることで採用担当者の負担を軽減を図ることが出来ます。

コア業務にのみ集中できる環境を整えることで、より必要な人材を的確に絞り込みやすくなります。
2.デメリット
スカウト代行サービスを利用する上で最大のデメリットは、採用活動を他社に業務委託するため経験が蓄積されない点にあります。

代行会社に頼り切ってしまうと、自社の採用担当者の育成チャンスを奪う原因となり、委託を解除した時に自社だけで対応できないといったトラブルに発展する恐れがあります。

契約時には、社内にデータが蓄積されるように契約することが非常に重要になってきます。
ここでは、ダイレクトリクルーティングの運用代行やスカウト代行に関してどのような業務をやってくれるのかをSTEP1〜5に分けてご紹介させていただきます。
まずは、基本的な業務の設計や、戦略策定を行っていきます。

これらは、企業様で行っている既存の選考フローを踏襲していくか、新たにダイレクトリクルーティングように専門フローを設計していくのか相談しながら進めていきます。

このタイミングで、どのスカウト媒体やダイレクトリクルーティングのサービスを活用するかも決めていく必要があります。

どのスカウト媒体を選べばいいかわからないなども合わせてアドバイスさせていただきます。
次はターゲットの選定をを行っていき、複数の媒体を活用する場合にはそれぞれの媒体に応じたカスタマイズも可能です。

スカウトの文面の作成に関しては、クライアント企業様の方針に応じて柔軟に対応させていただいています。
ここからは、オファーメールとスカウトメールの送信を行っていきます。

一部のダイレクトリクルーティングのサービスやスカウト代行に関しては、一括送信等もありますが、基本的にはダイレクトリクルーティングやスカウト代行ではそのような一括送信を行うことはまずありえません。

一括で送信する時点でノウハウは含まれていませんし、一人ひとりの文面に応じてベースの文面をカスタマイズしていき、個人に応じた文面を作成していくことで初めて成果に繋がります。
次に応募者から連絡が来たときの日程調整の連絡です。

新卒採用のダイレクトリクルーティングの場合には、基本的に説明会へ勧誘するスタンスが
多いため最も効率的なフローができるでしょう。

しかし近年では説明会前に個別面談などをしていくケースなども増えているため、先行フロー
についてはクライアント企業様との相談が必要です。
最後のステップとしては、ダイレクトリクルーティングに関するレポート等を提出させていただきます。

日々の改善の取り組み等をレポートで報告させていただき今後の中長期的な課題解決等の改善をしていきます。

原則的に月に一度がレポート提出の目安にはなっていますが、状況に応じて細かく調整させていただくことができます。
このコンテンツではダイレクトリクルーティングのスカウト代行・運用に関する実態についてご紹介していきました。

特に近年ではダイレクトリクルーティングに関して注目を集めていますので、このような代行サービスを使う際にはぜひこちらの記事等を参考してください。
またプロ人事の方では、ダイレクトリクルーティングのスカウト代行・運用なども行っているためぜひお問い合わせください。

私たち株式会社プロ人事は人材の採用に関するコンサルティングに特化した専門の会社となっています。

当然ながらダイレクトリクルーティングに関しては、採用の設計の段階からご支援させていただくだけでなく運用代行まで我々プロ人事でさせていただく形になっております。

このコンテンツではダイレクトリクルーティングのスカウト代行・運用代行の実態と題して、近年注目を集めているダイレクトリクルーティングの運営代行やアウトソーシングサービスについて実際どのような中身になっているのかをご紹介解説していきます。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

紹介させて頂く記事には、事例を交えた採用代行のサービスの説明を紹介しております。

我々共のサービス内容がより深く紹介されていますのでそちらも合わせて御覧ください。
最後に我々のホームページも合わせてご紹介させていただきますので、もしよければそちらもご覧いただけるとありがたいです。