デジタルサイネージ 高すぎ。室内なら、低価格な1万円代の次世代EL技術で十分でしょ。

デジタルサイネージは幾ら掛かるのか?

デジタルサイネージの導入費用。業務用と家庭用がありますが、縦置きで利用する場合は、業務用が推奨されています。

店舗の入り口付近に設置するデジタルサイネージが主流ですが、いったい幾らかかるのか?

43インチ~55インチ 10万円~40万円
壁掛けモニター 15万円~300万円

ん~、決して安い金額ではないですよね。導入費用としては、一般的に30万円以上かかると思った方が良いでしょう。

高いお金を掛けても集客できなければ意味がない。

室内の看板。

デジタルサイネージは、動画や映像広告を流すことができますよね。最近は、電車の広告もデジタルサイネージを使っています。

ただ、購入した場合、導入費用が30万円以上するものも珍しくありません。なにせ、高いんです。

もちろん、資金力があって、十分な集客効果が見込めるなら、購入する価値はあるでしょう。

ただ、デジタルサイネージを使って本来の機能をどこまで使いきることが出来るか、どこまでが必要な機能なのか?

それが分からない中で、最近の流行だからといって、飛びついてしまうと、期待していた効果とは違うなぁ・・といった事態になってしまいます。

なので、「高い=効果がある」と思ってしまうと失敗する可能性があります。

看板の動画・自動にこだわらないなら、静止画で十分!

デジタルサイネージの最大の利点は、動く動画、画面が自動的に切り替わるという点です。

ただ、看板を「じ~っと見ている人は、いません。」

余程何か、興味のあるものなら別ですが、看板はテレビではありません。

看板の本来の役割は、見せるものではなく、印象を与えるものだからです。

ただ、電車のつり革広告のように、やることがなくて、暇でスマホも手元にない時には、車内のデジタルサイネージをずっと見ていることはあります。

役割を理解した上で、広告として使いたい、雰囲気を変えたい、もっと見やすくPRしたいといった場合は、必ずしもデジタルサイネージにこだわる必要はないのです。

無機ELを使った光る次世代電子看板!

特に、飲食店の世界では、多くの店が看板を出している、看板だけで周辺が明るくなる程、増えていますよね。

ただ、集客が出来ているかは別問題です。なぜなら、多くの看板は差別化ができていないからです。

大事なのは、「何を使うかではなく、どう使うのか?」

なので、以下に当てはまる場合は、デジタルサイネージではなく、無機ELを使った次世代電子看板も十分検討の余地があります。

価格は、1万円から10万円程度です。

無機EL看板が対象の方

  • 画面の切り替えを自動でおこなう必要のない方
  • 看板を動画配信する必要のない方
  • 看板をより見やすくする。おしゃれにしたい方。
  • 電子看板は1万円程度の低価格で抑えたい方。
  • 主に室内の看板を変えたい方。
  • 電気代を出来る限り節約したい方。
  • 他店ともっと差別化を図りたい方。
  • すぐに設置したい方。簡単にでき、手間と時間を掛けたくない方。
  • 面倒くさがり屋の方。
  • 次世代の技術に触れてみたい方。
  • LED照明が明るすぎて、室内看板として失敗した方。
  • 看板を動画配信する必要のない方
  • デジタルサイネージが高いと思っている方。
  • 看板を動画配信する必要のない方

看板は営業マン

看板は、営業マンです。24時間居続ける営業マンです。

デジタルサイネージと比較し、無機ELは、それを低価格で出来てしまうのです。

お客様は、看板を見て、その店の雰囲気やオシャレ感をチェックします。当然、紙のポスターと電子看板では、全く見え方が変わります。

与える印象が違うわけです。

特に、店内の看板は、メニューの見やすさや、明るすぎず、暗すぎずがキホンです。

それによって、店のオリジナルカラーが出てきます。

特に、飲食店では、市場にあまり出回っていない無機ELの存在は、十分差別化にもつながるでしょう。

お客様に対し、店内を記憶に残すこと、オシャレ感を高めることは、お店のブランド価値を高めることにもつながるのです。

看板の目的は何ですか?

看板を何の目的で使うのか?

お店としてのブランド価値を高めるのか、集客用のツールとして使うのか?または、それ以外が目的なのか?

その時に、本当に動く映像を見せる必要性はあるのか、映像は自動で切り替える必要があるのか?手動ではダメなのか?

予算に対し、十分な収益が見込めるのか?

そこは、必ず押さえておく必要はあります。低価格なデジタルサイネージを検討するなら、無機ELは有力な候補になるはずです。

無機ELをお試しするなら、まずはここ。

無機ELは、次世代照明と呼ばれている程、製造には高い技術が必要です。

特に、デジタルサイネージと比較し、紙と同じくらい薄くてぺらぺらのため、品質は業者によってまちまちです。言い方を変えると、EL素材は、業者選びが大事です。

不良品が多いと使いものになりません。ですので、業者選定もしっかり見極める必要があります。

このサイトでは、失敗しないおすすめのEL業者をご紹介します。

おすすめのEL業者に依頼するメリット

  • 製品の管理が行き届いている。
  • 低価格で販売されている。
  • 納入実績が多数ある。
  • 室内改修工事のノウハウももっている。
  • 飲食店、展示会場、小売業者、美術館、電気工事業者、ディーラー、イベント企画会社の採用が多い。
  • 有機EL,無機ELの両方を販売している。
  • 格安で電子看板を付けることができる。
  • 運用費が安い。
  • 消防法を気にする必要もない。
  • 専門のエキスパートなので安心できる。
  • 低価格なデジタルサイネージ以外の候補が見つかる。
  • 低価格で販売されている。

おすすめのEL業者に依頼するデメリット

  • ホームページがダサい。
  • 販売向けホームページの動画が動かない。遅い。
  • 技術者しかいないため、営業に疎い。
  • デジタルサイネージは扱っていない。
  • 販売向けホームページの動画が動かない。遅い。
小規模な小さな会社ですが、専門線は高いです。無機EL、有機ELを専門としているだけあり、品質管理は行き届いていると言えるでしょう。

ただ、見た感じ、ホームページは、今一つです。とは言え、技術能力の高い会社なので、低価格で電子看板を手に入れるなら、ココは押さえておいた方がお得ですよ!

無機ELとは?有機ELとの違い。

◆ELとは
Electro‐luminescence(エレクトロル・ルミネセンス)の頭文字を取った略称。

次世代照明として注目され、デジタルサイネージよりも断然、薄くて軽量なのが特徴。

無機:無機物(硫化亜鉛などの鉱物)を使って発光させる。主に電子看板で利用。
有機:有機化合物を使って発光させる。主にテレビやスマホのディスプレイ、照明で利用。

◆明るさ
有機EL:明るい。
無機EL:明る過ぎない。

◆コスト
有機EL:製造コストが高い。
無機EL:製造コストが安い。

◆寿命
有機EL:長い
無機EL:有機ELより短い

◆廃棄方法
無機ELは、ゴミ箱ポイ(一般ごみ扱い)有機ELは、産業廃棄物として処理が必要。

デジタルサイネージと比較し、無機ELは導入費が安いだけじゃない。

運用費がなんといっても安い!

無機ELは、実は、ポスターや広告、チラシの後ろに貼るだけで、効果的な照明が出来てしまうんです。

既にポスターがあったり、チラシがあれば、即電子看板が出来てしまうわけです。

つまり、映像やコンテンツなどの製作費はゼロ円。デジタルサイネージでは、ゼロ円ってわけにはいきませんよね。

掛かる費用は、ポスター・紙代、セロテープ代

デジタルサイネージを導入したら、コンテンツ作りもしなければなりません。

つまり、導入しても、すぐに使えるわけではなく、時間と費用が別途必要になってきます。

でも、無機ELは、不要。今までの広告ポスターやチラシを再利用できるので、格安で済みます。

新規に電子掲示板用に作るポスターにしても、全て紙です。ですので、映像と異なり、格安でコンテンツが作れます。

紙を差し替えれば、幾らでも再利用できる優れものなんです。

どこでも配置できる。壁掛けも簡単!

デジタルサイネージだと、重量や器物の大きさなどもあって、設置する場所、設置する業者の手配が必要だったりします。

特に、壁掛けとなると、立てかけと異なり、もっと費用が掛かるケースもあるでしょう。

つまり、気軽にレイアウト変更ができるわけではありません。

それに対し、無機ELは、超簡単。なぜなら、紙と同じ軽さで、曲がるからです。

もちろん、業者に設置依頼なんて必要なしです。

壁の貼り付けは、得意中の得意でしょう。外にある丸い電柱に貼っている方もいるくらいですから。

デジタルサイネージと異なり、無機ELは使い方が無限!

看板として顧客への気づきに!

デジタルサイネージも無機ELも役割は、看板です。ただ、看板を設置したから集客が増えるのではありません。

顧客に印象を与えるから、覚えてもらえる。覚えてもらえるから、店に来てくれるのです。

特に看板は、顧客が動いている中でいかにPRできるかがポイントです。テレビCMのように、顧客がCMまで見てくれるわけではない。

ここに気づく必要があります。

費用対効果がどれだけあるのかを見極めた上で、導入は判断した方が良いでしょう。

商品を高級に見せるライトアップに!

無機ELは、立てて使えば、デジタルサイネージと同じ看板になります。

これを商品の下に敷くと、その商品がライトアップされるシチュエーションツールに変わります。

LEDのライトアップと違い、まぶし過ぎないまろやかな高級感のあるライトアップが手軽に出来てしまうわけです。

しかも、場所は、自由自在。

毎日、場所を選ばず、好きな場所におけることから、効果的に使うアイテムにも変身します。

つまり、アイディア一つで、店内を変えることができるものなんです。

丸い柱に取り付けインパクトを!

無機ELは、デジタルサイネージと異なり、紙と同じ薄さで柔らかいことから、丸い柱などにもくっつけることができます。

これを見た人は、「なんじゃこりゃ?」と興味を持つこと間違いないでしょう。

このインパクトを与えることが、印象を与え、ちょっと違う店だな。面白い店だなと興味を持ってもらえます。

不思議感を演出できるのも、この無機EL広告なんです。

他店の一歩先を行くなら、差別化は避けて通れない。

特に看板一つで集客に影響のでる飲食店は採用増!

ちょっとしたアクセント。顧客への気づきを与えるツール

それが、無機ELです。

デジタルサイネージと比較すると、業界全体では、まだ浸透はしていません

なので、差別化を図るなら、今がチャンスです。進んでいる店舗は、導入しています。

デジタルサイネージよりも低価格で、ポスターやチラシ、お店のメニュー掲示、賞品のライトアップなど、使う用途は無限大!

そんなツールを導入するかしないか?まず迷うなら、テスト的に試す価値は大きいですよ!