このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
株式会社分析屋
   会社概要   

DXのもやもやで
何をして良いか分からない



DXを行わないと生き残れないと言われているが・・・

  • DXの定義が何を読んでも良く分からない・・・
  • DXは分からないが、デジタル化やデータを
    うまく使うことは、重要な気がする・・・
  • DXが何かなんとなく分かっても、計画や実行は
    自社だけでは難しい気がする・・・
  • DXをやれって上司に言われた・・・
  • DXは分からないが、デジタル化やデータを
    うまく使うことは、重要な気がする・・・


もやもやを少しだけでも
解消いたします!

DX支援
サービスのご案内

DXの唯一の定義を追い求めるのは
オススメできません!

たとえば・・・
下記のDX書籍は、リサーチに基づいた内容ですが、
DXの定義や実行内容は異なります。
日本企業に適した内容かどうかも分かりません。

本書は2年以上の歳月をかけて行われた調査をもとにしています。
従業員500名以上の企業の取締役以上の肩書を持つ1030名を調査した結果です。
世界の14カ国を対象としています。
数十回のインタビューが行われました。
本書は5年間の調査の結果です。
大手の40社にインタビューがまず行われました。その後、27社で小規模なケーススタディーが実施され、各社にインタビューが行われました。
次に、ビジネスリーダー171名を対象に調査が行われました。
その後、何社かは変革過程にかんするケーススタディーが行われるとともに、インタビューが実施されました。
従来型の大企業の上級経営幹部150人に対する調査が実施されました。
本書は5年間の調査の結果です。
大手の40社にインタビューがまず行われました。その後、27社で小規模なケーススタディーが実施され、各社にインタビューが行われました。
次に、ビジネスリーダー171名を対象に調査が行われました。
その後、何社かは変革過程にかんするケーススタディーが行われるとともに、インタビューが実施されました。
従来型の大企業の上級経営幹部150人に対する調査が実施されました。

弊社 分析屋のDX支援

分析屋は、データの扱いを専門とする会社です。

弊社のこれまでの経験も限られてはおりますが、何か総合的なサービスとしての提供が役立つのではとの思いで、サービス化を行いました。

お客様の事業や業務に対し、デジタルツールの導入やデジタル施策をどのような優先度で実施していけば良いのか、そこをご支援させていただきたいと思っております。

もやもやして分からないものを少しでも分かりやすくし、次の一歩を踏み出しやすくし、事業を成功させたい、そんなサービスです。

こんな方は、ぜひご検討を!

  • DXが何かは分からないが、社内データやデジタル化のためのツールをうまく活用して、業務効率化や売上向上を行いたい。
  • デジタル化のツールや施策が多すぎて、どこから手をつけて良いのか分からない
  • デジタル化について、社内に担当できる社員がいない。または、いるが、自部署の仕事で会社全体のことを考える余裕がない。
  • 最新のデジタル化のツールや施策、事例を整理する余裕がない。情報が欲しい。情報をもとにディスカッションしたい。
  • デジタル化のツールや施策が多すぎて、どこから手をつけて良いのか分からない
結局のところ、望まれているのは、情報を集め、複雑なものを整理し、方向づけし、実行していく、そのようなことではないでしょうか。

DX支援のご依頼の流れ

Step.1
お問い合わせ
まずは、お問い合わせフォームより問い合わせください。
よくある質問と回答をページの下に載せておりますので、問い合わせ時の参考にしてください。
Step.2
ヒアリング
どのような事業や業務を行っているのかヒアリングさせていただきます。

本サービスの内容に関してもご説明いたします。
Step.3
ご提案とお見積り
ヒアリング内容をもとに、お客様の事業や業務に関して、どのようなご支援ができるのかをお示しいたします。

「この部分はまだ不要だが、ここの部分だけ支援していただきたい」
「他にもこれに関しても支援してもらえないか?」
というようなディスカッションをさせていただければと思います。

また、ご支援内容に関してお見積りいたします。

このステップは何度か行うことになるかと思われます。
Step.4
ご依頼
お見積りに問題が無いようでしたらご依頼ください。

Step.5
プロジェクトの開始
ご提案内容をもとに、プロジェクトを開始します。

お客様と定期的なミーティングを行い、進捗と成果の確認を行います。
Step.6
納品とお支払い
納品いたします。検収をお願いいたします。

検収完了後、費用のお支払いとなります。
Step.2
ヒアリング
どのような事業や業務を行っているのかヒアリングさせていただきます。

本サービスの内容に関してもご説明いたします。

よくある質問と回答

  • Q
    費用感を教えて下さい
    A
    プロジェクトの最初は、何を行っていくのかをすりあわせする段階だとが多くなると思われます。月1~2回程度の打ち合わせであれば、1回あたり5万円程度となります。

    具体的に何か作業が継続して発生するものであれば、一ヶ月程度のプロジェクトで、100万~200万の金額となります。

    費用のご相談はできますので、お問い合わせください。
  • Q
    RPAは扱っていますか?
    A
    はい。

    WinActorを中心にご支援しています。
  • Q
    RPAはなぜ必要ですか?
    A
    業務の効率化が行えます。

    結果として、コストの削減や、従業員が新たなことに取り組みやすくなります。

    ひいては、会社の競争力につながります。

  • Q
    BIは扱っていますか?
    A
    はい。

    Tableauを中心に扱っています。
  • Q
    BIはなぜ必要ですか?
    A

    業務効率化と、組織にポジティブな変化が生まやすくなるためです。

    組織変化としては、以下のようなものがあるとされています。
    ・受け身の組織から自主的な組織
    ・アイデアを実現していける組織
    ・部門同士が信頼できる組織

  • Q
    リスティング広告は扱っていますか?
    A
    はい。

    主にGoogle広告とYahoo広告を扱っています。
  • Q
    リスティング広告はなぜ必要ですか?
    A
    これまでウェブの広告を扱っていない場合は、売上増の効果が見込めます。

    月1万円といった少ない金額で始めることができ、広告の反応も計測でき、反応に合わせて、広告費の増減も自由に行える柔軟性が特徴です。

    基本的には、商品・サービスの潜在的な顧客に対し、受注を目指すことになります。
  • Q
    ウェブサイトのアクセス解析は扱っていますか?
    A
    はい。

    主にGoogle Analyticsを扱っております。
  • Q
    ウェブサイトのアクセス解析はなぜ必要ですか?
    A
    ウェブサイトの種類によりますが、次のような目標を達成が主になります。

    ECサイトの場合。
    ビジネスゴール:商品の購入に伴い売上が発生する
    サイトの役割:サイト内で「商品購入」を行ってもらう

    B2Bサイトの場合。
    ビジネスゴール:サイト内で会社や商品の情報を確認し、サイト外で商談を行い、成約となった場合に売上が発生する
    サイトの役割:サイト内で会社や商品の情報を確認し、問い合わせや資料請求してもらい、商談につなげることがサイトの役割となる

    メディアサイトの場合。
    ビジネスゴール:メディアを通じた合計の売上。メディアの種類にもよるが①広告バナーによる売上、②記事広告などによる売上、③セミナー等による売上、④有料会員による売上などが考えられる。いずれにせよ、サイトへの訪問の増加が成功の鍵となる。
    サイトの役割:ユーザーがサイト内に滞在し、多くのページを読み、また会員登録することがサイトの役割となる。ビジネスゴールとほぼイコール。

    コーポレートサイトの場合。
    ビジネスゴール:「利用者が知りたかった情報を得ることができたか」または「自社取り組みの理解・認知拡大」など、ユーザー視点と企業視点でのゴールが存在する
    サイトの役割:ユーザーが目的のページにたどりつき、必要な情報を(なるべく早く)提供することが役目。良い体験を通じて、認知・信頼を作る

  • Q
    RPAは扱っていますか?
    A
    はい。

    WinActorを中心にご支援しています。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ご興味がありましたら
お問い合わせをお願いいたします!

疑問点や確認したい点はウェブチャットでも受け付けております

画面の右下にあるチャットボタンを
クリックしてお気軽に
お問い合わせください!

お問い合わせフォーム

弊社サービスに少しでもご興味をお持ちいただけましたら、下記フォームよりお問い合わせください。
お電話・メールにて担当よりご連絡させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

会社概要

会社名
株式会社分析屋
会社概要 https://analytics-jp.com/about-us/
住所 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル4F
電話番号
0466-90-3288
※新型コロナウィルス感染症対策のため、当面はメールフォームでのお問い合わせをお願いいたします。
プライバシーポリシー
https://analytics-jp.com/privacy/
電話番号
0466-90-3288
※新型コロナウィルス感染症対策のため、当面はメールフォームでのお問い合わせをお願いいたします。