家族信託セミナー

認知症対策を行わないと、
賃貸経営がストップしますよ!

講師紹介

岡田文徳

認知症大家対策アドバイザー
株式会社ディメーテル 代表取締役
人生100年時代を生き抜くために、大家さんの認知症対策を行なっている専門家である。
祖父が90歳を超えて認知症になり、お金が下ろせない、不動産賃貸業はストップ、収益の出ない不動産を買わされそうになる経験をする。
祖父の死後、両親と認知症対策を行うとともに、自ら不動産を体系的に学び、賃貸経営ノウハウ、人脈を構築する。経験をもとにのべ1000名以上の不動産オーナーにセミナーやコンサルティングで関わる。
生年月日:1985年2月8日 
出身校:東京大学大学院 修士(工学)
経歴:コニカミノルタ株式会社で研究開発に従事
   株式会社ディメーテル設立

講師からメッセージ

不動産は、所有権を持っている人であれば、あらゆることができます。賃貸不動産であれば、修繕、原状回復、設備投資、リノベーション、賃料設定、入居者希望者の選定などあらゆることが可能です。
しかし、不動産の所有権を持っている人が認知症になってしまうと、どうでしょうか?
あらゆることの判断を下すことができなくなります。
それでは、家族に代行してもらえば良いと思いますよね?
認知症対策を行わずに、家族に代行してもらうことはできません。あくまでも所有権を持っている本人でないと、判断を下すことができないのです。これは、大変な事態です。つまり、認知症対策を行わないと、賃貸不動産は、何もかもができなくなってしまいます。
そんな不動産に入居してもらえるでしょうか?
賃貸不動産は入居していただいて、はじめて賃料という収入を得ることができる不動産賃貸業です。
入居していただけれければ、賃料が入ってきません。それでも、お金が出て行く状況になります。
この状態が何年続くかわかりません。
このような状況になってもらいたくないという思いから、不動産オーナーに知ってもらいたいと思い、セミナーを開催しようと思いました。

こんな悩みありませんか?

認知症になると
どうなるか不安である
相続税以外の対策を
行なっていない
親が何回も同じ話をする
何をして良いかわからない
誰に聞けば
良いかわからない
認知症予防の話も知りたい
何をして良いかわからない

このセミナーでこのような理想状態に

認知症対策の
重要性がわかります
講師自身の実体験や認知症対策のコンサルティングを行うことができた事例、行うことができなかった事例を知ることができます。事例を聞くことによって、認知症になってしまった不動産オーナーの実態を知れば、認知症対策の重要性に気づきます。

賃貸業がストップしない方法を知ることができます

不動産賃貸業がストップしてしまうと、賃料が入ってきても、お金を使うことができない状態になってしまいます。修繕等ができなければ、入居者の皆様に迷惑がかかります。修繕等を行わない部屋にそのまま住み続けようと考える方はいないでしょう!
あなたに必要な
相続対策がわかります
相続税の対策だけが相続対策ではありません。あなたにとって、何が必要なのか?対策として、何が不足しているのか?を理解することができます。
あなたに必要な
相続対策がわかります
相続税の対策だけが相続対策ではありません。あなたにとって、何が必要なのか?対策として、何が不足しているのか?を理解することができます。

こんな方が対象です

  • 資産の中で不動産の割合が多い
  • 相続税以外の対策をやってない
  • 認知症対策を考えている
  • 認知症予防の話を知りたい

  • 認知症予防の話を知りたい

開催概要

東京
名 称 知って得する!
家族信託セミナー
日 時 2020年1月11日
13:00-14:30(12:30受付開始)
場 所 株式会社ディメーテル
セミナールーム
主 催 株式会社ディメーテル
参加費用 3,000(税込)
お問合わせ info@dimetel.jp
お問合わせ info@dimetel.jp
東京
名 称 (専門家向け)家族信託を実践した大家が語る!家族信託実例公開セミナー
日 時 2020年2月8日 
13:00-14:30
(12:30受付開始)
場 所 東京都内
主 催 株式会社ディメーテル
参加費用 5,000(税込)
お問合わせ info@dimetel.jp
お問合わせ info@dimetel.jp

2月のセミナー

2/27に
『相続対策を行いたい不動産オーナーのための
知って得する!家族信託セミナー』
を開催しました。

3月のセミナー

3/27に
『相続対策を行いたい不動産オーナーのための
知って得する!家族信託セミナー』
を開催しました。

4月のセミナー

4/24に
『相続対策を行いたい不動産オーナーのための
知って得する!家族信託セミナー』
を開催しました。

5月のセミナー

5/22に
『相続対策を行いたい不動産オーナーのための
知って得する!家族信託セミナー』
を開催しました。
知っている!知らない!?ではまったく異なります。

6月のセミナー

6/27に
『相続対策を行いたい不動産オーナーのための知って得する!家族信託セミナー』
を開催しました。
認知症対策は、法律面だけではありませんよ!
法律面と法律面以外の話をすることができる人はなかなかいないでしょう!

7月のセミナー

7/25に
『家族信託セミナー』
を開催しました。
家族信託を実践した大家からの話を聞くことができる機会は他ではないでしょう!

9月のセミナー

9/26に
『家族信託セミナー』
を開催しました。
家族信託を実践した大家からの話を聞くことができる機会は他ではないでしょう!
9月から認知症予防に関する話もお伝えし始めました。

10月のセミナー

10/24に
『家族信託セミナー』
を開催しました。
家族信託を実践した大家からの話を聞くことができる機会は他ではないでしょう!
士業の先生ではわからない受託者の実務についてもお話しました。

11月のセミナー

11/21に
『家族信託セミナー』
を開催しました。
家族信託を実践した大家からの話を聞くことができる機会は他ではないでしょう!
士業の先生ではわからない受託者の実務についてもお話しました。

12月のセミナー

12/19に2019年最後の
『家族信託セミナー』
を開催しました。
家族信託を実践した大家からの話を聞くことができる機会は他ではないでしょう!
士業の先生ではわからない受託者の実務についてもお話しました。

2020年には、専門家向けの家族信託セミナーも開催する予定です。

お客様の声

S.W様
今まで岡田先生の立ち位置がよくわかっていなかったのですが、やっと理解できました。相続発生前に、凍結されると初めて知りました。勉強になりました。ご著書が出ましたら読ませていただきます。

T.H様

色々と頭の整理になりました。大家さんがまだまだ気づいていない認知症のリスク対策をアドバイザーとして、頑張ってほしいと思います。

M.K様

大変参考になりました。不動産をお持ちのクライアントさんへの対応についてご相談させていただくこともあると思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

笠井 利哉様

家族信託のメリットやデメリットをわかりやすくお話いただけたので、とても勉強になりました。また、想いを伝えることの大切さも聞けて大変良かったです。ありがとうございました。

Y.Y様

改めて、自分の両親がどう考えているのか聞いてみようと思いました。
また、私自身が子供のためにどのように財産を残そうかしっかりと考えたいと感じました。賃貸物件を買うことも考えていたので、きちんと考えたいと思いました。

T.H様

色々と頭の整理になりました。大家さんがまだまだ気づいていない認知症のリスク対策をアドバイザーとして、頑張ってほしいと思います。

当社の思い

人生100年という時代になってきました。
今までの不動産オーナーは、相続税の対策を含めた相続対策を行なっていれば、問題なかったかもしれません。
しかし、人生100年という時代では、今までの相続対策では足りません。なぜなら、相続は亡くなってからはじめて発生するものだからです。人生100年という時代では、亡くなる前のことから決めておかなければなりません。認知症になってしまうと、家族が対応しなければなりません。認知症対策を行わなかったが故に、対応する家族が本人の意思を反映させることができなくなってしまいます。自分の意思を示すために、認知症対策が必要です。当社は、不動産オーナーの皆様をサポートする存在でありたいと考えております。